マックスむらいの横領事件やオワコンになった理由は?コスケとの不仲理由は?



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

マックスむらいといえば、人気のYouTuberなのは貴様らも知っているな。

AppBank株式会社取締役メディア事業部長ということでも知られている。

では、そんなマックスむらいの横領事件やオワコンになった理由などについて紹介してやろう。

マックスむらいとは?

引用元:http://www.appbank.net/2015/03/28/iphone-news/1005003.php

マックスむらいを知らない奴に改めて、教えてやろう。

マックスむらいは、日本の実業家でもありYouTuberでもある。

株式会社AppBankの創業者でもある。

YouTuberとしては、主にはモンストニュースで出てくるのが有名だな。

私も今、モンストにははまっているがなかなか奥が深い。

ランクを上げたり、運極を作ったりは時間があればできるが、適正攻略を見つけるのに苦労する。

そういったこともあり、モンストではキャラにもなっているほどなのがマックスむらいだ。

もともとは、パズドラ実況をしていたことでも知られている。

そして、そのチャンネル登録者数は約150万人いるということだから凄い事だ。

だけど、ここ最近では、そのマックスむらいの動画再生回数が少ない事でも知られているな。

では、その理由について少し掘り下げてみるとする。

マックスむらいが横領?

引用元:http://mighpa.xsrv.jp/archives/2274

そもそもは、マックスむらいはYouTuberというのもあるが経営者としての顔もある。

それも、相当な敏腕経営者だ。

だけど、その経営のことで問題が起きたのだ。

というのもAppBankの経理担当の役員が、約1億5千万円を横領したという事件が起きたのだ。

まあ、これだけでいけば特になんら問題なく、ある意味マックスむらいは被害者になる。

だが、そのままで終らずに、この経理担当の役員は、個人のために使ったほかにも借金返済に充てたのだそうだ。

また、一部が○○団関係にまわったというのが流れたわけだ。

そして、このAppBankは上場していたが、税務調査が入る事になるわけだ。

そして支払先で所在不明のものがいくつか見つかったことが問題となったわけだ。

だが、結果、この経理担当の役員の単独ということになったのだが、ここで疑問が出る。

「なんで会社はわからないんだ?」「マックスむらいも関っている?」という疑問が出るわけだ。

正直なところだが、大手企業であれば、このような金の流れを把握している社長はいない。

社員の不正受給などをしている人間もいないだろう。

だが、YouTuberであるマックスむらいは、その情報が一気に拡散したんだろうな。

そして、その後もいろいろな風評が出るわけだ。

それにより打撃を受けてしまうことになるのだ。



<スポンサーリンク>



マックスむらいはすでにオワコン?

引用元:http://natalie.mu/music/news/132032

そして、現在はマックスむらいの動画はオワコン(終ったコンテンツ)といわれている。

というのも、まったく面白くないのだそうだ。

その人気ぶりもほかのYouTuberと比べても違っている。

ヒカキンやマホトなんかは今でもかなりの人気ぶりだが、誰もマックスむらいというのはいない。

まあ、あくまで個人的な意見だが、オーラがないと感じるのは私だけか。

普通は、ヒカキンやマホトのようにオーラがある。

少なくても、ラファエルやシバター、禁断ボーイズにもYouTuberとしてのオーラがそれなりには感じられる。

だが、マックスむらいの場合は、「ただのおっさん」「ただのキモメン」と感じてしまうわけだ。

そのため、リスナーからもオワコンと言われる始末なのであろう。

では、そもそもの原因はなんなのだろうな。

マックスむらいとシバターの不仲?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Zr6F9wQ5SGk

そもそもは、マックスむらいが横領事件の被害にあったときが一番の引き金だろう。

そのときは、YouTuberとして活躍し始めたシバターとよく絡んでいた。

そんなときに、この横領事件が起きたわけだ。

そして、マックスむらいはシバターに動画で流さないでくれといったそうだ。

だけど、シバターは「仕事なんで」みたいな感覚でこのことを暴露したのだそうだ。

まあ、当然のことではあるが、モラルというところではシバターにはないといえる。

だが、YouTuberとしては、このシバターのとった行動に間違いはないだろう。

というのも、YouTuberは、いかに再生回数を増やすかが肝だ。

そのために他人を売るのも1つの手法だろう。

炎上商法で再生回数を稼ぐYouTuberもいるわけだからな。

まあ、でもこういうことをすると関係は崩れることになるわな。

その後は、マックスむらいが、ヒカルとのコラボで動画を投稿しているが、シバターのことを指摘している。

だが、それはそれでマックスむらいもプラスに持っていけなかった自身に責任があると思ったほうがいいだろう。

マックスむらいとコスケが不仲?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7kpGakthsjk

そして、マックスむらいとコスケの関係もあるかも知れないな。

コスケとは、マックスむらいのAppBankで勤務していたそうだ。

マックスむらいとは、ニコ生で喧嘩寸前にまでなったのをみたことがある。

その後は、コスケは単独で動画を投稿することとなり、マックスむらいをディスることも多くなっていた。

それにパズドラのことについては、どちらかというと、コスケの方が長けていたのも事実だ。

そのことで、マックスむらいの動画の再生回数も少なくなったのだろう。

まあ、確かに片方が面白ければ、もう片方は見なくなるからな。

同じようなチャンネルであれば、面白いのを見るのは自然の摂理だしな。

そういう意味では、マックスむらいは栄光に固執したのかも知れないな。

あくまで憶測だが、未来を見てなかったのかも知れないな。

まとめ

今回はマックスむらいの横領事件などについて紹介してやったぞ。

まあ、確かに最近のマックスむらいの動画再生回数は非常に少ないと感じる。

だが、そこはマックスむらいだから、起死回生することを期待している。

 

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ

 



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)