石田ゆり子の犬猫情報!雪ちゃんやはなちゃんを訓練士に預ける?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

石田ゆり子は、今年で48歳になるベテラン女優である。

しかしながら、年齢を感じさせない透明感溢れる肌や少女のような可愛らしさから、奇跡ののアラフィフとも呼ばれているぞ。

また、石田ゆり子は結婚しない女優としても有名であるな。

3歳年下の妹・石田ひかりは、同じく女優業を続けながらも、2001年5月にNHK職員である訓覇圭と結婚し、女優と妻、そして母という3役をこなしている。

姉妹であれば、妹が結婚すれば姉はいつかと、どうしても比べられてしまうものだが、石田ゆり子には結婚の兆しがないようだな。

過去には熱愛も報道され、結婚まで秒読みと言われたこともあったが、結局はどの恋愛も結婚には至らず今に至っている。

結婚が遠のいている理由はいくつかあるが、中でも彼女が溺愛しているペットたちは大きな要因と言えそうであるな。

 

石田ゆり子が溺愛するペットとは

 

引用元:https://akashi-t.com/ishida-yuriko-with-cat-and-dog/

石田が大の猫好きであることは、ファンの間ではよく知られている。

石田ゆり子は現在、ゴールデンレトリバーの雪、たび、ハ二オという4匹のペットと共に生活をしているぞ。

以前にはチョコレートラブラドールのはなという犬もいたが、2014年に亡くなったということだ。

はなが亡くなった時にはペットロスを経験し、2010年から「ほぼ日刊イトイ新聞」というウェブサイトに掲載していたエッセイを書籍化した『はなちゃんの夏休み』も出版されている。

それだけ、愛犬はなを可愛がっていたと言うことであるな。

それだけに、エッセイの書籍化は反響が大きかったようだ。

また、はなだけでなく、アンジェ、メイ、ミントというチョコレートラブラドールも飼っていたようだが、数年前に亡くなってしまったといことである。

動物の寿命は短いから、どうしても飼い主は別れを経験することになるものだ。

しかし、それでも雪とたび、ハ二オとの生活を続ける石田は、よほど動物が好きなのであろうな。

 



<スポンサーリンク>



犬1匹と猫2匹との生活

はなが亡くなった後、石田は犬1匹と猫3匹と生活をしていたが、最年長は猫のビスクであった。

15歳ということだから、かなりの長寿であったと言えよう。

なかなか貫禄があるが、愛嬌のある猫である。

引用元:https://www.instagram.com/p/BLfLmsUjJvg/

長生きと言うこともあり、ファンからも可愛がられているようだな。

しかし、ビスクも今年の3月、石田が見守る中、亡くなったということだ。

現在は雪とたび、ハ二オと暮らす石田だが、雪は2014年生まれだそうだな。

はなを亡くしたばかりの石田にとっては特別な存在だったのではなかろうか。

雪の姿はInstagramにも度々登場し、時にはライオンの格好をして登場するなど、愛らしい姿をファンに見せてくれるぞ。

引用元:https://www.instagram.com/p/BLF1xNHDJ32/

そして、比較的新しい顔ぶれが「たび」と「ハ二オ」である。

この2匹は2016年から飼い始めているが、出会いはペットショップではなく、野良猫だった2匹を石田が保護したことだったという。

つくづく動物が好きなのであろうな。

生後1か月の頃からミルクを飲ませて石田が育ててきたと言うから、彼らにとって石田は母親そのものなのではなかろうか?

引用元:https://www.instagram.com/p/BLF2CfUj16a/

ハ二オは毛の色がハチミツのようであることから、たびは足先の毛が白く、まるで足袋を履いているようだからという理由で名付けられたようだ。

まだ子猫だったハ二オに懸命にミルクを飲ませる様子は、Instagramでもファンを和ませた。

2014年に可愛がっていたはなを亡くしたことでペットロスに陥っていた石田だが、子猫2匹を育てるという大変さに、寂しさを忘れることができたのかも知れぬ。

そういう意味では、たびとハ二オは石田にとっての恩人とも言えるであろう。

雪はまだ3歳だが、自分より後に生まれたハ二オとたびに対し、母親のような一面も見せるようだぞ。

たった1匹のメスということもあり、母性本能が働いているのであろうか。

このふれ合いに、石田も心を熱くしているようだ。

ペットがいることで、石田の独身生活はかなり充実したものになっているようだな。

結婚という意味では心配な面もあるが、彼らの顔を見るだけで、仕事の疲れも嫌なことも、一瞬で吹き飛んでしまうことであろう。

 

訓練士に預けられることも

 

今いる3匹の中では最年長であるゴールデンレトリバーの雪は、非常に優しい性格をしているようで、「世の中にあるすべてのものが好き」な子だと石田本人は言っている。

そんな雪だが、石田の仕事が忙しい時期には訓練士に預けられることもあったようだ。

ほんの2~3日でも寂しがり、再会した時にはべたべたと甘えてきたという。

そんな様子に、Instagramを見たファンもメロメロだったことであろう。

また、長期にわたって雪を預けた時には、普段は大人しい雪も、石田にかなり甘えてきたというから、なんとも可愛らしいエピソードである。

引用元:http://dailynewsonline.jp/main-image/1368082/

愛しいペットと離れて仕事をする石田もさぞ寂しかったことであろうが、その寂しさを埋めてくれるほどの、幸福な時間が流れていたように思えるな。

婚期を逃すとも心配される石田だが、愛しいペットたちとの生活は幸せに満ちあふれているようだ。

これだけ可愛いペットに囲まれていれば、あまり家から出ないというのもうなずけるな。

石田の変わらぬ美貌や優しさ溢れる表情は、こうした大切なペットたちとの幸福な時間が作り出しているのではなかろうか。

どちらにせよ、これからも石田のInstagramから目が離せそうにない。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)