札幌へ完全移籍の福森晃斗の日本代表選出の可能性は?結婚相手優奈と父親について

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

北海道コンサドーレ札幌に、その正確無比なクロスボールで、チームのチャンスを次々に生んでいる男がいる事は知っているか?

その男の名は、今や日本代表にも選ばれるのではと話題にもなっている福森晃斗。

今期久しぶりにJ1への復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌にとっての悲願でもあるJ1残留を果たすために欠かせない選手として、サポーターからも大いに期待をされているそうだぞ。

今回はそんな福森晃斗のこれまでの経歴や日本代表選出の可能性、また結婚相手や父親についてなどプライベートな事までまとめて聞かせてやろう。

【福森晃斗】家族思いの謙虚な少年

福森晃斗は神奈川県藤沢市出身。

幼稚園時代から3つ上の兄と共にサッカーを始めたそうだ。

両親はもともとテニスをやっていたらしいが、息子たちがあまりにサッカーに夢中になっているのを見て、自らもサッカー審判員の資格を取得し、息子の通う少年団のコーチになったと言う話だ。

何とも愛された子供時代を過ごしたのであるな。

兄弟はサッカーをするのが楽しくてしょうがなく、うちに帰ってからも部屋の中で音を立てて叱られない様にしながら練習をする程であったそうだ。

福森の繊細なボールタッチはもしかしたらこの時に身につけたものであるのかも知れぬ。

福森曰く「地元の中学は県内でも無名なサッカー部」であったが、福森が3年生の時には何と全国大会に出場。

柴崎岳のいた青森山田中学に3回戦で敗れたものの、この大会で福森は一気にその名を売り、いくつかのサッカー強豪校から誘いも入る様になった。

兄が両親の勧めで公立高校へ進学していた事もあって、福森は両親に自分も地元の公立高校へ進学すると言っていたそうだ。

どうやら兄や両親に対して気兼ねをしていた様だと、後に父親は語っているぞ。

福森の本心が分かっていた父親は、福森に誘いがあった複数の学校の中から自宅からも通える桐光学園へ進学する事を後押ししてくれたそうである。

こうしたエピソードを見ても、福森が謙虚な少年であり家族思いであったが非常に良く伝わってくるな。

桐光学園時代の福森は激戦区神奈川県代表として全国大会への出場はならなかったが、ここでも福森のその人柄を垣間見る事の出来るエピソードがある。

高校3年での最後の試合。

桐光学園は県予選準々決勝で桐蔭学園に敗れている。

勿論この試合は福森にとっても絶対に負けたくない試合であった。

しかしインタビューなどでは「普通にあっさり負けました」とコメントする事が多かったそうだ。

実はこの試合は0-0からの延長戦でも決着がつかずPK合戦でその勝敗を決した。

PK合戦の5人目キッカーとして福森はPKに成功、しかし次にキッカーの失敗によってチームの敗退が決まった。

失敗した選手は2年生。

福森は誰よりも先にその2年生のそばへ行って慰めている姿を父親はしっかりと見ていた。

熱い気持ちを持ちながらも、それを表に出さずむしろ人に対して優しく気遣いをする男。

福森晃斗はそんな選手であったのだ。

【福森晃斗】川崎フロンターレから札幌へ

桐光学園卒業後、「高校屈指のディフェンダー」として注目されていた福森は川崎フロンターレへの加入。

チームの戦術と福森のプレースタイルがあまりフィットしなかった事もあり、なかなか出場機会に恵まれずにいた。

福森のフロンターレ時代にはこんなエピソードもある。

当時、フロンターレはケガ人が続出している状態、福森にはある意味で出場のチャンスなのにもかかわらず、こんな事を父に言ったそうだ。

「練習で激しくプレーしてこれ以上ケガ人を出したら大変なことになる。だから思い切っていけない。」

幼い頃から兄に追いつこうという闘争心は人一倍ある子どもであった、しかしふとした瞬間にその根っこにある優しさが顔をのぞかせる。

プロアスリートに不適格と思う者もいるかも知れないが、何とも人間味にあふれる選手ではないか。

そんな福森であったが、2015年出場機会を求めて北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍をする。

こうして居場所を変えた事で福森晃斗の持っていたその潜在能力は大きく開花する事になった。



<スポンサーリンク>



【福森晃斗】札幌のエース都倉賢とのホットライン

福森のストロングポイントは、その左脚から繰り出される繊細なロングキックである。

北海道コンサドーレ札幌にはこの福森の長所を最大限に活かす事の出来るストライカーがいた。

札幌の絶対的ストライカー都倉賢である。

都倉は持ち前の身体能力を活かした高打点からのヘディングシュートを武器にしていた。

ゴール前にピンポイントでクロスボールを上げる能力がある福森にとって都倉はそれをゴールに変えてくれる存在であったのである。

まさに福森と都倉はホットラインと呼ぶに相応しいコンビとなっていくのであった。

また、福森はその左脚で直接フリーキックのキッカーも任される様になっていく。

川崎フロンターレでは活かす事の出来なかった福森の能力が、北海道コンサドーレ札幌にとっては必要とされたのである。

そして2016年、北海道コンサドーレ札幌は長かったトンネルを抜け、J2優勝という最高の形でJ1昇格を決めたのだ。

【福森晃斗】浦和レッズからのオファーを蹴り札幌残留

福森の北海道コンサドーレ札幌での活躍はJ1クラブからも注目される事となる。

浦和レッズのペトロロビッチ監督は札幌まで福森優斗獲得のための説得に出向いたとも言われている。

しかし、福森はこのオファーを断った。

いくら高い年俸を提示されたとしても、確実に自分を必要としてくれている札幌でもプレーを選んだのだ。

「浦和レッズがオファーを出せば、その高額年俸に目がくらみほとんど断られる事は無い」とまで言われているのにも関わらずである。

ただ、これも福森らしいエピソードであるのかも知れないな。

【福森晃斗】嫁と言われる優奈とは?

福森優斗は2016年の夏に結婚をしている。

相手の女性は一般人であるので名前などは公開されていない。

しかし、ネット上ではこんな噂も「福森の嫁はすすきのスナックストリートの優奈だ」

この噂の真相は分からぬが、そうであってもなくても構わないであろう?

何にしても福森は太りやすい体質である為、嫁がいろいろと工夫をこらした食事を作って体調管理をしてくれているのに感謝しているとも言っているそうである。

実に良い嫁ではないか。

【福森晃斗】日本代表選出の可能性

福森優斗が日本代表に選ばれるとすれば、それは都倉賢の様なストライカーが代表にいる事が前提条件となるであろう。

そうした意味では、ケルンの大迫勇也の様な選手は福森との相性も良いかも知れぬ。

そして福森はまだ24歳であり、今後プレーの幅を広げていく可能性も高い。

北海道コンサドーレ札幌で続けてきたこれまでのパフォーマンスを更に発展させる事が出来れば、福森にも日本代表入りのチャンスは必ずやってくるであろう。

しかし、本人は日本代表の事など考えてはいないであろう。

まずは北海道コンサドーレ札幌の今期J1残留。

この目的のためだけに日々強い情熱をもってサッカーに取り組んでいるに違いない。

今後も北海道コンサドーレ札幌福森優斗には注目をして参ろう。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)