石田ゆり子がかわいいのはなぜ?骨格が理由か?美肌の秘訣は?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

今年で48歳を迎える、女優の石田ゆり子がかわいいと話題だ。

1987年にデビューして以来、数々の映画やドラマに出演し、アニメの声優も務めた石田。

アラフィフにして未だに独身というのが信じられないぼどの美貌である。

そんな石田の、年齢を感じさせない可愛らしさは一体どこからきているのであろうか?

 

骨格の問題?

 

引用元:http://newspo24.com/6945.html

石田ゆり子の可愛らしさは、骨格にあるのではないかと言われているぞ。

石田は顎のラインがシャープで、男性にとって魅力的な顔だとか。

あるブログでは女優の石原さとみにも見られるフェイスラインだと言われているから、モテ顔であることは納得できるな。

ちなみになぜ石田ゆり子さんのフェイスラインが
モテ顔なんでしょう?

その答えはズバリ、「アゴクイッ」ができる事!

アゴクイは男性の永遠の夢です。

引用元:http://atucap.seesaa.net/article/453540321.html

というように、石田ゆり子の可愛らしさは、男性の憧れを叶えてくれるところにもあるのかも知れぬな。

また、ベビーフェイスであることも、どこか少女らしい可愛らしさを醸し出している原因と言えよう。

 



<スポンサーリンク>



ポンコツぶり

 

石田ゆり子は、ここ1年「ポンコツ」と呼ばれている。

これは決して悪口ではなく、愛着を込めた呼び方であるぞ。

きっかけは、フジテレビ系で放送された「スナックあけぼの橋」である。

不定期に放送されているこの番組で、石田はヤンママ役を演じたが、簡単な料理やお酒を作ることすらままならない姿に、ポンコツと呼ばれるようになったのであるな。

引用元:https://free-style-info.com/2017/09/20/ishidayuriko_kawaii_ponkotu/

さらに、2回目の放送では、石田自身がポンコツをネタにしたこともあり、より一層広まったと言われているぞ。

本人曰く料理はできるようだが、結果を見る限りそのポンコツぶりは健在であった。

そんなところも可愛らしく見えてしまうのが石田ゆり子なのであろう。

 

美肌の秘訣は?

 

引用元:http://atucap.seesaa.net/article/453540321.html

石田ゆり子と言えば、年齢以上に美し肌であろう。

もうすぐ50歳だと言うのに、Instagramで見かけるすっぴん写真からは年齢を感じさせないどころから、透明感のある美しい肌が魅力的である。

年齢に抗うことはできないものだが、石田ゆり子は一体どのようにして、あの美肌を保っているのであろうか。

石田ゆり子の美容法

石田ゆり子は、美容法にも自分なりのこだわりを持っているようだ。

まず、朝の洗顔はぬるま湯で行い、仕上げに冷水で肌を引き締めることも忘れない。

夜の洗顔ではクリームクレンジングを使用するが、手の平で温めてから使用するようだ。

洗顔方法は温めたクリームクレンジングで顔をマッサージするように行うということだ。

また、洗顔する時には、肌を擦りすぎないことにも注意している。

皮脂を取り過ぎると必要な潤いまで逃げてしまうため。余計な皮脂を取り過ぎないことがポイントとまなりそうだな。

保湿は、化粧水をしっかりと時間をかけ、手の平で肌にしんとうさせていく。

本当にシンプルな方法で肌の手入れをしているようだな。

健康法

さらに、石田ゆり子は健康にも気を使っている。

かといって、特別なことをするわけではなく、必要な栄養をしっかり取り、しっかり睡眠をとることであるぞ。

食事面ではたんぱく質やビタミン、亜鉛や鉄、大豆イソフラボンなどの栄養素をしっかり摂るよう意識。

主食は玄米を食べ、納豆や小松菜、卵や豆乳などを食べるようにしているようだ。

また、運動も行っているが、決してきついものではない。

ジョギングやジム通いなどではなく、軽めの水泳を行ったり、週に2回ピラティスを行ったりする程度のようだ。

厳しい食事制限や運動をしているわけではないからこそ、習慣として続けることができるのであろう。

 

石田ゆり子のメイク法

 

 

さらに、石田ゆり子の美しさはメイクにも表れている。

かなりのナチュラルメイクで、眉は太くも補足もなく、自然な太さを保っているため、生まれ持った自然のまま、という感じが出ているな。

アイメイクは女優であればしっかりしていそうだが、石田はかなりシンプルで、さりげないラインとマスカラのみである。

そのため、目が際立って見えることもなく、一見すると地味な印象に見えてしまうが、そんなところがかえってファンの心を掴んでいるのであろう。

ルージュも派手なものや色の濃いものではなく、ピンクベージュ系のナチュラルな色を使用。

これにより、すっぴんとさして変わらないようなナチュラルメイクが完成する。

引用元:http://kyun2-girls.com/archives/1103

元々の顔立ちのよさもあるが、こうした薄めのメイクであるが故に、すっぴんでも印象が大きく変わらず、美しさが分かるのであろうな。

そして、本人曰く、アンチエイジングが嫌いで、顔のシミやシワも年輪として受け入れているようだ。

女性なら誰しも気になるダイエットや体型維持についても、太ることや年を取ることに対し、劣化という間隔を持っていないため、前向きに捉えている。

もちろん、石田は十分に美しいしスタイルもよいが、それでも美容法やダイエット法を誇示してくるわけではないから、女性目線から見ても気持ちのよい女優なのであろう。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)