小比類巻貴之とK1の確執の真相!逮捕・横領なんて絶対ない理由!

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今回は本当に腹が立った。

小比類巻に?いや、K-1にだ。

真相については、正直お互いの主張があるのではっきりとはわからないが、今マスメディアに出ている内容からしてみたら、横領という言葉がどこから出てきているのかがわからない。

そもそも最近のK-1自体、いろんなもめ事で選手やジムの離脱が相次いでいる。

那須川天心という存在

すべての理由は那須川天心の存在かもしれない。

彼のカリスマ性と強さはもう日本格闘技界の中でもトップ。

ボクシング界でも井上尚弥がカリスマ的存在として取り上げられているが、ポテンシャル的には、那須川天心の方が、キックボクシングとMMA、そして今後ボクシング界にも乗り込む可能性があることを考えると、上のような気がする。

そして下火になり必死に足掻いているのが今の新生K-1。



<スポンサーリンク>





K-1の選手たちは?

新生K-1も面白くなってきた。

いろんな個性のある選手が出てきた。

今までは武尊頼みだったのが、野杁やゲーオ、那須川天心とも対戦経験のある同い年の西京春馬。

そして先日久しぶりに勝利を収めた、小澤海人。

大阪の池田市が応援している、皇治。

そしてアンタッチャブルの卜部功也。

そして武尊以外の那須川天心との対戦を期待されているもう一人の天才、武居由樹。

さらには、暗黒時代からやっと抜け出せた木村フィリップミノル。

最後は、木村の同僚、久保優太。

そしてキャラ的に盛り上げてくれる、きーちゃんこと城戸康裕。

外国人選手もあげていくときりがないくらいおもしろい選手がたくさん出てきた。

階級的には以前のk-1からすれば小柄な選手が多いが、スピード感やKOなどもかなり出ていて私は好きだった。

試合運びも首相撲などなく、初心者でも楽しめるルール設定になっているのが魅力。

しかし、すべては那須川天心の出現で今までの新生K-1があたふたしているようにみえる。



<スポンサーリンク>





武尊VS那須川天心

ファンは武尊と那須川天心の闘いを観たがっているし、2人も大筋闘いたいという希望は出している。

しかし数年前までのK-1には那須川天心とやるメリットが全くなかったためスルーしていた。

しかし今はK-1の団体や選手以上に那須川天心の人気や注目度が上がってきて、無視できないところまで来てしまった。

しかし、K-1は自身の利益を守るため、那須川天心と武尊の試合を行わない。

RIZINという比較的中立な舞台でもだ。

その理由は武尊が仮に負けてしまったら、K-1の2階級チャンピオンが那須川天心よりも劣るということを意味している。

これでは、世界チャンピオンとは呼べなくなってしまう。

他にもいろんな事情があるのだろう。K-1はやっとここまで復活してきたが、那須川天心の出現で、ファンからの不信感を持たれている。

なぜ那須川天心からここまで逃げているのか?

武尊もK-1への恩があるため、なかなか本音を言えないでいる。

そのため、「K-1の犬、ニゲル」などTwitterやYOUTUBEの動画では散々言われているし、本人も気づいている。

しかし、なにも口を開かず黙々と練習をして次回3/21のトーナメントに向けてがんばっている。

これでは選手がかわいそうではないか?

貴様もそう思うだろう?

ファンがあってのプロスポーツなのだから、ファンが望むものを観させてくれたらそれでファンは納得できる。

仮に武尊が那須川天心に負けたとしても、それはそれでおもしろい試合をしてくれるはずだから、K-1の株は落ちない。

むしろ格闘技界全体が盛り上がる。

すると、K-1への注目もあがり、地上波でも放映されてくるだろう。



<スポンサーリンク>





AbemaTVのプレッシャーがヤバいw

今はアベマTVの独占放送だが、そのAbemaTVが遂にやらかす。

3/3から那須川天心のための番組を放送するのだ。

しかも内容は、那須川天心との対戦相手を決めるという。

AbemaTVからもK-1へ圧力がかかっているとしか思えない。

しかし、ずっと逃げているK-1を見限って、トライハードジムが離脱。

看板選手の大雅もTwitterでこんなことを述べている。

 

これがすべてだ。

K-1は独占契約でK-1所属の選手同士のみを戦わせている。

そうすれば勝っても負けてもK-1は他団体に負けることはない。当然だが。

そうすることで、世界チャンピオンという名前を付けている。

しかし、それはお山の大将という。

それをみんな知っているからK-1から那須川天心に人気が移っている。

どんなに強い相手でも逃げずに闘い勝ち続ける那須川天心に。

武尊も本当はそうしたいのだが、彼はK-1を世界一の格闘技団体にするということを目標にしているため、あえて那須川天心については語らない。

小比類巻道場の選手の離脱

そして小比類巻道場の主要選手がTwitterで道場を抜けるということをつぶやいた。

しかしK-1はすぐに小比類巻の退任をして、Twitterのコメントを削除させている。

小比類巻と選手の間になにかあったのか?と思わせる内容だ。

そして今回の横領疑惑。

話が繋がった気がした。

選手のファイトマネーを小比類巻が横領していたのか?

だとすれば選手としても面白くない。死ぬ気でつかんだファイトマネーなのだから。

しかし、小比類巻のブログでの主張とK-1サイドの主張では食い違っている。

ちなみに、K-1とトライハードジムの主張も食い違っている。

K-1サイドの主張は非常に一方的に決めつけて押し通すやり方だ。

すべてはK-1が正しい。

そして肝心の主張内容を見てみると、具体性がまるでない。

今回の横領に関しても、小比類巻のどの行動が横領に値しているかを明確にしていない。

それどころか小比類巻が個人の稼ぎでジムへお金を補てんしていることに対して、「横領」と訴えている。

横領という言葉の意味がわからないのかもしれない。

K-1の不可解な闇

小比類巻の話がすべて真実かはわからないが、K-1側は不可解な点が多すぎる。

K-1ジム恵比寿以外赤字経営だという。

なぜ黒字経営のジムのオーナーが解任され告訴されなければいけないのか?

そして他の赤字経営のジムはなぜ赤字なのか?

普通にやっていれば、黒字だろう。日本トップ選手が通っているジムに、普通通いたいと思わないか?

練習生が増えれば黒字になるだろうし、K-1の興業でもそれなりに利益は出ているはずだから、それで充分にK-1のジムに配当できるだろう。

しかし赤字経営・・・はて?

最近のK-1は正直迷走していると言わざるをえない。

運営がしっかりとしている、人としての義を持っている者であれば問題ないかもしれない。

しかし、離脱や金銭トラブルがあるところには、トップやその周辺の黒い思惑がある。

今回も小比類巻がその餌食になってしまったとしか思えない。

AbemaTV側も、K-1に対してどう思っているのだろうか?

那須川天心の30分枠の番組ができたことがすべてを物語る。

K-1の解散はもしかしたらそう遠くはないかもしれない。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク











<スポンサーリンク>



1 個のコメント

  • ファイトマネーじゃなくて、パーソナル費用とか誤魔化してたんでしょ。
    ジムにカード決済機が二つあるってきいたけど

    あと一部の会員の振込先が。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)