ジョーブログのプロテスト結果をネタバレ!合格か?亀田との続編は?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今日はは貴様らが知りたがっているジョーブログのプロテストの結果について教えてやろう。

【下に追記しておいた。2017/9/27】

ジョーブログはプロテストに合格したのか?

9月1日、後楽園ホールで行われたプロテスト。

亀田京之介と二人で受けた。

驚いたことに、二人の相手は現役プロボクサー。

なぜかというと、二人に見合う体重の選手がいなかったらから急きょ呼び寄せたらしいが、私の予想は違う。

他の選手はみんなプロテストを受ける前の選手だから、いきなりカメラに映されてしまうと、緊張もするし、日本全国の者どもに見られてしまうので、今のネット社会で、プライバシーの保護の関係から、日本ボクシングコミッションが急遽プロを呼んだと私は思っている。

実際に、偶然ジョーと対戦カードを組まされ、下手にKOされて、速攻でTwitterで拡散されてしまったら、その後その選手の選手生命は消える。

一生その烙印を押されて生きていかねばならない。

今のTwitterをやっている奴らは見境なく、平気で一般人の写真を加工してUPする輩が多いからな。

世も末だ。

そうだった。

ジョーブログの合否についてだったな。

結論から言おう。

不合格だ。

ちなみにここにジョーのTwitterを載せておく。

これは私も想定外だった。

曲がりなりにもジョーはボクシング経験者で、亀田興毅との試合でも、善戦していた。

そして、プロテストでも、プロ相手に押されていたかといえばそうでもない。

しかし、京之介の試合中に審判がこんなことを言っていた。

「観てるのはスタミナだよ!手数だして。」

ほうほう。

プロテストで一番重要視されるのはスタミナらしい。

ということは、スタミナがプロの域にはまだ至っていないと判断されたということになる。

手数が少ないからそう思われたのだろう。

ジョーは避けるセンスがあるので、ウィービングや何やらでアピールをしていた。

しかし、審判は特にそこは注目していなかった。

審判が一番観ていたのは手数。

結果的に手数がプロレベルではなかったということだ。

あとは、これだけ注目されているので、3か月でプロのライセンスを取られたら、日本ボクシング協会のプロライセンスの価値が一気に下がってしまうので、審査員が意図的に落とした可能性もある。

遠い昔だが、ガチンコファイトクラブという人気番組があり、そこでも3か月でプロテストを受けるという企画があった。(それのオマージュがジョーと亀田の番組なわけだが)

そこでもやはり日本全国の注目を浴びていたので、日本ボクシング協会では、ある程度意識はしていたのかもしれない。

しかし、3か月で合格した奴もいた。

番組ではかなり派手に乱闘はしていたが、裏では相当厳しい練習をしていたに違いない。

そういえば、シバタ―がガチンコファイトクラブのような動画を作っていたな。

あれには私も脱帽した。

その動画がこれだ。

【ガチンコYouTuber道 1話】

ガチンコYOUTUBER道 2話

 

ガチンコYOUTUBER道 3話

 



<スポンサーリンク>



「亀田×ジョーのプロテストへの道」今後の企画は?

では、今後どのような企画になっていくのか?

正直AbemaTVからしたら、落ちてくれてむしろ良かったというところだろう。

番組がまだ続くわけだからな。

で、二人がこれから何をしていくのか?

はっきり言おう。

わからない。

ただ今までのような練習では視聴者はもう飽きた。

なので、場所を変えて行うかもしれない。

そう、大阪の西成区にある亀田史郎のジムだ。

 

あそこでは亀田史郎がトレーナーとして教えていたが、内容がとてもよかった。

さすが自分の息子3人を世界チャンピオンに育てたことだけはある。

正直ここまで素晴らしいトレーナーはいないだろう。

しかし。

しかしだ。

そうなれば、亀田興毅の存在が必要なくなってしまう。

そうすると、番組の広告画像を変更しなくてはいけない。

「亀田×ジョー」のところは問題ない。

しかし、亀田興毅の代わりに、亀田史郎の顔を左に持ってこないといけない。

顔といえば、あの企業案件系不人気YOUTUBERのラファエルの顔がTwitterで一気に拡散されたな。

この記事に載せてやったからありがたく読め。

 

話がそれてしまった・・・すまない。

話を戻そう。

すでにライバル的な存在である京之介は合格してしまった。

なので今度は亀田興毅の妹、亀田姫月をライバル関係にして二人を同時にプロテストを受けさせる可能性がある。

そうなれば、番組的には面白いだろう。

AbemaTVはジョーをいろいろと使い過ぎだ。

沖縄に行かせたり、武井壮の訳の分からぬ練習ともお笑いとも取れない微妙な企画をさせたり(正直つまらなかった)、果てはアウトサイダーに出場させたり。

アホか?

と言いたくなる。

アウトサイダーに出場させたら怪我するに決まっている。

続編では、もっとボクシングを中心とした企画で、いろんな相手を招いてスパーリングを観てみたい。

それこそ、浪速のジョーこと、辰吉丈一郎の出演も期待している。

2017/9/27追記

2回目のプロテストの結果が今日行われた。

合格していたそうだ。

おめでとう。


しかし、プロテストは月に2回も受けられるのだな。

知らなかった。

1回目のプロテストが紙一重だったゆえ、AbemaTV側がごり押しで同じ月に入れたと私は思っている。

何としても、3か月以内にジョーに合格させるという企画を達成させるために。

ジョーもすぐに取りたかっただろうから、WINWINというやつだ。

今後はあのホスト、神風永遠がプロテストに挑戦する。

奴の場合は半年。

どう見ても、センスがない。

運動神経悪い芸人のフルポン村上のようなぎこちない動きだ。

まぁ挑戦するのはいいが、そこまで視聴率は伸びないで打ち切りだろう。

次は、ジョーのプロデビュー戦から新人王への道と続くと私は思っている。

AbemaTVにこき使われるととるか、ジョー自身もおもしろいチャレンジができるとみるか。

そして貴様らも番組を観て楽しむ娯楽ととるか。

私もそろそろボクシングを始めるとするか。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)