篠原涼子

篠原涼子の子供は何人?学校は?教育熱心なその姿とは?








仲良し夫婦で知られる篠原涼子と市村正親には子供がいる。

とても教育熱心なようだが、子供の人数や通っている学校など気になるな。

芸能人から人気の青山学院だが、篠原涼子の子供も青山学院に通っているとの噂もある。

市村正親との馴れ初めや結婚時期など、篠原涼子の家族について詳しく見てみよう。

篠原涼子のプロフィール

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0103053

篠原涼子のプロフィール
  • 本名 市村涼子(旧制:篠原)
  • 生年月日 1973年8月13日
  • 出身 群馬県桐生市
  • 身長 162cm
  • 血液型 B型
  • 配偶者 市村正親

篠原涼子はこれまでに数多くのドラマに出演している。

その中でも代表作となったドラマをピックアップしてみたぞ。

まず、初めに代表作となったのは2003年の「ぼくの魔法使い」だ。

伊藤英明とのダブル主演で、バカップルと呼ばれるほどの超ラブラブな夫婦が、ある日何かを思い出そうとするとおじに変身するようになってしまった妻の物語だ。

このドラマで篠原涼子はザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞している。

そして1番の代表作は2006年に始まりドラマに映画にシリーズ化された大人気ドラマ「アンフェア」だ。

警視庁検挙率NO.1の敏腕刑事雪平夏見を演じ、様々な賞を受賞している。

そして、もう一つの代表作は、2020年に続編が放送されることが決定して話題となった2007年の「ハケンの品格」だ。

次に篠原涼子と市村正親の出会いや馴れ初め、結婚について見てみよう。

二人が出会ったのは2001年の秋だ。

当時、篠原涼子は今のように主演としてドラマで大活躍という状況ではなく、脇役や単発ゲストとしてドラマに出演していたぞ。

そんな篠原涼子にとって初めての舞台となった「ハムレット」で、市村正親が主役を務めたのだ。

篠原涼子はハムレットの婚約者候補のオフィーリアを演じました。

舞台初挑戦の篠原涼子に比べて、市村正親は劇団四季で看板俳優として活躍していたので大ベテランだ。

先輩俳優として頼りになる市村正親に惹かれていったのでした。

そんな舞台での共演から、4年後の2005年12月8日に二人は結婚している。

24歳差という驚きの年の差婚でしたが、篠原涼子は市村正親について、「明るくて思いやりがあって、自分に無いところをいっぱい持っている」などと話して、結婚会見では惚気まくりだったな。








篠原涼子の子供は何人?3人目は?

引用元:https://gonnbe.com/2018/08/15/post-741/

舞台共演から順調に結婚までいった2人に見えますが実際はそうではなかったようだ。

24歳も年上の市村正親に対して、篠原涼子の父親が反対したのだ。

篠原涼子は2歳の頃に母親を亡くし、そこからは父親が男手一つで育ててきたのだ。

そんな大切な娘を自分と10歳も変わらず、女癖も悪いと言われていた男に渡したくないというのが父親の本音でした。

篠原涼子の父親が、結婚を許す条件として子供を作ることというのを挙げたと言われている。

その条件通り、二人の間には2人の子どもが生まれたのでした。

市村正親が父親になったのは2008年で、59歳の時でした。

見た目も若く見え市村正親だがさすがだ!

そして篠原涼子も今も昔と変わらず、子どもを二人産んだとは思えないスタイルと若々しさだ。

3人目も期待されましたが、次男が生まれてから12年たっているし市村正親も現在71歳なので可能性はかなり低いだろう。








篠原涼子の長男次男の詳細!学校はどこ?

引用元:https://www.fashion-press.net/news/40319

篠原涼子の二人の子どもについて詳しく見てみよう。

長男が生まれたのは2008年の5月、市村正親はこのとき、「君に会うために59年間待っていたんだよ」などと言ったそうだ。

2008年に生まれたということは現在12歳の小学6年生だな。

名前や写真などは明かされていないが、篠原涼子と市村正親は、長男について優しくてしっかり者だと話していたぞ。

篠原涼子の仕事についてもよく理解してくれていて、疲れているとねぎらってくれて、辛いときはお酒を飲んでいいんだよと声をかけたり、優しくポンポンと肩をたたいてくれるそうだ。

将来はプレイボーイになるんじゃないかと篠原涼子が心配するほど優しいそうだ。

そんな長男は現在、青山学院初等部に通っている。

幼稚園も青山学院を目指して受験したようだが、残念ながら不合格だったようだが小学校では見事合格したのだ。

現在6年生なので中学校もこのまま青山学院の中等部へと進んでいくのではないだろうか。

次は、2012年2月に生まれた次男について見てみたぞ。

長男と同様に名前や写真は公表されていないが、年齢は現在7歳で小学2年生だ。

次男の性格は長男とは全く違い、やんちゃで甘えん坊だと話していたぞ。

わが道を行くタイプで自分の世界に没頭するようだ・・・将来、大物になりそうな予感がするな。

篠原涼子のあとをずっとついてきて、ちょっとでも離れるとママを呼ぶそうだ。

「僕寂しかったんだー。」などと甘えた声で言ってくるなど、次男も違ったタイプでプレイボーイになってしまうと篠原涼子は話していたぞ。

青山学院の幼稚園には残念ながら不合格だった長男だが、次男はその分対策を重ねて見事合格している。

現在は長男と一緒で初等部に通っている。

幼稚園受験の面接では、将来の夢を歌舞伎役者と話していたそうだ。

篠原涼子と市村正親の子どもということだけあって、二人とも将来がとても楽しみだ。

青山学院初等部に通っている篠原涼子の子供たちだが、卒業生や、現在通っている生徒の中にも、多くの芸能人の子どもがいる。

特に、篠原涼子の次男が入学した2018年には多くの芸能人の子供が入学したことで話題となったな。

市川海老蔵の長女の麗禾ちゃん、阿部寛の長女、大泉洋の長女、長谷川京子の長女、中村勘九郎の長女が同級生としているんだ。かなり豪華だ!

これほどにも芸能人に人気があるのは、青山学院が有名私立学校であること、セキュリティがしっかりしていること、青山学院大学まだカレート式、昔から歌舞伎役者関係が多く通っていて、芸能活動にも理解があることなどが挙げられている。








篠原涼子が教育熱心?その理由は?

引用元:https://nobiciro.com/actor/4964/

お受験をさせて幼稚園や小学校に子供を通わせている篠原涼子だが、習い事はさせているのだろうか。

調べて見ると、バレエを習っているという噂があった。

だが、これは噂止まりで本当に習っていることが分かる証拠などはなかったな。

市村正親は現在も舞台で活躍している俳優で、子供たちにも将来は舞台俳優になってほしいと考えているそうだ。

舞台俳優として大切な表現力をバレエでは身に着けることができるので、市村正親がバレエを習わせているという噂が流れたようだ。

幼稚園から受験をさせるほど教育には熱心だし、次男は将来歌舞伎俳優になりたいというなど、芸能界には興味を持っていそうだ。

二人の子供が何かしら習い事をしている可能性は高そうだが、詳しく知ることはできなかった。

二人の子どもを幼稚園から受験させ、次男は長男の分まで幼稚園受験に合格するなど、篠原涼子が教育熱心なことが分かる。

この熱心の理由には篠原涼子の生い立ちが関わっていることが分かったぞ。

篠原涼子は、2歳のころに母親を亡くし父親に育てられてた。

もちろんかなりの愛情を注がれてきましたが、金銭面ではあまり裕福ではなかったそうだ。

習い事や勉強など、やはりお金がなくては諦めることもあったのではないだろうか。

そんな自分と重ね、子どもにはやりたいことをやらせてあげたいようだ。

また、篠原涼子は中学卒業後、地元である群馬県の桐生第一高校へ進学している。

だが、芸能活動が忙しくなりそのまま高校は中退し、最終学歴は中卒となっている。

自分と同じようにはなってほしくないという思いから、有名私立学校である青山学院へ受験をしたのではないだろうか。








まとめ

篠原涼子と市村正親は24歳という年の差ながらも、現在もラブラブでおしどり夫婦のイメージがついているな。

子どもも2人生まれ、現在は青山学院初等部に通っていて、次男の学年は、市川海老蔵や大泉洋阿部寛などの子供も通っている。

幼稚園から受験させるなど、教育熱心な篠原涼子だが、その背景には貧しかった幼少期と、自身の中卒という学歴が関係していたのでした。

二人の愛情と期待を受けた子供の成長が楽しみだ。

-篠原涼子

Copyright© LOVE&PEACE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.