高橋優の最新テレビ出演予定は?過去の出現情報もあるよ!



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

高橋優は、2010年にデビューしたシンガーソングライターである。

デビュー曲となった「素晴らしき日常」を初め、デビュー以前にCMに起用されて話題となった「福笑い」や、インディーズ時代の楽曲「こどものうた」など、優しいだけでなく、時に人間の内面をえぐり出すような刺激的な歌詞が印象的だ。

本人も唯一無二の存在でありたいと語っている通り、「誰かっぽい」ということを非常に嫌う高橋らしい、唯一無二の歌詞表現なのである。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2098864/full/?ref_cd=tw

近年では、「明日はきっといい日になる」や「光の破片」「産まれた理由」「ロードムービー」など、人と人とのつながりを大切にした楽曲の目立つな。

また、タイアップの多さも突出していて、アニメやドラマ、映画などに楽曲が起用されることもよくある。

最新の楽曲では、同じ所属事務所の三浦春馬が主演を務めるドラマ「オトナ高校」の主題歌として「ルポルタージュ」が11/22にリリースされるぞ。

音楽番組で姿を見ることも多くなり、今やドラマでも映画でも引っ張りだこの高橋優。

そんな彼の最新テレビ情報と、過去の出演情報について今日は聞かせてやろう。



<スポンサーリンク>



 

最新テレビ情報

 

リリースが近くなってくれば音楽番組への出演も増えるが、今の時期は比較的落ち着いている。

直近の出演情報としては、連休の初日11/3に放送される、NHK 「インタビュー・ここから」であるな。

午前6時30分から6時53分まで、20分強という短い時間ではあるが、高橋が地元・秋田について語る内容となっている。

高橋は、秋田で音楽フェスを主催したり、秋田弁を歌詞に用いた楽曲「泣ぐ子はいねが」をライブでほぼ毎回披露したりと、秋田にかける思いは非常に強い。

引用元:https://twitter.com/takahashiyu_mgr?s=09

高橋優というシンガーソングライターを生み出した秋田について、本人の口から知ることができる貴重な機会な機会と言えよう。

また、秋田県内で放送されるローカル放送では、10/26・11/2の日程で、「ニュースこまち」午後6時10分から午後7時までの時間で、番組の一部が放送される予定である。

秋田県内のファンにとってはうれしいニュースであろうな。

 

高橋優のレギュラー番組

 

引用元:http://www.spaceshowertv.com/locarhythm/

また、高橋は近年の人気もあり、2015年12/14より、SPACE SHOWER TV「ローカリズム♪」がスタート。

この番組では高橋がMCを務め、毎週様々なアーティストをゲストに迎え、ゲスト縁の土地を訪れるという趣向になっているぞ。

ステージ上で見せる姿や、楽曲から伝わってくる高橋とはまた別の、新しい一面が垣間見える番組となっている。

それにしても、自身がMCを務めるレギュラー番組を任されるとは、高橋優の人気もたいしたものであるな。

 

過去の出演情報

 

高橋は、そのタイアップ数もさることながら、多くの番組に出演してきているぞ。

音楽番組としては、フジテレビの「ミュージックフェア」「僕らの音楽 Our Music」や、TBSの「COUNT DOWN TV」「カミスン!」、テレビ東京の「プレミアMelodiX!」「ミュージックステーション」、そしてNHK総合の「SONGS」「MUSIC JAPAN」などに数々出演しているぞ。

11/22に新曲「ルポルタージュ」をリリースするから、出演情報をチェックしておくとよいだろう。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2051764/photo/1/

音楽番組以外でも日本テレビの「スッキリ!!」や「ヒルナンデス!」「シューイチ」「バズリズム」「行列のできる法律相談所」などをはじめ、フジテレビの「笑っていいとも!テレフォンショッキング」やTBSの「A-Studio」、NHK総合の「スタジオパークからこんにちは」「うたコン」「ドキュメント 考える」などに出演した経験があるぞ。

また、7/26にリリースされた17枚目のシングル「虹」が「2017ABC夏の高校野球応援ソング」「熱闘甲子園」のテーマソングに起用されたこともあり、「速報!甲子園への道」への出演も果たしている。

 

テレビドラマへの出演も

 

数は少ないが、高橋はテレビドラマへの出演も果たしているぞ。

2015年11/6に放送された「釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜」の第3話に、鈴木一之助が若かりし頃の友人役として登場、ここではギターを弾いている。

また、2018年春に公開を予定している映画「honey」では、小暮宗介という役で出演しているから、気になるようなら映画館に足を運んでみるのもよかろう。

このように、高橋優は今や、テレビで引っ張りだことも言える存在である。

過去のどんな楽曲にも似ていない、高橋独自の路線で、熱い魂を歌い上げる姿は、見る者の心を揺さぶるのだ。

高橋優にしか書けない歌詞、高橋優独自の目線で切り取られ、表現された世界を、彼はこれからも力強く提示し続けるであろう。

「唯一無二でありたい」という高橋の思いがある限り、高橋の熱い歌声が途切れることはないのだ。

これからも、高橋優が生み出す楽曲から目が離せそうにない。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)