新型デリカD5の最新情報!画像や発売時期、PHEVなどスペックは?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

貴様はデリカD5の「D5」はなんの略か知っているか?

デリカとして5代目にあたるからだそうだ。

「それじゃあ、同じ三菱自動車のデリカD2やD3は?」…その質問はNGだ。

それはともかく、デリカD5もデビューが2007年というから10年以上のロングセラーだ。

この10年間、そしてそれ以前からの問題で、三菱自動車の企業イメージは最悪の状態といってもいいほどだが、そんな中にあってもデリカD5は毎月1,000台近くの販売台数を稼いでいるのだから驚きだ。

パジェロ譲りの悪路走破性に加え、しっかり7人が乗車できる優秀なパッケージングが評価されているのだろうが、なによりタフギアなエクステリアデザインは素直に吾輩もいいデザインだと感じる。

10年経っても古びていないどころか、最新型の車に交じってもしっかりした存在感がある。

そんなデリカD5だが、いよいよフルモデルチェンジされることが確実となった。

名称は、「D2」や「D3」の件があるので、あえてなじみのない「D6」に変えるのかどうかは微妙なところだ。

ひとまず、今回は新型デリカD5で通すことにする。

新型デリカD5の画像は

新型デリカD5については、先の東京モーターショーに出品される、という前情報もあったが、実際には出品はされなかった。

実車は、まだ正式にはリリースされていないが、画像自体はいろいろとネットには上がっている。

ワイルドなSUV風のルックスにしっかり7人が乗車できるミニバン、というコンセプトは不変のようだな。

しかし、吾輩個人としては、ちょっとやりすぎのように思えるぞ。

なんだこのでかい口は。

さらに、フェンダーをでかくしてサイドラインの抑揚をつけようとしたんだろうが、これではタイヤが小さく見えてしまうではないか。

これではD5の持っていた、機能優先のミリタリー風味がなくなり、SFアニメに登場する戦車のような、ちょっと子供っぽいデザインといった印象を受けるぞ。

「トランスフォーマー」の続編には、そのまま無改造で出演できそうだが。

新型デリカD5の発売時期は?

新型デリカD5の発売時期は2018年秋~2019年初冬という情報をキャッチした。

当初はもう少し早い時期にモデルチェンジする予定だったようだが、現在でも販売は好調なので、あせらずに、現行型ひっぱるだけひっぱるということなのだろう。

魅力的な特別仕様車「アクティブギア」も用意されてので、もし貴様が新車スクープを見てがっかりしたなら、今が最後のチャンスということだな。

もうモデルチェンジやめて、D5のデザインで中身だけアップデートして販売してくれよ、と吾輩などは思うのだが。

新型デリカD5にPHEVは用意される?

航続距離の短いEVとガソリンのいいとこどりともいえるPHEV(プラグインハイブリッド)だが、すでに三菱では、アウトランダーで実績がある。

そのアウトランダーのシステムをそのまま活かしたPHEVも今のところラインナップされる予定のようだ。

当初は、開発中のクリーンディーゼルをベースにしたPHEVを搭載するという情報もあったが、そちらのシステムは開発が遅れているようで、フルモデルチェンジには間に合わないのだろう。

それにしても、早くからPHEVを市販化していたのに、後からPHEVのシステムを簡略したようなシステムでデビューした日産ノートe-powerがバカ売れしているのを見て、三菱自動車としては正直面白くないかもしれんな。



<スポンサーリンク>



新型デリカD5のスペックは

※画像はMITSUBISHI XM Concept

エンジンは、新たに発売されるSUVの「エクリプスクロス」と同じく1.5Lターボがベースグレードのようだ。

さらに2.2リッター直列4気筒DOHCディーゼルも開発中だが、これは間に合うかどうか微妙だ。

ディーゼル主戦場のヨーロッパでディーゼルエンジンに関する雲行きが怪しくなってきたからな。

これらに加えて、先に述べたPHEVというラインナップになる可能性が高いぞ。

しかしそれにしても、デリカスターワゴンの時代から、デリカといえばディーゼルというイメージが強いので、もしディーゼルが搭載されないとなると、魅力が半減してしまいそうだ。

新型デリカD5の室内は

新型デリカD5の情報として、車高が低くなり、さらに全長も短くなる、とういものがある。

確かに車高が低くなれば走行安定性は向上するしなによりスタイリッシュになる。

全長が短くなれば、その分、小回りも効くとメリットは多い。

しかし、その一方でミニバンのウリであるはずの室内空間の広さにはどうしてもしわよせがきてしまう。

現行型のD5は、極めてまっとうなパッケージングだ。

比較的短い全長にもかかわらず、しっかりと7人が乗車して快適に移動できるのが特徴だ。

しかし、新型では全長をさらに短くしたせいで、この美点が失われている可能性はあるだろう。

現行型よりも室内が狭いとなると、乗り換えようというモチベーションを下げてしまう危険性もあるな。

 

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)