ヒカキンが週刊誌フラッシュに記事にされた内容は?画像あり



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

さて、今回もヒカキンのことについて貴様らに紹介してやろう。

ヒカキンといえば有名なYouTuberなのか貴様らも知っているな。

そんなヒカキンが週刊誌フラッシュに記事にされたことがあるそうだ。

そこで、今回は、どんな記事の内容だったのかなども含めて教えてやるのでありがたくおもえ。

ヒカキンはどんなYouTuber??

引用元:http://sasa-z.com/hikakin-tv-1622

ヒカキンといえば、ぶんぶんはろーゆーちゅーぶからはじまりぶんぶんじゃんけんで終わる動画を作っている。

ゲーム攻略の動画や、日常のブログもたまに公開していたりする。

もちろんHikakinTVでは商品の紹介をしていて、これがすごく面白い。

わかりやすく丁寧ですごく見ていてためになる動画を公開している。

だけども、たまにする変顔がちょっとだけイラッとするときはあるのは本音のところだ。

そんなヒカキンだが、週刊誌フラッシュに記事が載ったのを貴様ら知っているか。

あおのヒカキンが何をしたんだーーーー!!って思うだろう。

だけど実際にヒカキンは週刊誌に撮られてしまったわけだ。

では、どの週刊誌に載ったのか教えてやるからありがたく思え。

週刊誌フラッシュに激写!!!

引用元:https://entame888.com/hikakin-magagine-who-7230/

ヒカキンは週刊誌フラッシュに今回載ったのだ。

週刊誌フラッシュといえば、光文社が発行している週刊誌だ。

価格は確か450円だったと思う。

電車の中にも広告で出てたような気がするが、そこは定かではない。

毎週火曜日に発売される、この週刊誌フラッシュは、芸能ニュースという感じだ。

表紙がちょっとグラビア系の表紙になっているのでも知られている。

そんな週刊誌フラッシュにヒカキンが掲載されたということだ。

では、どんな内容が掲載されたのか教えてやろう。



<スポンサーリンク>



実際に載った内容はどんな内容?

引用元:https://smart-flash.jp/showbiz/23331

今回、ヒカキンが週刊誌フラシュに載ったのは、別になんとでもない記事だ。

タイトルも1億円稼いでいるYouTuberのヒカキンの生活は質素だったという内容だ。

簡単にいうと、ヒカキンがコンビニで買い物している姿をとられただけだ。

その内容を記事にしたのだという。

私も最初はどんな内容なのかなと思ったが正直、どうでもいいわ!って思ったな。

というのもヒカキンが質素な生活をしているのが、動画でもわかる。

ヒカキン自身が、毎日セブンイレブンなどのコンビニで買い物をして食べているのは誰もが知っている。

特にヒカキンはチキンに今はまっているらしく、毎日のように食べているとのことだ。

そんな知っている内容を記事にしたというのだから、さすがにどうでもいいいと思ったな。

まあ、ヒカキンが結婚??ヒカキンが逮捕??となればもう少し興味は沸くのだろうけどな。

いずれにしてもたいした内容ではなかった。

引用元:https://togetter.com/li/1136354

では、実際のヒカキン本人はこのことをどう思っているのか調べてみた。

ヒカキン本人はこのことについてどう思っている??

ヒカキンは、この週刊誌に載ったことを動画として投稿している。

このへんはさすがYouTuberというべきだな。

自分の記事を紹介するのは、YouTuberとして鏡といえるかも知れない。

そして、ヒカキンはこのことをどうやら事前に事務所から聞いていたようだ。

UUUMからヒカキンに連絡があり、「週刊誌に載ります」って言われたそうだ。

その時は何か悪いことしたかと本人は思ったようだが、実際のところはガクガクものだったらしい。

ヒカキンも不安なのでどういう内容の記事が載るのか気いてほしいとお願いしたみたいだ。

そうしたらフラッシュ側から掲載される記事の内容を見せてもらったみたいだな。

その内容をみて、「大丈夫だね」と思った内容だったみたいだ。

まあ、コンビニで買い物しているだけだから、別に問題ないわな。

だが、もし違うネタであれば本人はどうしたのか見てみたかったな。

自分の雑誌を3冊も買う

引用元:https://togetter.com/li/1136354

だけど、ヒカキンはこの週刊誌がコンビニに出た瞬間にすぐに買いにいったそうだ。

そして、このときの行動がよくわからないが、3冊も購入している。

理由は、単に週刊誌に載った記念ということで本人は言っている。

いや、単純に2冊でいいだろ?

読むためのものと、記念においておくものだけで十分と思うが、そこはヒカキンの行動が読めない。

やはり私たちとは考え方が違うのかも知れないな。

まあ。いずれにしても大した内容ではなかったのでよかったものだ。

まとめ

今回も、ヒカキンのことについて貴様らに紹介してやったぞ。

まあ、結果的に週刊誌に載った内容は大したことはなかったわけだ。

だけど、ヒカキンがこれからどんどん有名になればもっと週刊誌に載ることになるのは間違いないだろうな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ

 



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)