菅田将暉のファッションがダサい!どこのブランド?服は手作りか?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

菅田将暉といえば、ドラマや映画などで大活躍している人気俳優だ。

そんな、菅田将暉のファッションがダサい!ということで注目をお集めているらしい。

そこで、今回は菅田将暉のファッションなどについて貴様らに教えてやろう。

菅田将暉はどんな俳優なの?

引用元:https://twitter.com/dasuyuzu/status/637616272058904576

貴様らも知っている通り、菅田将暉は、ドラマや映画で大活躍しているのは知っているな。

もともとのデビューがいきなり主役だったことでも知られている。

中でも、石原さとみとのドラマの共演はうらやましかったな。

そのときに、本田翼とも絡んでいたことから、付き合っているとの噂もでたな。

つまりは、菅田将暉はモテモテのイケメン俳優といえる。

というのも、いろいろな女性芸能人とのうわさもあるからな。

そのモテっぷりは高校時代からということなので、筋金入りだ。

高校時代はアメフト部ということだ。

体育の授業では、走るたびに黄色い声援が飛んでいたそうだ。

なかなか自分のことをモテてましたなんてのは、自信がないといえない。

私はいうまでもなくモテた試しがない。

人生一度でいいから、それだけの黄色い声援をもらいたいものだ。

そんな菅田将暉だが、普段のファッションについて注目を集めている。

これまで、ファッションに関してはそれほど気にはしていなかった。

だが、菅田将暉のファッションがダサいなどの噂もあるようなので、そのへんを教えてやる。

菅田将暉のファッションはダサい??

引用元:https://twitter.com/sudaofficial/status/711415217142386689

調べてみたが、結論からいうと、ダサいという印象はないな。

どちらかというと、菅田将暉風の着こなし方といったところか。

というのも、菅田将暉は昭和の時代を思わせるファッションをすることがある。

そうと思えば今風のファッションにしたり、ちょっとヤンキーっぽい感じの時もある。

だが、どれも見た目はあれ?っと思うが、どこかで必ず今風のものを取り入れているのだ。

中には、それどこで買ったの?というような服を着ているときもある。

だけど、菅田将暉が着こなすことで今風に見えるというのもあるだろう。

個人的には、大阪のおばちゃんが選びそうな柄の服を今風に着こなす。

普通にその服を着れば、ダサイになってしまうかも知れないが、今風のものを入れることでそれがガラッとかわるのだ。

つまりは、菅田将暉はファッションセンスがいいということなのだろう。

私はファッションにはあまりこだわりがない。

あっ!これいいなと思うものを買っている。

そうすると、なぜか他の人の着こなしと違う着こなし方をしていることがある。

つまりは、菅田将暉もそういうことなのだろう。

私の場合は、それがダサイになるかも知れないが、人によってはおしゃれになる。

もしくは、ダサかっこいいという新しいジャンルの言葉をうみだすのかも知れないな。

いずれにしても、どんな服を着ても菅田将暉はかっこいいといいことだ。



<スポンサーリンク>



菅田将暉の好きなブランドはどこ?

引用元:http://justdoit1.com/men/647/

そんな、菅田将暉はどこのブランドを着ているのか気になるだろう。

基本的には、菅田将暉は古着が好きということで、特にブランドというのはないらしい。

なので、自身が気に入ったものは、何でも気に入れば買っているようだ。

まあ、このブランドだっているこだわりがあれば、それはファッションにも表れる。

まったく違うかも知れないが、いっとき泉ピン子がシャネルしか買わないというのと同じだろう。

そういうこだわりを持っていると、かえってダサくなったりする場合がある。

なので、ブランドを着こなす場合は、こだわりを持たないことが一番といえる。

菅田将暉は服を手作りしている??

引用元:https://thetv.jp/news/detail/70066/392744/

菅田将暉は服を手作りしているというのだが、これは、さんまのまんまでも手作りの服を渡していた記憶がある。

そもそもは、菅田将暉が情熱大陸に出演したときにもそのことは紹介されている。

菅田将暉の趣味が手作り服ということで、それも生地選びからしているようだ。

ミシンの扱い方もみたが、本当に服を手作りしているんだろうなと思ったな。

さんまにプレゼントした手作り服は、リバーシブルの服だったことでも知られているのですごいなと思った。

だけど、手作りということや、さんまのサイズを確認せずに、だいたいで作ったのか、丈が短かったようだな。

まあ、そういうところも含めてさんまは「なんて言われようが着る」って言ってくれたのは良かったな。

私は服などを作った事はないが、私の母親はよく私の服を作っていた。

昔から何かのものづくりは得意だったようだ。

だけど、買ってくる生地が安物だから、パジャマにしか見えないんだよな。

でも、そのときは私は何ひとつ文句を言わず、それを着て学校や塾に言っていた。

まあ、今考えると真っ黄色の上下の服は誰も着ないだろう。

だけど、そういう手作りの服は私も暖かみを感じた。

なので、さんまも菅田将暉の暖かさを感じて発した言葉なのかも知れないな。

まとめ

今回も、菅田将暉のことについて紹介してやったぞ。

ファッションがダサいといわれていたが、菅田将暉はまったくダサくなくむしろかっこよかったな。

いずれにしても、菅田将暉が手作りで服をつくる才能にはびっくりさせられたな。

これからも色々な才能を発揮して、どんどん有名になって頑張ってほしいものだ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ

 



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)