エクリプスクロスの発売日は?価格や画像、スペックや燃費は?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今、SUVがブームなのは貴様も知っているだろうが、その中でも特に人気の分野が何か知っているか?

それはクーペスタイルのSUVだ。

日産ジュークとレンジローバーレヴォーグあたりが始まりだと言われているが、要は4WDのがっしりした大径タイヤとシャシーに、クーペスタイルの流麗なボディを乗せたもの、というと乱暴のようだが真実だ。

ホンダヴェゼル、トヨタC-HRなど、今売れている車は、だいたいこれだ。

そんなブームに、元祖RVメーカーの三菱が参入しようとしている。

それが三菱エクリプスクロスだ。

エクリプスクロスとは

三菱自動車が満を持して市場に投入する、クーペスタイルのSUVだ。

貴様らは知らないだろうが、実は、かつて三菱自動車にはエクリプスという名前の車があった。

それはSUVではなく、クーペスタイルのスペシャリティーカーだった。

当時としては最新のDOHCターボエンジンを搭載し、4WD仕様も存在した。

日本でも大人気の映画、「ワイルドスピード」シリーズでもフィーチャーされていたぞ。

残念ながらスペシャリティーカー市場の縮小とともに、2012年には主マーケットである北米での生産も中止されている。

今回、久しぶり「エクリプス」の名が復活したが、かつてのクーペではなく、SUVとのクロスオーバーということで「エクリプスクロス」となっているようだ。

要はクーペとSUVのいいとこどりを狙った、ということなのだろう。

今回の東京モーターショーでも出品され、評判は上々のようだったらしいぞ。

エクリプスクロスの価格は?

三菱自動車からは、エクリプスクロスに関する正式な価格についてのアナウンスはまだない。

まだ市場の反応を見ている、というところなのだろう。

ただし、三菱自動車には、すでにミドルクラスにアウトランダー、それよりもコンパクトなクラスにRVRという2種類のSUVが存在する。

ベース車の価格はRVRが2,058,480円~、アウトランダーが2,538,000 円~となっている。

後で述べる車体サイズやスペックから見て、この2台の中間帯に落ち着くのではないか、というのが吾輩の予想だ。

ベーシックなガソリンFF車で270万円から、といったところか。

4WD車はガソリン車で、FFの20万円高の290万円、ディーゼルが300万円あたりになるだろう。



<スポンサーリンク>



エクリプスクロスの画像は

すでに東京モーターショーで発表済なので、画像はざくざく出てくる。

デザインは、三菱らしいといえば三菱らしい、まるでモビルスーツのようないかつさだ。

吾輩個人としてはもう少しすっきりしたデザインの方が好みだが、三菱のファンにはこれが、刺さることは間違いなかろう。

一方で、三菱自動車のレース部門、ラリーアートが手掛けたコンプリートカーの画像も上がっているが、こちらの方がなぜかすっきりしている。

こっちを標準にすれば、と考えるのは吾輩だけ、だと思いたいが。

一方、内装は比較的落ち着いた印象で、品質感も高そうだ。

後席や荷室のアレンジも十分実用に耐えられそうなパッケージングになっているようで、そこは好印象だな。

エクリプスクロスのスペックは

三菱自動車のwebページには、東京モーターショーに出品されたFF車のスペックが掲載されているぞ。

全長×全幅×全高は、4,405×1,805×1,685(mm)とアナウンスされている。

この手のSUVにしては標準的というか、先行するライバル、ホンダヴェゼルとトヨタC-HRとがっぷりぶつかるな。

エンジン、トランスミッションは1.5L ダウンサイジング直噴ターボエンジン / CVTだ。

これも、今どきのSUVとしてはスタンダードといっても良かろう。

パワーは163ps、これはまあ標準といったところだが、トルクは250NMとなかなか強力。

がんがん回してパワーを稼ぐというよりは、低回転から過給して太いトルクでゆったり運転する、ということだな。

クーペとして考えると物足らないが、SUVとして考えれば妥当なセッティングだろうな。

エクリプスクロスの燃費は?

当然、いまどきの車なので燃費が悪いと誰も見向きもしない。

特に、ここ、日本ではそうだ。

エクリプスクロス専用サイトには北米市場の数値として、42.8MPGと表示されておる。

MPGとは見慣れない表記だが、要は1マイル(1.6km)あたりの燃料消費量(ガロン)だ。

㎞表示に直すと、1MPG=0.4km/Lとなるので、1Lあたりだと18.2km/Lか。

悪いわけではないが、ライバルの2車に比べると正直インパクトはないな。

なにせ、両車ともハイブリッド仕様があるからな。

このあたりはガソリン車ではなく、ディーゼル車の方に期待、ということなのかもしれんが。

アウトランダーでデビューしたPHV仕様があれば、相当インパクトは強くなるだろうが、未定のようだ。

このあたり、三菱自動車はもう少しうまくやった方がいいんじゃないかと吾輩は思うぞ。

なんにしても、いろいろなことで評判を落としまくってきた三菱自動車の久しぶりの新車。

かなり力の入ったモデルのようで、なかなか楽しみだ。

せっかくなら、かつてのランエボのような、ハイパワーエンジンを積んで走りに振り切ったような追加モデルも欲しいところだな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)