上手い?下手?神木隆之介の演技力の評価や、友達や仲良し俳優など交友関係について



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

神木隆之介は子役時代から俳優として、その演技力の高さで知られているぞ。

数々のドラマや映画、さらには声優と、幅広く活躍してきた神木だが、その演技力はどれほど評価されているのであろうか。

 

役を愛する力

 

神木隆之介は、その役作りへのこだわりでも知られている。

マンガが好きで、『るろうに剣心』で瀬田宗次郎を演じた際には、あまりにも宗次郎が好きすぎたため、役が決まる前から役作りを始めていたというから驚きであるな。

結果的に神木の演技はファン層にも広く受け入れられ、「宗次郎は神木隆之介しかいない」と評される結果となった。

これは、神木持ち前の演技力だけでなく、役に対する思い入れとあいまっての結果であろう。

引用元:http://yumeijinhensachi.com/archives/1036

主演である佐藤健よりも長い時間アクションをこなしていたというほど練習に没頭した神木の迫真の演技は見物である。

こうした情熱的な一面から、演技力だけでなく、役を愛すると言う、神木ならではの向き合い方も話題となった。

どれほど瀬田宗次郎を愛しているかと言うと、彼が使う『菊一文字則宗』の模造刀をインターネットで購入し、部屋に飾ってしまうほどだと言うから、その情熱は本物であるな。

ちょっとやそっとの思い出はなく、役にのめり込んでしまうほどの好きさが神木の演技の根底にあったと言えよう。



<スポンサーリンク>



 

どんな役でも自分のものに

 

さらに、『神さまの言うとおりひとが』という映画では、ケンカでは負け知らず、人がいとも簡単に死ぬ世界を「待っていた!」と歓喜する、非人道的な性格の持ち主・天谷武を演じて話題となった。

引用元:http://xn--t8jwa3kr22l8k6b9v2a.com/geinou/1937/

勝つためなら人を簡単に利用し、不要になれば殺してしまう、なんとも残虐な性格だが、その狂気は神木の演技1つ1つにも見事に表現されていた。

神木は、「ただ睨んだり怖い顔をするだけじゃダメで、本当に人を憎んだり見下していないとゾクッとさせられない」と語っているが、共感することが不可能な難役でさえ、必要な要素を分析し、演技に取り入れることができる神木の能力には目を見張るものがあろう。

好青年を演じているだけでは見ることのできなかった、恐ろしいまでの神木の底力を見せつけられた作品と言えよう。

 

神木隆之介の友人関係は?

 

引用元:http://xn--t8jwa3kr22l8k6b9v2a.com/geinou/1937/

神木隆之介と言えば、同じ事務所所属の佐藤健と非常に仲がよいことでも知られているな。

しかし、佐藤健とは初めから友達だったわけではなく、先輩・後輩という関係だった時期もあるようだ。

そんな2人が距離を縮めたきっかけとなったのが2014年公開の『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』であろう。

主演を務める佐藤演じる剣心と相対する存在・瀬田宗次郎を演じた神木は、この映画で距離を縮め、さらに2015年公開の『バクマン。』で再び共演。

今度はマンガを目指す仲間として、相棒として、数々の葛藤や現実と闘う、高校生を演じているぞ。

 

プライベートでも仲良し

 

こうして、仕事だけでなくプライベートでも仲良しとなった2人は、互いを『健ちゃん』『隆』と呼び合う仲に。

それにしても、佐藤健が『隆』と呼ぶのに対し、神木が『健ちゃん』と呼ぶ様は何とも微笑ましいものがあるな。

神木の佐藤への熱愛ぶりはファンにも好評で、テンション高くはしゃぐ神木の様子が犬のようで可愛いと絶賛されている。

『しゃべくり007』に2人で出演した際には、「佐藤健くんには人を惹きつける魅力がある」と、その魅力を語る他、写真を撮ることが趣味でもある神木は、佐藤健の写真集を撮りたいと語る場面も。

終始、佐藤健愛が止まらない神木であったようだ。

 

山田涼介との交友関係

 

神木隆之介と言えば、仲のよい友達にHey! Say! JUMPの山田涼介がいることでも知られているぞ。

山田涼介とは堀越高校の同級生で、『探偵学園Q』『金田一少年の事件簿』で共演し、仲を深めているようだ。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2137775394554237801/2137863317310352403

山田涼介に中村隼人を加えた3人で、成人後飲みに行った際には、神木が酔っ払ってしまい、2人に介抱されたという微笑ましいエピソードもあるぞ。

単なる高校時代の同級生、というだけでなく、成人してからも交友関係が続いているというのは、ファンから見てもうらやましく、そしてうれしい話題であろうな。

 

熱愛疑惑の出た志田未来との関係

 

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2137775394554237801

神木隆之介の同級生としては、女優の志田未来もいるぞ。

この2人は一時期熱愛報道がされるなど、仲良しを超えた存在として捉えられていたが、どうやら仲のよい友達どまりであるようだな。

志田未来とは堀越高校の同級生以前に、仕事を通して知り合っており、まるで幼なじみのような関係だとか。

山田と共演を果たした『探偵学園Q』では、志田も交えて同級生3人が共演を果たすなど、ファンにとっては神がかった人選となったことは有名である。

 

従兄弟疑惑も・・・

 

引用元:https://pinky-media.jp/I0001047

また、本郷奏多も神木隆之介の友達として知られているぞ。

この2人は以前、あまりにも似すぎている外見から、従兄弟ではないか?という疑惑も浮上した仲。

結局のところ、2人に血縁関係はなく、友達ということで落ち着いているな。

この2人は共に趣味が写真撮影ということもあり、仲を深めていったのではなかろうかと考えられているぞ。

互いを『リュウ』『カナティ』と呼び合うなど、その仲のよさがうかがえるエピソードもあるな。

 

口喧嘩できる仲

 

穏やかで礼儀正しい神木隆之介だが、子供っぽい面も持っているのがその魅力でもある。

神木がまるで子供の口喧嘩のような会話をできる仲として知られているのが、古川祐樹であろう。

ある試写会で、神木が1人、ベンチコートを着ずに「寒い、寒い」と言っていたエピソードを取り上げた古川。

言う割と、1番寒そうに見えなかったという古川の言葉に、「その時は暑かったの!でもそれが(感情をむきだす演技が)冷めると寒くない?」と訴える神木。

これに対して古川が「でもたぶん一番(寒くなさそうだった)!」と言い返すと、「そのときは、確かにね。でも寒かったよ?」と必死の抵抗を見せる神木。

まるで小さい子供が口喧嘩をしているかのようなやりとりに、心を持って行かれたファンは少なくないことであろう。

こうしたやりとりができる古川と神木は、プライベートでもプリクラを撮るほどの仲の良さだとか。

年齢は違いながらも、まるで親友のような雰囲気を醸し出す2人に、ファンも骨抜きにされてしまうこと必至であろう。

神木の友達には佐藤健、山田涼介、古川祐樹とイケメン揃い。

これからも、微笑ましい仲良しエピソードで、ファンを楽しませてくれることであろう。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)