平野紫耀が映画honey主演!キスシーン?!赤髪で新聞一面に!公開日はいつ!?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

ついに来たぞ!平野の主演映画!お前たち相手役に怒りを覚える位悔しがってるだろう・・・。

新聞一面に平野が出ていたぞ。

貴様らにとってはこれほど嬉しい事はないだろうが、honeyと言えば胸をときめかせる恋愛漫画だ・・・。

平野の演技力が試される時がついに来たな。

今回はその映画についてお前らに詳しく教えてやろう。

少女漫画「honey」とは!?

目黒あむ原作で2012年9月~2015年12月まで別冊マーガレットで連載されていた少女漫画を今回実写版にした映画だ。

監督は「ピーチガール」も手掛けた神徳幸治。

夢に夢見ている貴様らの事だ。内容はやばいくらいの学生乙女漫画だ。

放映予定は2018年春だぞ。

鬼瀬大雅の役を平野が抜擢され、漫画の中の鬼瀬は神は赤く染め、見た目も不良なかんじで周りから恐れられている。

しかし本当の鬼瀬は料理上手で優しい奴。

何だそれ?と突っ込みそうになるくらいお前らが好みそうな男だな。

ギャップ萌え~とでも言ってるんだろう。

この映画に対する平野の意気込みは半端ないらしい。

髪の毛を赤色に染め役柄に近づけているみたいだ。

この映画で平野が今後メディアに取り上げられるか、消えていくのか・・・楽しみなところだな。

その鬼瀬が相手役の小暮奈緒に告白をするってところからの物語のようだ。

奈緒は両親がいなく、叔父の宗と暮らしている。

天使のような奈緒との恋の行方が気になるところだな。

さあお前らの気になる相手「奈緒」が誰に決まったかと言うところだな。

キスシーンもあるとの事だから、きっと貴様らが騒いでる間に二人の仲が急接近しているかもしれないな!



<スポンサーリンク>



相手役や撮影場所は!?

さあ気になる相手役の事だ!気になってしょうがないだろう?

小暮奈緒役に選ばれたのは平祐奈だ。

貴様ら凄い声が聞こえそうだな。

平祐奈だと諦めなければならない気分になるよな。

そう平祐奈は平愛梨の妹になるがそれはしっているよな?姉妹揃って美しいからなかなか珍しい事だ。

最近の映画ならば「キセキ~あの日のソビト~」や夏に放映の大野智主演の「忍びの国」にも出演している、なかなかこれから注目の女優だ。

そんな平野と平がどう高校生のラブロマンスを描いていくのか楽しみだ。

実年齢平野は20歳、平は18歳平はリアルに演じることが出来るが20歳の平野はどう演じるのか?高校生に見えるのか?俳優の学生服は化粧やセリフで上手く10代を演じれるかと思うが、実際リアルに20歳の男が学生服を着るとなかなかキツイものがあるからな。

是非平野はそうでない事を祈るぞ。

撮影現場の様子も少し情報を教えてやろう。

2017年5月から6月に撮っているみたいだ。

撮影場所は目撃情報から教えてやろう。

群馬県高崎市・高崎駅立体駐車場「イーストパーク」

小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅の橋

鎌倉学園中学高校

学校シーンは茨城県土浦市茨城県立土浦工業高校で撮ってるみたいだぞ。

後は廃校されている栃木県足利市旧足利西高校だな。

どうやらどこで撮影してるとかはキャストやスタッフのインスタなどから検索されたりしているみたいだ。

いつも私は思うんだが、まだ情報解禁前だから内緒だぞ!みたいな告知をするくせに、スタッフや内部から漏れているではないか。

その辺ゆるい業界だなと。

まあ貴様らにとったら最高のごちそうだがな。

キスシーンはあるのか?!

はっきり言おう。

泣くんではないぞ貴様ら!

9割あると私は見ている。

漫画をまず貴様ら読んでみたらよいのではないか?ああそんな勇気ないか。

そうだ部屋でキスするシーンがでてくるぞ。

しかも奈緒が落ち込んでいる時にだ・・・でこにするかも知れないが、接触はあるぞ。

18と20のキスシーンとかリアルだな。

本人らも演技とはいえ緊張だろうな。

見てる貴様らなんかスクリーンの前で目を塞いでしまうに違いない。

ここでもっと衝撃な話を貴様らに与えてやろう。

先日5月5日の少年俱楽部略して少クラでなんと平野の首筋にリアルな「キスマーク」が付いていたらしいぞ。

私も調べて画像を見てやったが、そうだな虫刺され!とかアザだ!とかファンは現実逃避しているコメントをしていたが、私が見る限りキスマークに近いな。

形と言い色と言い・・・と思うけどな、まあそれは貴様らが見てもわかる奴だ。

今の時代の言葉で表すと「リア充」と言うやつだな。

公開まできっと貴様らは妄想の世界に浸るだろうな・・・それまで撮影場所巡りでもして気分だけでも奈緒になってればまだ気がまぎれるのではないか!

チャーリー閣下
それでは失敬する。
また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ

 

 

 



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)