川栄李奈のAKBの卒業理由は?卒業後勝ち組の理由は?人気女優へ!

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

川栄李奈といえば元AKBのメンバーであり、卒業後は女優として順調に活躍の場を広げているので、AKB卒業後勝ち組とも言われているらしいな。

早すぎる卒業だとAKBメンバーからも声があがっていたようだが、川栄李奈がAKB卒業を決意した理由は結局なんだったのだろうか?

そんな川栄李奈のAKBの卒業理由と、なぜ卒業後勝ち組と評価されているのかを調べてやったのでありがたく思え。

●川栄李奈はAKB時代、どんなアイドルだったのか?

川栄李奈がAKBのメンバーになったのは2010年で、第11期研究生としてデビューし、2012年に正規メンバー入りしている。

AKBという競争社会で上位メンバーに勝ち上がっていく事は容易なことではないだろうし、上位メンバー入りしたとしても世間的な知名度があるかといえば、必ずしもそうではないのが実状だろう。

そんなアイドル競争社会において、川栄李奈が世間に知られていったきっかけは、2013年に出演したバラエティー番組の学力テスト企画だというのが定説になっているようだ。

その学力テスト企画で川栄李奈は最下位となってしまうのだが、それを機にAKBの”おバカキャラ”の一人として、川栄李奈の名前が幅広い世代に広まっていくようになったようだ。

後に川栄李奈は本当は名門校出身で、あの企画はヤラセではないかという噂がネットに広まったが、実際は県立高校を芸能活動が多忙になった為に中退し、通信制高校に編入して無事に同校を卒業している。

そんな間違った噂が流出してしまうほど川栄李奈は注目されていくようになり、ある番組で「バラエティー番組は苦手だ」と発言した事が意地悪く切り取られ、女優気取りと叩かれたりもしたようだが、それだけ注目されるアイドルだった。

川栄李奈はAKBメンバーによるドラマ「マジスカ学園」シリーズへの出演を経て、2014年1月には連続ドラマ「SHARK」に単独で出演している事から、アイドル時代から川栄李奈には演技の才能があったのかもしれないな。

アイドルとして徐々に世間に顔も名前も知られてゆき、単独でのドラマ出演も果たすなど順調な出だしだと思われたこの2014年、川栄李奈にとって試練ともいえる、大きな転機となる事件が起きてしまう。



<スポンサーリンク>



●川栄李奈のAKBの卒業理由は、なんだったのだろうか?

アイドルとして順調に売れ始めたようにも見えていた川栄李奈に、AKB卒業を決意させた理由とは何だったのだろうか?

川栄李奈は2014年5月に岩手県で開催された握手会で、男に刃物で切りつけられる事件に巻き込まれ右手に傷を負っている。

その事件からわずか2週間後、川栄李奈は選抜総選挙にサプライズで登場し、まだ完治していない右手に包帯を巻いた姿で「私は絶対に負けません!」と気丈に振る舞ったのだが、実際は心に深い痛手を負っていたのだろう。

握手会での事件以降、川栄李奈は握手会に出られないと公言しており、何か違った形でAKBに恩返しがしたいと道を模索しながら、卒業するかしないか悩んでいたようだ。

そんな状況下、川栄李奈が握手会に出られない事を批判するような書き込みがネットに出回るようになり、この事に彼女は大きなショックを受けたという。

また、彼女の頑張りが裏目に出てしまったのか、「復帰がはやすぎる。握手会事件そのものがねつ造で、売名行為なのではないか」という心ない誹謗中傷も出回っていたというのだから、握手会事件後の川栄李奈は、精神的にも相当に辛い時期を過ごした事だろう。

後に川栄李奈は「握手会事件が起きた事で、自分が鍛え直されたのだ」とのコメントを残している。

事件の当事者として、また一部の心ない人達からの誹謗中傷にさらされ、我々の想像を絶するほど苦しみ、傷ついた事は間違いないだろうに、そう考えて前に進んでいく川栄李奈は輝いて当然だろうし応援したくなった。

川栄李奈のAKB卒業は2015年3月に発表され、同年8月の卒業公演を最後に彼女はAKBを卒業してアイドルから女優へと本格的に転向している。

●川栄李奈が卒業後勝ち組と噂されている理由は?

アイドルを引退した川栄李奈の初めての女優業は、舞台「AZUMI幕末編」での初主演だった。

川栄李奈にとって初舞台での初主演であり、元AKBという肩書きも当時はプレッシャーの材料でしかなかったように思うが、彼女の演技はメディアや業界内からも高い評価を受けている。

主演舞台 「AZUMI幕末編」を皮切りに、川栄李奈はドラマを中心に女優として活躍の場を広げていく。

2016年にはNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」にレギュラー出演して話題を呼び、また映画「デスノート」では史上最悪のデスノート所有者、青井さくら役を演じるなど、演技の幅を広げている。

AKB時代の川栄李奈は”おバカキャラ”のイメージである程度の知名度を獲得し、それなりに人気はあっただろうが、アイドルとしては決してトップクラスではなかった。

川栄李奈の他にもAKB卒業後、女優として活躍している者もいるが、それは常にセンターとして目立つ活躍をしてきた人ばかりなので、川栄李奈の女優としての活躍は、彼女の演技が評価された証だと言えるだろう。

2018年4月からは笑福亭鶴瓶が司会を務めるトーク番組「A-studio」の10代目アシスタントの起用が決まった。

すでに一定のポジションを確立している川栄李奈だが、この番組への出演でさらなる飛躍が期待され、活動の場も広がっていくことだろう。

●まとめ

今回は川栄李奈のAKBの卒業理由と、卒業後勝ち組と言われている理由を調べてやったぞ。

アイドルとして軌道に乗りかけていた時期に、卒業を決意させる様な事件に巻き込まれて川栄李奈は女優へと転向するしかなくなったのかもしれない。

しかし川栄李奈の女優としての実力は本物であり、また彼女の前向きな気持ちがその躍進を支えているのだろう。

今後も活動の場を広げていくだろう川栄李奈の活躍について、また機会があれば調べて教えてやろう。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ

 









<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)