大谷翔平の身長推移は?まだ伸びてる?小学校から中学高校現在まで

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

高校時代から大きな注目を集め、直接メジャーに挑戦かともうわさされたが日本ハムファイターズに入団した大谷翔平。

その力をいかんなく発揮して大活躍、2018年から念願のメジャーを舞台に戦うことが決定した。

大谷翔平と言えばその高身長も魅力の一つ、彼は小さいころから身長が大きかったのだろうか、小学校時代から現在までの大谷翔平の身長の推移を紹介しよう。

大谷翔平の小学校時代の身長は?

引用:http://proyakiu.net/2016/11/19/393/

それでは大谷翔平の身長の推移を紹介しよう。

小学校6年生の時の大谷翔平の身長は167cm、小学6年生の平均身長より20センチ以上高く、少年時代から高身長だったことは間違いありません。

小学生時代のエピソード

小学校3年の時に「水沢リトルリーグ」で野球を始めた大谷翔平、リトルリーグ時代にすでに120km/hのストレートを投げていたというから驚きだ。

リトルリーグの平均球速はおよそ100km/h、すでに周囲よりも速いストレートを投げ込んでいたわけだな。

やはりその恵まれた身長が小学生ながらにして速いストレートを投げ込むベースとなったのは間違いなさそうだ。



<スポンサーリンク>



大谷翔平の中学時代の身長は?

中学3年時の大谷翔平の身長は180cm、すでに日本人成人男性の平均身長を超えているな。

中学時代のエピソード

中学1年生時代福島県で行われた合宿でセンターオーバーの場外ホームランを放った大谷翔平、そのボールはなんと歩行者用の信号機に直撃、壊してしまったとのこと。

その推定飛距離は120メートル以上、2017年まで本拠地にしていた札幌ドームであってもホームランになるとんでもない打球を中学1年時に放ったということだ。

そして全国大会に出場した時には、投手として18個のアウトのうち17個を三振でとるというバケモノじみた記録も達成している。

中学生時代から将来二刀流として活躍をすることが伺わせるエピソードだ。

大谷翔平の高校時代の身長は?

 

引用:http://number.bunshun.jp/articles/-/248016

大谷翔平は高校入学時に180㎝だった身長が、卒業をするときには190㎝を超えていた。

さらに入学当時は65キロ程度だった体重が卒業時にはおよそ85キロと、プロで戦うための体ができてきた。

ちなみに同級生で阪神に1位指名で入団した藤浪晋太郎も高身長で知られており、大谷よりも長身の197㎝ある。

高校時代のエピソードは?

高校は野球の強豪校である花巻東高校に入学、先輩には現在西武ライオンズのエースとして活躍をしている菊池雄星などがいる。

小学校、中学校時代も注目をされていた大谷翔平だが、その名前が全国にとどろいたのは花巻東時代なのは間違いない。

高校1年の時は野手に専念していた大谷翔平、しかし強豪校ながら1年で4番を任されるなどその才能は発揮していく。

2年の秋からエースとなった大谷翔平、MAX151㎞/hの球速でみちのくのダルビッシュとして名をはせた。

余談だが、〇〇のダルビッシュは数多くいたが間違いなく最も活躍をしたのが大谷翔平だろう。

高校3年の春の選抜で甲子園に出場した大谷翔平、大阪桐蔭の藤浪晋太郎からホームランを放ち注目を集める。

そして世間を驚かせたのは3年生夏の地区予選、アマチュア野球界初の160km/hを記録し大きな話題となった。

しかし地区大会の決勝戦、盛岡大付戦に先発した大谷翔平は15三振を奪うも5失点を喫し敗北、夏の甲子園出場はかなわなかった。

大谷翔平の現在の身長は?まだ伸びているの?

引用:https://shop.fighters.co.jp/shopping/goods

大谷翔平の現在の身長は193cm、19歳のシーズン終了時の検査で身長が止まったことがわかった。

そのため大谷翔平の身長がここから延びることはないはずだ。

骨の成長が終わり本格的に体づくりを始めた大谷翔平はウェイトなどトレーニングを増やして今の体を作っていく。

二刀流として活躍をする大谷翔平の身長は止まったが、メジャーのトレーニングでさらなる肉体改造がなされるかもしれない、メジャー移籍後の大谷翔平の体に注目をしたい。

大谷翔平の身長が高い理由

大谷翔平がここまで高身長になった理由は幼少期からの栄養やトレーニングなども理由に上がるだろうが、何より家系的なものが大きいだろう。

父は元社会人野球の選手、母は国体に出場経験のあるバトミントン選手でそれぞれ180cm、170cmと高身長だ。

独立リーグの高知ファイティングドックスでプレイ経験のある兄は現在社会人チームで選手兼コーチとして活躍、身長はやはり187cmと非常に高い。

姉も167cmと高身長で従兄弟も192cm、大谷家は高身長の者が多くさらにアスリートも多いことがわかる。

そのたぐいまれな身体能力と野球センスでメジャーへと向かった大谷翔平のこれからの活躍が楽しみだ。

そういえば、大谷翔平のイラストをキャプテン翼の高橋陽一先生が描いたものがあるが、申し訳ないが全く似ていない。

もうすこしクオリティの高いイラストにしてほしかった。

→大谷翔平を高橋陽一が描いたイラストの缶バッジがこちら

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)