車好きな石田ゆり子のプライベート車種は外車のベンツ?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

ドラマ「海の群星」で女優デビューを果たして以来、「Dr.コトー診療所」「夜行観覧車」「逃げるは恥だが役に立つ」「医師たちの恋愛事情」などに出演し、数多くのドラマや映画で活躍する石田ゆり子。

長いキャリアとは裏腹に、いつまでも衰えない容姿と、まるで少女のようなあどけさなさが残る、透明な美しさが魅力でもあるな。

特に「逃げるは恥だが役に立つ」で話題になってからは、奇跡のアラフィフと飛ばれ、その美しや可愛らしさに注目が集まるという、ベテラン女優には珍しいケースでもあるのだ。

あらに、石田は天然であることも知られていて、うっかりしたところや、料理もお酒も上手に造れない「ポンコツ」具合がテレビ番組で露見。

叩かれるかと思いきや、そのポンコツ具合が可愛いと、かえって絶賛されてしまうのだ、

そんな、どちらかと言えば清楚でおとなしいイメージの強い石田ゆり子だが、彼女には意外な趣味があるという。

それを見ていこうではないか。

 

趣味はドライブ

 

趣味がドライブというだけであればまだしも、石田ゆり子の場合、その車種がすごい。

石田の愛車が判明したのは、彼女が47歳の誕生日から始めたInstagramである。

投稿された車のメーターから、車好きなファンが反応し、広まったようだな。

引用元:http://yorozuya99.com/isidayuriko-car-248

メルセデスベンツ Cクラスというから、かなりのグレードであろう。

メルセデスベンツはドイツの自動車メーカー・ダイムラーが展開している車。

セダンやステーションワゴン、2ドアクーペといった種類がある。

Cクラスは、1993年に190シリーズの後継として登場したW202から始まっている。

引用元:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/c-class/

登場した当初は4ドアのセダンのみであったものが、2,001年には2代目W203型の派生モデルである、3ドアハッチバックのスポーツクーペが登場しているぞ。

Cクラスの他、Eクラス、Sクラスとあり、石田が愛用するCクラスは上記2クラスに次いで3位の販売台数を誇っている。



<スポンサーリンク>



 

エンジェルナンバーだと話題に

 

ちなみに、この時投稿された写真のメーターが走行距離「31313」を示していたため、エンジェルナンバーであると話題にもなったようだな。

エンジェルナンバーは、目には見えないが人間の周りにいる天使が、メッセージを送っているものと考えられている。

レシートの数字や車のナンバープレートなど、ふとしたところでぞろ目など、意味のありそうな数字を見かけることがあるが、それが天使からのメッセージだという考え方であるな。

引用元:https://www.instagram.com/p/BP7nKIWj6rp/?hl=ja

真偽のほどは不明だが、石田のメーターもエンジェルナンバーであったことからファンの話題を集めたようだ。

この投稿には、飼い猫のたびがみいみい鳴いているとか、自分も同じ誕生日であるとか、多くのコメントが寄せられた。

ふとした数字の偶然にうれしくなって投稿するあたりが、自然体の石田ゆり子らしくて好感が持てるな。

 

親友の板谷由夏とのデートも

 

石田ゆり子は「医師たちの恋愛事情」での共演から仲良くなった、同じく女優の板谷由夏と、度々Instagramに登場している。

板谷が立ち上げたブランド・SINMEを2人で着用した姿も度々見られる他、互いの楽屋や家に遊びに行った写真など、プライベートでも家族ぐるみで付き合っていることは有名だ。

その中睦まじい様子から、自他共に認める「カップル」でもあるのだが、石田は自分の愛車で、板谷とのデートも楽しんでいるようだな。

2015年12月には、石田と板谷が渋谷のレストランダイニングで食事をしている様子を、「女性セブン」がキャッチしているぞ。

これだけでも仲の良さが十分に伝わってくるが、注目すべきはその帰りであるな。

石田は板谷を自らの愛車の助手席に乗せ、板谷の自宅がある葉山まで送り届けたと思われる。

まさに、彼女を送り届ける彼氏であるな。

引用元:http://alice36.com/?p=11146

2人が目撃されたレストランダイニングでは、板谷は常連のようで、明け方まで営業していることもあり、芸能人がお忍びで足を運ぶスポットでもあるようだな。

この日も、2人はレストランでディーナと楽しい時間を過ごし、2人で中睦まじく帰って行ったのであろう。

高級車で板谷を送り届ける石田とは、なんとも男前なイメージであるな。

普段の柔らかでどこか天然な姿からは想像もできない姿が、かえってギャップとなってファンを惹きつけるのであろう。

 

車のCMでもおなじみ

 

石田と言えば、ダイハツ・ムーブのCMも記憶に新しいな。

「ギザギザハートの子守唄」を海辺で口ずさむ石田と車の対比がなんとも心地よいCMであるな。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hJkKMMSomxM&feature=youtu.be

石田の趣味を考えれば、本人としては願ってもないCM出演だったのではななろうか。

今後も、ドラマに利が、CMと、あらゆる場面での活躍を期待できそうであるな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)