城島茂のギターテクニックがうまい!ソロの腕前はいかに?動画あり!



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

アイドルグループTOKIOは、ジャニーズでも珍しいバンド編成が有名であるな。

ダンスはせず、バンド演奏でファンを沸かせる様は圧巻である。

バンドと言えば、もう少し若手では関ジャニ∞もその名を知られているが、彼らに先駆ける形で大先輩のTOKIOが成功を収めたことは、よい刺激になっていると言えよう。

そんなTOKIOの中でも、リーダーの城島茂のギターテクニックがすごいらしいと話題になっているぞ。

彼の演奏技術は一体、いかほどのものであろうか。

 

城島茂について

 

城島茂は、1989年にメンバーの1人・山口達也とバンドを結成し、1990年には国分太一と松岡昌宏を加えてTOKIOを結成した。

当時は現在とは別のボーカルがいたが、のちに長瀬智也が加わり、1994年にTOKIOとしてデビューを果たしているぞ。

引用元:http://kyun2-girls.com/archives/1032

バンドグループとしてデビューした彼らは、ジャニーズ初ということもあり、話題に上った。

現在に至るまで、ダンスやアクロバットで魅せるのではなく、あくまでバンドグループとしてのステージを見せ続ける姿が、多くのファンを魅了している。

2014年には20周年も迎え、ベテラングループとして第一線で活躍を続けているぞ。

さらに、TOKIOで作詞作曲と言えば長瀬智也が知られているが、城島が手がけた曲もアルバムに収録されている。

歌詞にはこだわりを持っているようで、遊び心満載の歌詞になっているあたりが、城島らしくて魅力的なようだ。

アルバム曲には、長瀬智也以外のメンバーをボーカルに据えた曲も収録されているようだから、ファン必聴と言えよう。



<スポンサーリンク>



 

城島茂のギターの腕前は?

 

TOKIOはジャニーズ初となるバンドグループであるが、ジャニーズということもあってか、本当は演奏していないのではないか?という意見もある。

しかし、城島はTOKIOとしてデビューする以前からギターを演奏しており、山口達也とバンドを組んだ経緯もあるのだ。

ギターを始めたのは10代の頃と言われているから、かなりのキャリアがあると言えよう。

となると、気になるのはその腕前だが、こちらもかなり好評らしいな。

引用元:http://kyun2-girls.com/archives/1032

バンドグループとは言えアイドルである彼が、アイドル雑誌だけでなくギター雑誌などにも出ているようで、ファンでない人からも城島のギターテクは上級だと称されているようだ。

趣味が高じてアイドル雑誌以外に載るメンバーは、サーフィンが趣味の山口達也をはじめ、ほかグループにも見受けられるが、ファンでない人から見ても上級だと評価されている城島の腕前は素晴らしいな。

実際、城島はTHE ALFEEの坂崎幸之助と音楽番組で坂崎茂というユニットを組んでもいて、歌もギターも完成度が高い。

番組内のちょっとした企画ではあるものの、純粋に音楽として楽しめるものをさりげなく提供できていることこそが、レベルの高さを物語っていると言えよう。

城島がギターを演奏している動画があるので、いくつか紹介しようではないか。

 

TOKIOとしては「ザ!鉄腕!DASH!!」で無人島を開拓するため、あらゆる力仕事をしたり、必要に応じて資格を取ったりしているメンバーもいて、非常に忙しい。

もちろんコンサートもあれば、新曲のリリースもあるのだから、そちらの練習や覚える作業なども多忙であろう。

そんな中でも、城島は欠かすこと亡くギターの練習を重ねているというから驚きだ。

そうした地道な努力にこそ、彼の演奏技術の高さの秘密があるのであろう、

何より、本当に好きだからこそ長年続けられているのであろうな。

 

城島茂が使用しているギターの種類

 

城島茂の腕前が分かったところで、気になるのはギターの種類ではなかろうか。

城島はギターが好きなだけあり、ライブでの演奏にも数本のギターを用意しているようだな。

中でも愛用しているのがESPのギターであるようだ。

ESPは1975年創業の日本のギターメーカーで、愛用している芸能人が多いようだな。

引用元:http://24htv.blog.so-net.ne.jp/2014-08-27-1

SNAPPER‐S/ASやPOTBELLYのほか、THE ALFEEの高見沢俊彦にもらったNavigator N-LP320CTM(ESP)はお気に入りの1本だと言うぞ。

引用元:http://24htv.blog.so-net.ne.jp/2014-08-27-1

これ以外にも、Les Paul Standard/ギブソンやMUSICMAN Silhouette/ERNIE BALLなど、その種類はかなりの数に上るようだ。

 

サマソニの評価は?

 

TOKIOのバンド力は、2014年8月に出演したサマーソニックで注目されることとなった。

サマーソニックは海外の人気バンドやベテランミュージシャンが集うイベントで、日本のバンドだけではない、ワールドワイドな音楽イベントである。

その分、出演者の実力が試されることとなるのだが、TOKIOはそんな場面で、ジャニーズファン以外からも高い評価を得ているぞ。

中でも城島のギター演奏は高く評価され、会場では茂コールが起こる事態に。

TOKIOが出演する会場では、初となる入場規制が行われるなど、その熱狂ぶりが分かるものとなっている。

実際に会場に足を運んだ客の中には、TOKIOをジャニーズだと思ってなめていた、歌も演奏も最高だったと言った声が多く上がり、これまでのジャニーズのイメージを払拭する結果となったようだな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)