神木隆之介の母の教えと家訓が称賛!難病の病名や現在の状態は?ナルコレプシーって?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

神木隆之介と言えば、23歳にして芸歴21年。

数々のドラマや映画、CMに俳優と、幅広く活躍するベテラン俳優である。

そんな神木だが、キャリアの長さと対照的に、性格は非常に穏やかでまっすぐ、いつでも誰に対しても腰が低く、好感度バツグンであることでも知られているな。

これだけ長い間芸能界に身を置きながら、なぜそこまでまっすぐに育ってこられたのか?

神木家の家訓とは?

 

神木家には、ある家訓があるようだ。

それについては、NHKの情報番組『あさイチ』の「プレミアムトーク」コーナーに神木が出演した際に語られているぞ。

神木は、幼い頃より母親から「性格のかわいい人でありなさい」「真逆の意見も一度は受け入れなさい」「実るほど頭を垂れる稲穂かな」この3つを家訓として教えられてきたと言う。

「性格のかわいいかわいい人」というのは、何も見た目の話ではないぞ。

確かに神木隆之介は見た目も可愛らしく、イケメンながらに母性本能をくすぐる魅力を持っているが、大切なのは中身であろう。

母親が神木に教えた「性格のかわいい人」とは、「ありがとう」や「ごめんなさい」を素直に言える人であれ、ということのようだな。

引用元:https://taishu.jp/detail/27032/

確かに、感謝の気持ちや謝罪の気持ちをまっすぐに伝えることは非常に大切である。

とはいえ、なかなか照れくさくて言えないのが現実ではなかろうか?

そんな些細なことも神木は母の教えに沿って実践してきたからこそ、誰からも愛される魅力的な人として成長できたと言えよう。

2つめの「真逆の意見も一度は受け入れなさい」とは、自分とは相反する意見であっても、真っ向から否定するのではなく、1度は受け入れよ、ということである。

受け入れた上で、自分はどうなのかを考え、その意見を取り入れるかどうかを決めないということだな。

自分と合わない意見、正反対の意見というのはどうしても否定してしまいがちだが、1度は聞き入れることで、より幅広い考えを持った人間になれるというものだ。

最後の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」は、謙虚でいろ、という意味として神木は捉えているようだぞ。

「謙虚でいたいよねって。やっぱり頭を下げることのできる人間がステキだよねって思い」と語る神木は、いつでも誰に対しても謙虚で、低姿勢である。

幼い頃からの教えをきちんと守り、自分なりに解釈して実践してきた神木だからこそ、今があるのであろうな。



<スポンサーリンク>



母親との関係も良好

 

引用元:http://cocorincutecute.seesaa.net/article/449043076.html

神木の謙虚さは母親の教え故だと分かったところで、次は母親との関係について見ていこうではないか。

神木は、生まれてすぐに命の危険がある難病に侵され、生存率1%と告げられたことがある。

しかし、奇跡的にその状態から回復し、今ではイケメンの実力派俳優として、確かな地位を築いているな。

そんな神木は、自分が芸能界に入るきっかけを作ってくれた人でもあり、ここまで育て上げてくれた人でもある母親に対し、感謝の気持ちを忘れていないぞ。

2016年にトーク番組『A-Studio』に出演した際には、母親が登場。

神木が毎年必ず、母親にプレゼントを贈っていることが明かされた。

また、母親も2015年にもらったプレゼントのネックレスを毎日欠かさず身につけていると語り、だからこそ神木としても「しっかりと選ばなければ」と思われると神木も語っているぞ。

互いが互いを想い合っているからこそ、理想的な関係を築くことができるのだな。

さらに『A-Studio』では、神木のマナーのよさも話題となった。

神木は非常に社交的で、スーパーなどで会った人にもきちんと挨拶をするのだそうだな。

また、『ザ!鉄腕!DASH!!』に出演した際にも、ロケ先で出会った人に丁寧に挨拶し、その姿が「マナーがよい」と好評に。

出演するあらゆる番組で、神木はその育ちのよさや性格のよさが話題に上ってしまうほど、誠実でまっすぐに育ったことが分かるな。

神木隆之介の病気について

 

先ほど軽く触れたが、神木隆之介は生まれて間もなく、原因不明の難病に侵され、命の危険にさらされたことがある。

病名は不明だが、どうやら消化器系の疾患らしく、ミルクを飲むこともできなかったそうだぞ。

生存率1%という大病を奇跡的に克服し、その後は元気に成長したようだが、この病をきっかけに、母親は生きている証を残したいと、神木を子供タレントの道へ進ませたようだから、今の神木があるのはこの病気のおかげと言えるのかも知れぬ。

引用元:http://geinou-niche.com/geinoujin_hair_man/1558/

神木が煩った病気について、ネット上ではナルコレプシーという病名も上がっているが、日中の強い眠気などが主な症状であるナルコレプシーは、神木が患ったとされるミルクが飲めない、生存率1%などに当てはまらないため、単なる噂にすぎないようだな。

また、やや斜視のような印象を受けるため、現在は目の病気を患っているのではなかろうか?という噂があったようだが、事実ではないようだな。

過去に病気であったことが判明すると、どうしても病気に関する憶測が飛び交うが、目は1つの個性として、神木の武器になっている部分もあるであろう。

これからも、元気に活躍する姿を見せてほしいものだな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)