藤原竜也の嫁と子供の画像や認知している子供は何人か?嫁は元ホステス説も!



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

藤原竜也はドラマに映画に多数出演する実力派俳優。

去年亡くなった演出家の蜷川幸雄にも気に入られ、厳しく育て上げられてきただけのことはあり、その実力は「15歳の天才新人」と評されるほどである。

仕事面で非常に充実し、さぞ忙しい日々を送っていることと思うが、プライベートの方はまったくもって謎である。

2016年には一般女性と結婚しているものの、情報がほとんど出ていないこともあり、ファンの間からは奥さんや子供に対する疑問や憶測が飛び交っているようだな。

 

藤原竜也が結婚

 

1997年に舞台『身毒丸』でデビューして以来、蜷川幸雄の厳しい演技指導を受けながら、数多くの作品に出演してきた藤原竜也。

プライベートが報じられることはほとんどない彼だが、2016年5月31日に、めでたく一般女性との結婚を報告しているぞ。

ファンとしても衝撃はあったであろうが、何より気になるのは、結婚相手ではなかろうか?

通常ならばなんらかの情報は出そうなものだが、藤原竜也に関しては、どのような女性であるかまったく分かっていない。

本人いわく「ミーアキャットのような小柄な女性です」「謙虚な優しい方です」とのことだが、外見については、藤原本人が絵心がないため遠慮させていただく、と、結局のところ不明であった。

特に似ている芸能人もいないようだな。

しかし、外見に対する情報は少しだけ出ていたぞ。

引用元:http://reflesh.net/fujiwara-tatsuya-yome

それは、週刊誌にキャッチされたもので、藤原竜也と結婚相手と思われる女性のツーショット。

一般人ということもあり、顔は伏せられているが、スタイルのよさは写真からもしっかりと分かり、おそらくかなりの美人ではなかろうか。

一部では「元ホステス」「瀬戸市出身」というような情報も飛び交っていたが、こちらはガセネタのようだな。



<スポンサーリンク>



 

子供は何人?

 

藤原竜也と奥さんの間には、2016年6月に第一子が生まれたとの報告があった。

しかし、名前はもちろん、誕生日や性別も定かではない。

藤原竜也は結婚相手同様、子供に関してもほとんど情報を出していないため、ネットではダウン症ではないか?という憶測も飛び交ったほどである。

やはり極端に情報が少ないと、ネット上で噂が飛び交うのは世の常らしいな。

結局のところ、子供についての情報はないが、しっかりと親の愛情を受け、すくすくと育ってくれることを願うばかりである。

藤原竜也は実は子供好きとも言われているから、毎日子供との時間を大切にしているのではなかろうか。

 

藤原竜也はストーカー被害に遭っていた?

 

それにしても、ここまで結婚相手や子供に関する情報が出てこない芸能人も珍しいものである。

大抵は何らかの形で情報が流れてくるものだが、そこまで徹底して情報を遮断する理由は何なのであろうか?

実は、これには申告な理由があるようだぞ。

引用元:http://kyun2-girls.com/archives/573/&page=1

と言うのも、藤原竜也はストーカー被害に遭っていたようで、一般女性との結婚会見をして以来、所属している事務所宛に「結婚するなら何もかもメチャクチャにしてやる」といった内容の電話が毎日のようにかかってきたという。

悪質な脅迫電話だが、こうした事情もあり、藤原竜也は結婚会見を開いていながら、入籍日を公表しない、という異例の対策に出たのかも知れぬな。

好きな芸能人に恋人ができたり結婚したりすれば、ファンとしてショックなのは分かるが、ストーカーになってしまっては意味がない。

脅迫電話をかけてしまっては、本人はもちろん事務所からも警戒され、決してよい関係を築くことはできないのだからな。

とは言え、芸能人は人気稼業であるから、こうした過激な人物が現れてしまうのも致し方ない部分はあるのであろう。

そのため、藤原竜也は家族の安全を第一に考え、奥さんの情報も子供の情報も必要最小限に抑えていると思われる。

嫌がらせの電話は事務所に迷惑をかけるだけでなく、藤原本人にとっても、精神的に非常に苦しいものであることは確かであろう。

情報が出されることはなくとも、家族との時間を大切に、平穏で幸せな家庭を築いていけるよう、これからも見守っていきたいものである。

 

今後は父親役もあり得るか?

 

藤原竜也は、ドラマ『そして誰もいなくなった』妻を演じた二階堂ふみとの間に子供を授かっている。

最終回では子供を抱いて墓を訪れる場面もあるが、本当の父となった藤原竜也が、今後は父親役を演じる可能性も十分にあるぞ。

役者として、舞台でもドラマでも映画でも、数々の名演技を生み出してきた藤原には、今後も次々と新しい役に挑戦していってほしいものである。

引用元:http://kyun2-girls.com/archives/573/&page=1

年齢的にも、プライベートで父親になったこともあり、リアルな父親像を藤原竜也が演じる日も、そう遠くないかも知れぬな。

これからも、多くのファンを魅了し、世間をあっと言わせるような、独自の世界観と圧巻の演技を見せつけてほしいものである。

ファンとしては、藤原竜也のプライベートを無理に探るのではなく、温かい目で見守りながら、これから生み出される彼の演技に、引き続き注目していきたいところだろう。

どちらにせよ、藤原竜也がこれからも、日本を代表する役者であることに変わりはない。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)