小島瑠璃子の大学と高校はどこ?慶応や共立という噂は本当か?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今や「サタデープラス」で朝の顔を務め、「ヒルナンデス」でお茶の間に笑いを提供し、バラエティやスポーツ番組でも幅広く活躍する「こじるり」こと小島瑠璃子。

彼女はグラビアアイドルやタレントとマルチな才能を開花させているが、スタイルのよさや可愛らしいルックスだけでなく、頭のよさも注目されているぞ。

頭の回転が速いからこそ、番組で急に振られても的確な返しができたり、報道番組でも的確なコメントができるのであろう。

そんな小島瑠璃子だが、実は大学中退という噂があるぞ。

これほどまでに才女である彼女が、一体何故大学中退ということになったのか。

今日はその真相について探っていこうではないか。

 

小島瑠璃子について

 

小島瑠璃子は、1993年12月生まれ。

現在23歳という若さながら、バラドル、グラドルとして人気を集め、さらにはスポーツキャスターも務めるという多才ぶりを発揮しているぞ。

彼女が芸能界デビューを果たしたのは2009年のこと。

引用元:http://yumeijinhensachi.com/archives/375

所属事務所であるホリプロで開催された「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞したことがきっかけであるな。

3万3910人の中を勝ち抜いてのグランプリ受賞であるから、やはり光る物があったのであろう。

それだけでなく、彼女は頭のよさでも知られているぞ。

元々は「おバカキャラ」として認知されていたようだが、彼女の中学や高校時代が明らかになったことで、実は知性派であることが分かったのだ。

 



<スポンサーリンク>



高校は県立千葉東高校

 

彼女の頭のよさが分かるのが、高校時代に通っていた学校である。

どうやら県立千葉東高校に通っていたようだが、この高校は偏差値が70もあり、これだけでも小島がかなり頭のよい女性であることが分かるな。

そんな彼女であるから、一体どれほど有名な名門校に入学したのかと期待したのだが、どうやら彼女、大学をすぐに中退しているようだぞ。

 

通っていた大学は?

 

小島の大学は、彼女の頭脳から、早稲田や慶応、御茶ノ水などの名門校が噂に上ったが、ヒントは彼女自身のTwitterにあったようだ。

というのも、ファンから学校や友人に関する質問を受けた際、女子大だと答えたようだな。

これにより、ある学校に注目が集まった。

引用元:http://entertainment-topics.jp/49398

それは、共立女子大学である。

早稲田や慶応は共学であるため、対象外となったのであるな。

彼女は偏差値からもわかるように、元々かなり頭はよかったようだが、それでも大学入試時には猛勉強したようだな。

そうまでして手にした大学合格にもかかわらず、小島はわずか1年で大学をやめてしまう。

その真相は一体何かと言うと、どうやら仕事にあったようだな。

大学入学後のタイミングで、徐々に仕事が増え、忙しくなったため、学業との両立ができなくなったというのが大きな理由と言われているぞ。

大学進学を果たしたものの、小島自身も仕事に力を入れたいという思いがあり、結果として大学をやめることを選択したようだ。

入学3ヶ月で断念?

大学をやめたのは入学して1年後のようだが、どうやら実際には、もっと早い段階で限界を迎えていたようだな。

入学3ヶ月ほどでかなり両立は難しくなっていたという見方もあるぞ。

中学時代は本人曰くガリ勉だったらしく1日に10時間も勉強していたようだし、高校も偏差値70の名門のようだが、小島は高校生で芸能界デビューしているため、当然勉強の時間は減っていく。

そのため、みるみる成績は落ち、高校時代の友人には中の下あたりであったようだ。

それでも懸命に勉強して大学に入った努力は素晴らしいが、やはり勉強か仕事かとなった時に、仕事をゆうせさせたのだな。

小島は今やテレビで引っ張りだこであるし、大学をやめた当時も仕事が増え始めていたようだから、芸能界を目指す上では正しい選択だったのではなかろうか?

小島が大学をやめたことを告白する場面の動画があるので、参考に載せておこう。

小島としても死にものぐるいで勉強をしてなっと入った大学であるから、1年でやめてしまうというのは簡単な選択ではなかったことであろう。

しかし、小島が大学に通えなくなった理由は乱れた生活などではなく、仕事が理由であるから、致し方ない一面もあるであろう。

一流企業に入るわけでないのなら、必ずしも大学にこだわる必要はない。

小島は自分の未来のために最善の選択をしたと言えよう。

今後もテレビで明るく元気な姿を見せてくれる彼女の活躍に期待が募るばかりである。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)