クリスマス イルミネーション 2017in関西おすすめスポット!



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

関西にも、クリスマスにはイルミネーションが様々な場所で開催される。

そこで、今回は関西でおススメのクリスマス イルミネーション 2017を貴様らに紹介してやろう。

関西といえば?

引用元:http://geinou-ura.com/archives/3969

関西といえば、大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀の2府4県だ。

有名なイルミネーションは貴様らも色々知っているだろう。

だけど、穴場のスポットであったり、大迫力のイルミネーションもある。

個人的には、関西のイルミネーションといえば、神戸ルミナリエだがな。

だが、今回は、その神戸ルミナリエは紹介せず、違うイルミネーションを紹介してやろう。

京都イルミエール 天空の森

引用元:https://www.fashion-press.net/news/19861

ここは、京都にある、るり渓温泉で開催されるイルミネーションだ。

るり渓温泉は、標高550メートルにある温泉地でもあり、リゾート地でもあるので丸1日楽しめる。

食事や施設も充実しているので、最高だ。

そんなるり渓温泉で、京都イルミエールというのが開催されている。

ここは、私も一度言ったことがあるが、かなりすごかった。

というものバスでも車でもどちらでも行けるのだが、バスの窓から少しだけイルミネーションが見える。

その最初の印象はこうだ「大丈夫か?」このように誰もが思ってしまうと思う。

そして、イルミネーションの入場口もこれといって派手な演出は一切されておらず本当にイルミネーションがあるのか不思議に思うはず。

そんな入り口を入って進んでいくと、そこからが驚きの連続になる。

周る順番などもあるかも知れないが、まさに天空に広がるイルミネーションといってもいい絶景が見れる。

青色のイルミネーションの中を歩いていける遊歩道になっているので、本当に光の世界に来たような錯覚に陥るのだ。

そもそも、イルミネーションとフランス語で「光」を意味しているルミエールを組み合わせたのがイルミエールの語源とのことだ。

そして、京都から世界へ希望と平和の光を届けたいという思いがつめられているそうだ。

私が訪れたときは、プロジェクションマッピングが空に映し出されたのだが、今年はないということで少し残念だが、イルミネーションを見るだけでも価値はあるだろう。

ライトアップの期間は2017年10月28日~2018年1月8日 16:30~21:00(20:30受付終了)となっている。

かなり早い時間に終わるので、注意するがいい。

アクセスとしては、JR山陰本線園部駅、能勢電鉄日生線日生中央駅から無料送迎バスが出ている。

もしくは、車で行く場合は、るり渓温泉ポテポテパークと検索すればいけるぞ。



<スポンサーリンク>



御堂筋イルミネーション2017

引用元:http://en.enjoy-jp.net/kansai/events/midosuji_illumination/

次に紹介するのは、御堂筋イルミネーション2017だ。

このイルミネーションは大阪の御堂筋の通りの街路樹にイルミネーションが施される。

2014年に大阪の梅田から難波までの4kmにわかりイルミネーションを施されたので有名だ。

それにより、世界記録として認定されたほどのイルミネーションでもある。

そして、今年2017年は淀屋橋駅から新橋の中央エリアでのイルミネーションに注目とのことだ。

その圧倒的なスケールは、私も個人的に訪れたが、大迫力だった。

ちなみに今年のコンセプトは「5つのありがとう」とのことだ。

また、今年から新たな催し物が開催される。

1つは大阪中央公会堂でのウォールタペストリーを見ることができる。

そして、目玉は、台湾の元宵節(げんしょうせつ)を祝うとされるランタンが大阪の夜空を舞うとのことだ。

私も一度、ディズニー映画のラプンツェルを見て、台湾にいったが、幻想的だった。

そのランタンが舞うとことを大阪で見れるのだからいく価値はあるのかも知れないな。

アクセスは、JR大阪駅・北新地駅・難波駅、心斎橋駅、地下鉄・京阪淀屋橋駅、地下鉄なんば駅、南海難波駅などからすぐだ。

車では、この一体が通行止めになるのでやめておいたほうがいいだろう。

びわ湖大津館

引用元:http://photohito.com/photo/5138264/

さて、最後は私が個人的にも行きたい場所でもあるびわ湖大津館だ。

ここでは、毎年イルミネーションが展開されているが、今年は水をテーマにしたイルミネーションになるとのことだ。

今年は、びわ湖大津館の開館15周年ということだ。

それを記念して、成安造形大学とのコラボによりイルミネーションを見ることができるということだ。

ガーデン内を7つのゾーンに分けて、それぞれに変化していく水を光のアートオブジェで表現されるそうだ。

なので、ある意味、誰もが見たことのないイルミネーションが見れるかも知れないぞ。

ガーデン全体が幻想的な雰囲気に包まれるとのことなので、楽しみでもアル。

きっと、水の世界に迷い込んだような不思議な感覚を体験することができるのかも知れないな。

アクセスは、JR湖西線大津京駅から徒歩15分でいける。

車で行く場合は、「びわ湖大津館」と検索すればいけるぞ。

まとめ

今回は、クリスマス イルミネーション 2017 関西について紹介してやったぞ。

普段いったことのないイルミネーションをクリスマスの夜に見るものいいかも知れないな。

ぜひ、ロマンチックな夜の演出として参考にしてくれ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)