レイデオロの名前の意味と由来は?岡田総帥のダービー予想と言い訳がヒドイ?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今回は貴様が知りたい日本ダービー馬レイデオロについて解説してやろう。

レイデオロという名前の意味と由来の他、競馬ファンなら知っている人も多い名物馬主岡田総帥のダービー予想と言い訳を紹介するからしっかり聞くように。

レイデオロの名前の意味と由来は?

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/keiba/keiba/2017/04/13/___split_44/

レイデオロは2016年10月9日に東京競馬場で開催された新馬戦で圧倒的な1番人気に応えて見事に勝利、その後葉牡丹賞、ホープフルステークスと三連勝を果たして牡馬クラシック路線の主役の1頭となった。

皐月賞では5着に敗れるが日本ダービーでは2番人気に支持され見事に勝利、ダービー馬の仲間入りを果たした。

さてレイデオロの名前の由来に話を移そう、レイデオロとはあまりなじみのない名前だがスペイン語で「黄金の王」という意味を持つ。

これは両親の名前から連想されたもので父は「キングカメハメハ」。

キングカメハメハの名前の由来はもちろん初めてハワイ諸島を統一し、ハワイ王国の初代国王となったカメハメハ1世がその由来となっている。

母はラドラーダ、こちらはスペイン語で「黄金の女性」という意味になる、カメハメハ大王が由来の父と黄金の女性の間に生まれた子供、つまり「黄金の王」というわけだ。

競走馬の名前の由来はいろいろなパターンがあるが、かなりおしゃれな由来を持つ競走馬がレイデオロといえるだろう。

黄金の王の名前を持つレイデオロ、すでに名前負けをすることなく日本ダービーを制覇した。これからも黄金の王として活躍する姿が楽しみだ。



<スポンサーリンク>



岡田総帥はどんな人?

引用:http://race.sanspo.com/keiba/news/20131220/ope13122005110027-p2.html

競馬ファンなら知っている名物馬主の岡田総帥、彼を知らない人のために説明をしてやろう。

岡田総帥の本名は岡田繁幸、クラブ法人株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアン前代表取締役社長である。

実家は牧場を経営している岡田総帥、日本大学獣医学部中退後、アメリカへ渡り馬産の修行に励む、アメリカ時代に仔馬のラフィアンの才能をいち早く見抜いたという岡田総帥、サラブレッドクラブ・ラフィアンはそのエピソードを元に名づけられた。

ラフィアンは仔馬当時誰も見向きをしないような存在だったが、岡田総帥は一目見て名馬になると予感したという。

ラフィアンは岡田総帥の予感通り競走馬として大活躍、デビューから負け知らずの10連勝で当時のニューヨーク牝馬三冠を達成した。

サラブレッドクラブ・ラフィアンは一口馬主のクラブで牡馬には「マイネル」、牝馬には「マイネ」の冠号がつけられ「マイネル軍団の総帥」と呼ばれていたことから岡田総帥とファンに親しまれるようになる。

最大手の一口馬主クラブと比較するとマイナーな血統が多いマイネル軍団、血統的にはマイナーでも岡田総帥の相馬眼にかなった馬は値段以上の活躍をすることが多く人気も高い。

しかし超高額馬で失敗したり、将来性が豊かで名馬になると予言した競走馬がさっぱりだったりというパターンも多く、相馬眼が優れているのか全くダメなのかよくわからないことになっている。

所有馬の将来の活躍を大風呂敷を広げてアピールする岡田総帥、そのキャラクターをファンは愛してやまない。

岡田総帥のレイデオロのダービー予想と言い訳

引用:http://www.jra.go.jp/news/201702-02tokyo/index.html

レイデオロが見事に制した日本ダービー、この第84回日本ダービーを高い相馬眼を持つ岡田総帥が大胆に予想をした。

それは「レイデオロは5着にも入らない」というもの、2番人気とファンに支持されているレイデオロはダービーでは馬券的に不要と切り捨てたわけだ。

その根拠は今の時代血統表にサンデーサイレンスが入っていないと厳しいというもの、実際レイデオロの血統表にはサンデーサイレンスの文字はない。

しかしこの前の週に同じ条件で行われた牝馬G1のオークスでは1着のソウルスターリング、2着のモズカッチャンにはサンデーサイレンスが入っていない。

ソウルスターリングは海外の超一流場同士の血統だからいいとしても、モズカッチャンにもサンデーサイレンスが入らない血統である。

そしてこのときの岡田総帥の本命はアドミラブル、1番人気に支持されており結果は3着、一応馬券には絡んだので大きく外したわけではない。

しかし2番人気の勝利馬をバッサリ切り捨てた岡田総帥、全国のファンからはまたやりやがったというような恒例行事を見る雰囲気があった、一部信用してレイデオロを切り捨てたものもいたようだが……。

レイデオロをバッサリ切った岡田総帥の言い訳は、「あれは番組面白くしようと大げさに言っただけだから 」といったもの。

まさに競馬芸人として岡田総帥は仕事を果たしたともいえる、これからも岡田総帥の予想には要注目、ただし馬券は自己判断で買うように。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)