クリスマス イルミネーション 2017in東海おススメスポット!



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

クリスマスには、素敵な夜を過ごしたいと思っている人も多いだろう。

そんなときは、イルミネーションを見てロマンチックな夜を過ごしてみるのもいいぞ。

そこで、今回は、クリスマスに見れるイルミネーションの東海でのおススメスポットを紹介してやるからありがたく思え。

東海といえば?

引用元:http://ure.pia.co.jp/articles/-/10749?page=5

東海といえば、静岡県・愛知県・三重県と岐阜県などのことだ。

どうしても東海というと、温泉やうなぎなど、いろいろなものがあり、楽しい街という印象がある。

個人的には、名古屋で食べた「あつた蓬莱軒」のひつまぶしは最高にうまかったな。

仕事仲間に教えてもらって急遽、それだけを食べにいったが、今までの中で最高にうまかった。

話はそれたが、そんな東海にもイルミネーションで有名なスポットはたくさんある。

そして、今回は定番のイルミネーションも含めてクリスマスに過ごすおススメを紹介してやろう。

なばなの里

引用元:http://tabit.jp/archives/16697

まずは、東海のイルミネーションの定番といえば、「なばなの里」だろう。

ここなばなの里は、三重県桑名市長島町駒江にある植物園のことだ。

昼間は、いろいろな植物などを見て楽しむことのできるスポットになっていて家族などで行くのがおススメだ。

だが、夜になると施設内でライトアップされるようになっている。

そのため、クリスマスに、このなばなの里で過ごすという人も多いようだ。

私も以前に足を運んだことがあるが、そのときは周りはカップルだらけだった。

青い幻想的なイルミネーションが、クリスマスの夜を幻想的にしてくれる。

もともと、このなばなの里は、「長良川水辺の夢のような小さな村」というのをコンセプトに作られている。

そのテーマパークで、池を中心にした園内にはライトアップが施され、日本最大級のイルミネーションが展開されるのだからすごい。

そして、一番は、イルミネーションは雨の日に行くと台無しになるという印象があるかも知れない。

だが、このなばなの里にある光のトンネルは、その雨の日に見るのが一番美しいとされている。

それに雨の日であれば、他の入場者も少なくなる可能性があるので、もしかしたら恋人との2人だけの世界を作れるかもしれないぞ。

ライトアップ期間は、2017年10月14日~2018年5月6日 日没~閉園までだ。

アクセスは、近鉄名古屋線近鉄長島駅から三重交通バスなばなの里行きで10分、終点下車すぐだ。

車で行く場合は、「なばなの里」と検索すれば出てくるので、簡単に行けるぞ。



<スポンサーリンク>



つま恋リゾート

引用元:http://blog.livedoor.jp/ken_884/archives/51948022.html

さて、次に紹介するのは、つま恋リゾートだ。

つま恋リゾートは、静岡県の掛川市にある、ホテルなどの宿泊などもある総合リゾート施設だ。

その中には、ゴルフも出来るし、馬にも乗れたりする。

他にもミュージックガーデンなどもあり、ヤマハの機器を楽しむことのできる施設もある。

その広さは、300席にもなっていて、タイミングがよければクリスマスの音楽を聴けるかも知れないな。

そんな、つま恋リゾートでは、イルミネーションも有名だ。

ここのイルミネーションは音楽と光のコラボでもある「サウンドイルミネーション」が楽しめる。

この施設にあるつま恋の森に200万球のイルミネーションが点灯するのも圧巻だ。

その光景を見ることで、素敵なクリスマスの夜を過ごせることは間違いないと個人的には思うぞ。

ライトアップ期間は2017年10月28日~2018年4月8日 日没~21:00(入園は16:00~)となっている。

アクセスは、JR東海道新幹線掛川駅からタクシーで15分(正面ゲート)でいける。

車の場合は、「つま恋リゾート」と入れれば、Googlemapで見ていくことが出来るぞ。

木曽三川公園センター

引用元:https://sp.jorudan.co.jp/illumi/spot_0061.html

そして、次に紹介するのは、木曽三川公園センターだ。

この木曽三川公園センターは、岐阜県海津市にある公園のことだ。

木曽三川公園は愛知、岐阜、三重の3県にまたがる日本一大きい国営公園ということでも有名だ。

ここでは、昼間は季節ごとの花で飾られているところでもあり、芝生の広場になっているので、ゆったりと過ごせる。

また、四季折々にイベントなども行われるので、一年中楽しめる施設でもある。

そんな木曽三川公園センターのイルミネーションでも有名だ。

この公園全体を50万球以上の電球で彩られるのだから、それは迫力満点の光のイルミネーションになる。

今では冬の風物詩にもなっているほどで、その中でも有名な大花壇一面を覆う「グラウンドイルミネーション」を見れば他のイルミネーションが劣って見えるぐらい綺麗だぞ。

他にもシャンパングラスツリーなどもあり、高さ65メートルの展望タワーから見るイルミネーションがロマンチックな夜を演出してくれるのは間違いないだろう。

イルミネーションに困ったら、ここに来るというのもいいのではないかと個人的には思うけどな。

公園内には、レストランもあるので、イルミネーションを見る前にそこで食事を済ませてからというのもいいかと思うぞ。

ライトアップ期間は次の通りだ。

2017年11月23日~12月31日 16:30~21:00(11月23日は17:30~、12月31日は~翌0:30)

アクセスは、養老鉄道養老線石津駅から海津市コミュニティバス海津南回りで13分、木曽三川公園下車すぐだ。

車で行く場合は、無料の駐車場があるぞ。

そして、検索で「木曽三川公園センター」とすれば出てくるので簡単に行けるぞ。

まとめ

今回は、クリスマス イルミネーション 2017in東海おススメスポットを紹介してやったぞ。

東海にもいろいろなイルミネーションがあり、楽しめることがわかっただろう。

いずれにしても、今年のクリスマスはロマンチックな夜を東海で過ごすのも、悪くはないと思うぞ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)