草野マサムネはどんな高校時代を過ごしていた?草野の母校の高校偏差値は?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

 

今日は、貴様が知りたがっている草野マサムネについて聞かせてやろう。

 

草野はその甘い声と中性的なルックスで定評があるが、見た目は決して派手な方ではない。

 

また、話し方もいたって普通で、本当にバンドをやっているのか?と疑問に感じるほど「普通の人」という印象が強いのではなかろうか?

 

では、草野マサムネがどのような生い立ちでここに至ったのか、かいつまんで説明してやろう。

 

生い立ち

 

草野は福岡市早良区に生まれ育った。

 

男子であれば子供時代にはロボットなどに夢中になりそうなものだが、草野はぬいぐるみの方が好きだったようだな。

 

また、女子の輪に男子が加わるのは勇気のいることだと思うが、草野は料理の話で盛り上がっている女子の輪に、率先して入っていたというぞ。

 

これだけ聞くと、女性的な趣向が強いイメージが強いが、虫取りも好きだったようだ。

 

生まれ育った場所には牧場が多かったため、田舎の環境を活かし、虫取りをして遊んでいたという。

 

引用元:http://www.iris.dti.ne.jp/~potsuko/patipati9106.html

 

また、草野は陸上部で部長を務めていたが、なにも俊足だったからではないらしいな。

 

真面目に姿を見せ、皆勤だったため、部長にされてしまったようだ。

 

部長の形にもいろいろあるらしい。

 

音楽に興味が沸いたきっかけは母親がギターをやっていたことらしいが、それ故に勉強をせずギターばかりやっていた。

 

その結果すべての大学に落ち、父親に殴られるというエピソードもあるようだ。

 

子供時代

 

草野は子供のころは体が弱く、学校を休みがちだったようだ。

 

そのため、家にいることが多く、結果的に音楽に触れる時間が長かったのだとか。

 

熱が出るからという理由でテレビをあまり見る機会がなく、代わりにラジオをよく聞いていたようだな。

 

つまり、子供時代から自然と音楽に触れあう習慣があったわけだ。

 

さらに、母親がギターをやっていたことも、無関係ではないであろう。

 

また、大人しそうな外見に反して学校では自己主張の強い子供だったようだな。

 

病弱であまり学校に行けていなかったため、登校できるのがうれしかったようだ。

 

それ故、初めのうちは面白いやつだと思われていたものの、次第に相手にされなくなるという体験も・・・。

 

引用元:http://www.thepicta.com/media/1385360485046292511_4023878041

 

また、中学校にあがったころには体も丈夫になり、学校を休むことも減っていったようだぞ。

 

3年間の学生生活で皆勤賞を取るほどになり、性格も大人しくなっていったようだ。

 

勉学にも励んだそうだが、理由は真面目というよりは反骨精神だったようだな。

 

草野は小学校時代、休みがち故に落ち着きのない子供だったため、成績表にそうした指摘が多く、不満に感じていたらしい。

 

曖昧な理由で不当な評価されることに嫌悪感を抱いていたために、成績を上げて有無を言わせないようにしたかっというから、なかなか軒の強さを感じるな。

 

草野マサムネには、彼なりのこだわりがあるようだ。

 

それがスピッツ、もとい草野マサムネワールドにつながっているのかも知れない。



<スポンサーリンク>



 

城南高等学校偏差値

 

 草野マサムネは福岡県城南町にある、城南高等学校出身。
福岡県でも歴史と伝統のある高校で、前身は旧制福岡中学校である。
高校ともなれば気になるのは偏差値だが、城南高校は普通科の偏差値が67と、比較的高偏差値であるな。
2003年と2006年には、スーパーサイエンスハイスクールに指定されるほどだ。

 

引用元:http://www.homemate-research-high-school.com/dtl/00000000000000491705/

 

大学時代

 

草野マサムネと田村明浩が出会ったのは東京造形大学に在学中である。

 

実は、草野マサムネは仮面浪人で、のちに武蔵野美術大学に再入学を果たす。

 

しかし、ここでの2人の出会いはスピッツ誕生に欠かせないものであることは確かであろう。

 

やがて結成されるスピッツは、現在のような音楽性ではなく、ブルーハーツに影響を受けたパンクバンド。

 

「ロビンソン」で爆発的に売れ、日本では知らぬ人がいないほどのバンドに成長するとは、この時はまだ知るよしもないであろう。

 

その他のメンバーとの出会い

 

草野マサムネが田村明浩と出会ったのは大学時代だが、ギターの三輪テツヤと田村明浩は幼馴染である。

 

また、確かな技術力でスピッツを支えるドラムの﨑山龍男と三輪は、専門学校時代に出会っている。

 

それぞれが小学生や大学、専門学校と、様々なタイミングで出会い、こうしてバンドを結成したことには、深い縁を感じざるを得ない。

 

音楽以外の影響

 

草野マサムネは、田村と出会った東京造形大学を経て、武蔵野美術大学に入学。

 

その時の経験もあり、サインや寄せ書きなどには、ほぼ毎回と言っていいほど、草野の手書きイラストが添えられているぞ。

 

これはファンにとっても非常にうれしいものであろう。

 

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2139456962789138501

 

美大出身という経歴を活かし、グッズなどのデザインやロゴを考えることもあり、大学時代に学んだことがバンドでもしっかり活かされているようだな。

 

スピッツファンにとって、草野の描くあたたかなイラストも楽しみの1つと言えよう。

 

草野マサムネの性格

 

一見するとおとなしく、はかない印象の草野だが、性格は少々くせがある。

 

ふわふわとしながら軽すぎず、どこか懐かしいメロディでありながら切なさもある。

 

そんなスピッツの楽曲のように、草野も一筋縄ではいかないようだな。

 

草野いわく、自身の性格は「へそ曲がり」らしい。

 

他人がよいと言っている音楽をあまり聞かないらしく、そこには草野のこだわりというか、独特の感性があるのであろう。

 

分かりやすく言えば、人気の絶頂にあった「ビートルズ」をほとんど聞いたことがないというのだ。

 

人の意見を安易によしとして聞き入れず、独自の視点で音楽を選び抜いて聞いていたからこそ、今のスピッツがあるのかもしれぬな。

 

スピッツの楽曲には、スピッツでしかありえない、スピッツたる所以のようなものが漂っているようだ。

バンドの由来

 

スピッツというバンド名にも、草野のこうした反骨精神が関係しているように思う。

 

草野は大学時代、「チーターズ」というバンドを組んでいたが、やがてバンドマンたちの憧れ、「新宿ロフト」でのステージを夢見るようになる。

 

また、草野はブルーハーツに憧れていたため、「人にやさしく」というブルーハーツの楽曲に出会い、バンドとして目指すべき理想ができたようだな。

 

しかし、ブルーハーツの後追いでは意味がないと意気消沈し、チーターズは自然消滅してしまったようだ。

 

その後、もう1度「新宿ロフト」のステージを目指そうと結成されたのが「スピッツ」である。

 

引用元:http://moto-neta.com/japanese-music-band/spitz/

 

草野は「S」のあとに「P」が入った単語が好きだったようで、「スピッツ」という響きは「短いのにかわいくてパンクっぽい」という理由で、ずっと温めていたようだぞ。

 

結成当時はパンクバンドだったことを考えれば合点がいくだろう。

 

また、「弱い犬ほどよく吠える」と言った意味にも絡めているという。

 

このバンド名は草野が高校時代から温めていた名前で、由来も草野らしいな。

 

今のスピッツが誕生するまでには、草野マサムネのこうした生い立ちや考えが合ったのだと分かると、より深く彼らの音楽を楽しむことができるのではなかろうか?

 

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



4 件のコメント

  • 草野マサムネの出身校が徳島県????
    完全に間違ってますが

    福岡県立城南高校で、偏差値は67ですよ?

  • >徳島県にある城南高校

    何回教えられても訂正できないんだな
    福岡県立のになんで徳島県にあるんだよ
    偏差値もググれよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)