石原さとみの校閲ガールDXスペシャルの髪型や・髪の毛アレンジは?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今や、彼女をテレビで観ない日は無いのではないか。

と、いうほどの大活躍をしている石原さとみだが2016年に放送されたこちらも彼女の主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」は貴様たちも放送中は視聴者として楽しんでいたのではないか?

そして、この校閲ガールは、2017年9月にDXスペシャルで続編が放送されたがこれも貴様たちは観ていたに違いないだろう。

今回は、そんな校閲ガールでの石原さとみの髪型や髪色について特集してやる。

何をやっても似合ってしまう魔法の様な女である石原さとみから、貴様たちも少しは女子力を学ぶと良いだろう。

●石原さとみプロフィール

 

芸名:石原 さとみ(いしはら さとみ) 生年月日:1986年12月24日 出身地:東京都 身長:156㎝ 血液型:A型 所属事務所:ホリプロ 職業:女優

石原さとみというのは、本名だと思っていたが実は芸名なんだな。

彼女の本名は非公開になっているが、同じホリプロに所属している綾瀬はるかも芸名で同じく本名は非公開になっているぞ。

綾瀬はるかも石原さとみも、ホリプロの看板女優だがどちらも本名が非公開という点で更に彼女達の事を知りたくなってしまう。

これも、事務所の作戦なんだろうか。

2002年にホリプロのオーディションでグランプリを掴み芸能活動をスタートさせた石原さとみについての経歴などの説明は不要だろう。

日本を代表する人気女優の1人だ。



<スポンサーリンク>



●石原さとみ主演の校閲ガールってどんな話?

石原さとみが主演し、2016年10月から日テレ系列で放送されていたドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。

この作品は、日テレのオリジナル作品ではなく宮木あや子原作の小説が元になっているドラマだ。

勿論、貴様たちは校閲ガールのストーリーは知っているだろうがまさかとは思うが知らないやつもいるかもしれない。

ここで、石原さとみが主演した校閲ガールのストーリーを簡単に紹介してやろう。

感謝するんだな。

主人公の河野悦子(石原さとみ)は、ファッション誌「Lassy」の編集部に就職することを夢見ていた。

7度目の就活でやっと採用されたのだが、配属されたのは憧れていた編集部ではなく校閲部だった。

校閲部とは、雑誌などに掲載される文章に誤りが無いかをチェックする部門の事で悦子はこんな地味な仕事は興味が無いと当初は全く仕事に対してやる気などを持っていなかった。

だが、仕事を続けていく内に本などから様々な知識を身に付けていきこれらが今後編集部に異動になった際に役に立つのではないか。

と、考える様になり校閲の仕事に対してやる気を持ち出していく。

という様なストーリに―なっている。

因みに、石原さとみ以外の校閲ガールの共演者は俳優の菅田将暉、青木崇高、女優の本田翼らだ。

逆転の発想とは、まさに悦子の事を言っているのかもしれないな。



<スポンサーリンク>



●校閲ガールDXの石原さとみの髪型や髪色は?

さて、2016年12月に放送が終了した石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」だが2017年9月20日に続編スペシャルとして、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX」が放送され話題を集めた。

このドラマ自体がファッション雑誌を扱っていることから石原さとみのファッションや髪型には大きな注目を集めていたがこのスペシャルでは特に石原さとみが念願叶い編集部に異動になった後が描かれている為に物語の展開にも話題が集まったがそれ以上に、彼女の髪型などが再注目を集めていた。

そこで、石原さとみの校閲ガールDX時の髪型や髪色を紹介してやろう。

調べてみたのは、校閲ガールDXの公式twitterだ。

そこで、こんな髪型の河野悦子(石原さとみ)を見つけた。

スカーフで髪型をアップしているヘアスタイルだ。

この写真の石原さとみは、肩を大胆に露出した衣装を着ているのでサイドで髪をまとめ更にスカーフでアクセントをつけているとまさにお洒落街道まっしぐらのヘアスタイルだ。

こんなヘアスタイルが似合うのは、さすが石原さとみだ。

鎖骨などが見えて、セクシーに見えるのもお洒落上級者のワザだな。

髪色でいうと、校閲ガールDX時は薄い茶髪といったところだろうか。

校閲ガール全てのストーリーを見ても、悦子はスカーフを使用している率が高かったと思う。

だが、DXになってさらにお洒落に磨きがかかっている。



<スポンサーリンク>



●まとめ

どうだったんだ。

石原さとみ主演の校閲ガールは、そのお洒落なファッションが話題を集めて貴様たちもマネしていたのではないのか?

スカーフを使用するという、一歩間違えれば残念すぎるファッションにもなりうるアイテムを高難度の技術で使用している悦子。

流石だ。

貴様たちもマネをするのはいいが、あれだけ似合って見えるのは石原さとみだからだ。

ということを忘れないことだな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)