名古屋からの移籍も覚悟した天才杉森考起の覚醒!そのプレースタイルは?彼女の噂も?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今日は名古屋グランパスでプレーする杉森考起について話してやろう。

杉本考起は少年時代から将来を嘱望され一部のファンから注目され続けてきた20歳の選手である。

その細い身体つき、あどけない表情から最近では女性ファンも増えてきているようだな。

しかし、そんな優男のこれまでのプロ生活は決して順風満帆とはいかなかった。

それでは杉森考起のこれまでの経歴とそのプレースタイル、プライベートなどについてまとめて聞かせてやろう。

【杉森考起】将来を約束された少年は16歳でプロ契約をする

杉森考起は名古屋のベッドタウンでもある愛知県春日井市出身。

幼い頃から始めたサッカーで頭角を現すのに時間はかからなかった。

小学3年で名古屋グランパスの下部組織に入団し、小学6年時には全日本少年サッカー大会で優勝をしている。

この大会で杉本は9試合17得点と言う驚異的な活躍をし、その将来性への期待を一気に高めていった。

その後も順調に成長を続けた杉森考起は、何と高校1年時の16歳でトップチームとプロ契約を結ぶ。

この際の契約についてクラブ関係者が語るところによると、フランスのクラブからのオファーが既に届き始めていた杉本が青田買いされるのを阻止する意図もあったそうであるぞ。

「名古屋グランパス育成の最高傑作」と呼ばれていた杉森考起が、将来的にクラブへもたらすであろう莫大な利益をクラブは簡単には放棄したくなかったのだろう。

【杉森考起】大人しく控えめな草食系男子?

そんな天才杉森考起は非常におとなしく控えめな性格であるそうだ。

クラブイベントなどで選手が街でチラシ配りなどをする際も、チラシを受け取ってもら無かった時などにシュンと肩を落としてしまう様な姿も目撃されている。

ただ、イマドキはそういうガツガツしない草食系男子がモテる世の中でもある。

杉森考起の様にプロサッカー選手なのにかわいい顔というスペックが加われば、世の女たちは放っておかぬだろう?

杉本に彼女はいるのか?彼女は誰なのか?ファンの間ではそうしたプライベートな事まで大きな話題となり盛り上がっているようだ。

まあ間違いなく女はいるであろうな。モテる要素しかないからなこの男には。



<スポンサーリンク>



【杉森考起】プロ入り後の苦悩

16歳と言う若さで名古屋グランパスとのプロ契約を結んだ杉森考起だったが、その後3年以上に渡って辛い時期を過ごす。

いくら杉本が天才プレイヤーと言えども、名古屋グランパスはJ1クラブであり、トップチームには名の知れた選手しかいない。

そうした環境で杉森考起は3年間でリーグ・カップ戦を通算しても13試合の出場しか出来なかった。

しかも2016年シーズンは名古屋グランパスがリーグで苦しい戦いを強いられ、クラブ創設以来初めてのJ2リーグへの降格が決定してしまう。

杉森考起はプロサッカー選手として苦悩した。

チームは下のクラスへ降格、しかし自分はそんなチームにあってもほとんど出場機会を得られない。

シーズン終了後、杉本は出場機会を求め他クラブへの移籍を志願したそうである。

場合によっては完全移籍でも構わない、そんな覚悟も決めていたそうだ。

サッカー選手は試合に出ていなければ自らの評価を決して上げていく事が出来ない。

杉本が移籍を希望したのも当然であろうな。

【杉森考起】風間八宏監督の指導により覚醒

J2リーグへと降格した名古屋グランパスは、名将風間八宏を監督として招聘する。

年俸の高い主力選手のほとんどを他クラブへ移籍させ、若い選手を中心とした新しい名古屋グランパスのチーム作りに着手した。

移籍希望を表明していた杉森考起はクラブに残留、風間監督のもと若いチームの中心選手としての活躍を期待される事となった。

杉森はその期待に応えるべく奮闘し、2017年シーズンの開幕スタメンを勝ち取る。

しかし、風間監督の求める高い要求に最初からしっかりと応える事は出来なかった様だ。

名古屋グランパスの今期の戦いを分析すると、風間監督が何回か杉森考起を「落第」させている事が分かる。

風間監督はその選手のパフォーマンスに満足をしていないと、かなり早い時間帯であってもその選手を交代させる傾向があり、その選手は次の試合には先発では使ってもらえない。

杉森考起はリーグ開幕から序盤にかけて、少なくともこの「落第」を3度経験している。

「彼の才能やスキルの高さは分かっているしチームで一番上手い選手だと思っている それだからこそもっとやってくれないと困る」

これが風間監督の杉森評である。

幼き頃から天才として騒がれ、16歳と言う異例の若さでプロ契約をした名古屋育成の最高傑作である杉森考起を風間監督はチームの中心選手に育て上げようとしているのであろう。

3度の落第を経たものの、杉森は今シーズン覚醒したと言える。

ゴール数こそまだ2得点と物足りなさはあるものの、チームの得点チャンスには非常に良く絡んでいる。

その柔らかいボールテクニック、スピード感のあるドリブル、ポジショニングの良さ、そうした杉本が持つ天性の才能が発揮されている。

それだけではない、風間監督の方針で才能のある選手は複数のポジションを任せられる。

杉森はこれまでにやった事の無いウイングバックなどのポジションでプレーするなど、確実のその選手としての幅も広げている。

20歳になり、プロサッカー選手として真の戦いを始めたばかりの杉森考起。

今後どういう選手へと成長してくのか、非常に興味深いであろう?

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)