工藤静香 芸能

工藤静香インスタの料理がひどい!料理が下手?私服もダサいと話題!








"工藤静香"のインスタは、「フォロワー83万人」と中々の人気でファンからは絶賛されている一方、しょっちゅう炎上している。

インスタにアップされるのは料理や私服の紹介、花など日常的なものが多いが、"工藤静香"のインスタへの声を調べてみたぞ!

工藤静香のインスタ「料理」が炎上 世間の声

工藤静香は料理が下手なのか?

工藤静香の食へのこだわり

工藤静香のインスタ「私服」ダサいの声

気になったらチェックしてくれよな!

工藤静香のプロフィール

出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/17/kiji/20201117s00041000353000c.html

出生名:木村 静香(旧姓:工藤)

出身地:東京都

誕生日:1970年4月14日  50歳(2020年11月19日現在)

血液型:B型

職業:歌手・女優

所属事務所:プロダクション尾木(1987年 - 1995年)→Purple Inc.(1995年 - )

活動期間:1984年~

配偶者:木村拓哉

子供:Cocomi(長女)Kōki,(次女)

工藤静香公式サイト

工藤静香公式Instagram

出典:Wikipedia

"工藤静香"は、板前の父と美容師の母という家庭に生まれ青森県で育ったあと東京へ引っ越している。小学生の時には劇団「東俳」に所属していたそうだ。

1984年  中学2年生の時に、第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場し特別賞を受賞

このコンテストには、後に「おニャン子クラブ」となる国生さゆり、渡辺満里奈なども出場していた。

1985年1月 「セブンティーンクラブ」で CBSソニーからレコードデビュー

「ミス・セブンティーンコンテスト」出身の3人で結成されたグループだったが、2枚のシングルを発表しただけで解散。

1986年5月  「おニャン子クラブ」の会員番号38番となる

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/onyakichi/35000/

「おバカキャラ」「ヤンキーキャラ」で注目を集めた。

1987年5月  ”生稲晃子””斉藤満喜子”とともに派生ユニット"うしろ髪ひかれ隊"としての活動も開始

「おニャン子クラブ」の中で、知名度と人気を得る。

1987年8月31日  シングル「禁断のテレパシー」でソロデビュー

出典:https://www.stereo-records.com/detail.php?itemCd=82591

この曲でオリコン1位を記録すると以降、ヒット曲を連発し1980年代後半※「女性アイドル四天王」と呼ばれていた。

※工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯

以降、歌手として女優として又、バラエティ番組でも幅広く活躍。

1994年3月  ロックバンドX JAPANのリーダー"YOSHIKI"との交際が発覚    2000年頃まで、YOSHIKIが主宰するレコード会社「エクスタシーレコード」に所属していた。

2000年12月5日  当時SMAPのメンバーとして人気絶頂の"木村拓哉"と結婚(当時妊娠4ヶ月)

この結婚は世間を騒がせ、"木村拓哉"のファンから「爆破予告や殺害予告」がくる程だった。

結婚後は出産と育児に専念していたが、

2005年2月16日  3年ぶりのシングル「Lotus〜生まれし花〜」を発売し復帰

現在、女優活動は行っていないが歌手活動の傍ら以前からの趣味である絵を描き「二科展」へ出展し幾度も入選している。

又、料理の腕前にも定評があるのだが、「料理写真」のインスタは何故かいつも炎上している。








工藤静香の料理写真のインスタはいつも炎上?

出典:https://dailynewsonline.jp/article/1734841/

"工藤静香"は2017年1月からInstagramを開設している。

この画像は2019年に"工藤静香"が自身のインスタグラムのストーリーズにアップしたのだが、コメント欄には「美味しそう!レシピ教えて下さい。」など好意的なコメントがつく一方、

「ジャガイモの芽の黒いとこ取りきれてない…」

「肉が生だよね。そのままいきなり野菜と煮るの?そりゃ灰汁も出るよ…」

「まず肉を炒めてから火の通りににくい野菜を入れるとか料理の基本を何も知らないで作ってるのかな」

など、批判的なコメントが多く集まった。

他にも

出典:https://dailynewsonline.jp/article/1744180/

「なんでこんなに大きさバラバラ?見た目が悪すぎて…。」

「シュウマイじゃなくてロールキャベツじゃん」

「これ私の知ってるレタスシュウマイじゃない」

「なんか美味しくなさそうに感じるのは、私だけ?」

と、手厳しい。

"工藤静香"のインスタは何かにつけて炎上しやすいのだが、特に「料理」をアップすると炎上する事が名物になっているくらい、「見た目・調理法・盛り付け」あらゆる角度から(重箱の隅をつつくような)非難のコメントが相次いだ

実際「食べたこともないのに」とも思うが、"工藤静香"がキムタクの妻である事を考えると、それだけでアンチの数は相当多いのだろう。

そこで、嫌気がさしたのだろうか"工藤静香"がアンチ対策に乗り出した。

現在、工藤静香Instagramでは「コメント制限機能」を使いコメントに制限がかけられている。

コメント制限機能とは、

自分の投稿にコメントできるユーザーに対し、4パターンの制限をかけられる”というもの。コメント許可の対象を「誰でも」「フォロー中の人とフォロワー」「フォロー中の人」「フォロワー」のうちから選ぶことができる機能

"工藤静香"のインスタにコメントする為には、「工藤静香のフォロワーにならなくてはいけない」設定になっている








工藤静香は料理が下手?食へのこだわりは?

出典:https://dailynewsonline.jp/article/1712668/

2018年11月7日に開かれた「北海道米・新米発表会」のイベント終了後の囲み取材で、"マツコ・デラックス"が木村宅を訪問したことを語っていたのだが、マツコによると"工藤静香"は料理上手だそうだ

木村宅でマツコは、工藤の手料理も食べたとのこと。「あんまり言うと“おしゃべりオカマ”って言われちゃう」と自制しながらも「上手でした。煮物とか西洋の料理とか(を出してくれた)」と振り返った。

出典:exciteニュース

出典:https://hochi.news/articles/20201012-OHT1T50066.htm

秋鮭1尾をさばき調理する様子を公開した事もあるが、アラや切り身に分けアラは白ネギをたっぷりいれた「アラ汁」にするなど1尾を余すところなくさばく手際の良さには「料理上手」を感じるのだが。

"工藤静香"は、きっと何でも作れて味も悪くないのだろうが、盛り付けや食器選びにセンスがないのかもしれない。

アンチはそこを攻撃してくるし、「料理が下手なくせに料理上手を気取っている」と噂されている。

手の込んだ料理も紹介している"工藤静香"だが、「食」へのこだわりはあるのだろうか?

キムタクと結婚し子供を生んでから、「食」への意識が変わったそうだ。

保存料も場合によっては必要なときがあるかもしれないけど、できるだけ摂取したくない。家族のために体にいいものを摂りたい。

インスタでは、オーガニックにこだわったレシピや「揚げないヘルシー豚カツ」など、こだわりの料理も多く紹介されている。

出典:https://hochi.news/articles/20200311-OHT1T50083.html

こちらは、木村家定番の「手作りおやつ」だそうだ。








工藤静香インスタの私服もダサいと話題!

出典:https://dailynewsonline.jp/article/2209259/

なんかチャンピオンベルトみたいでダサい

ベルトの手入れしてないからボロボロじゃん

出典:https://dailynewsonline.jp/article/2209259/

昭和のヤンキー感しかないわ

清潔感が全くないし、昭和のレディースって感じ

出典:https://dailynewsonline.jp/article/2546474/

ダサい以前に年齢相応の品がない

バブルの匂いがする着こなしが本当にダサい

"工藤静香"がインスタに私服姿をアップすると必ず「ダサい!」という声が上がる。

確かに、独特のセンスだな・・。

"工藤静香"だから着こなせているのか?真似したいとは思わない。

だが、"工藤静香"は物を大切にしている女性のようで、1枚目の「巻きスカート」の画像のコメントでは、

「このスカートは20年前の物です。最初の子を授かった時に母が買ってくれたmissoni の巻きスカートです 巻きスカートだからお腹が大きくなってもオシャレが楽しめました。」

出典:工藤静香公式Instagram

他にもよく「○○年前に海外で買った○○○です」といったコメントをみかける。

ダサかろうが、本人が気分よく着ていたら良いのではないかと思うのだが・・・








まとめ

さて、"工藤静香"のインスタ炎上や料理の腕前について紹介したが、如何だったかな。

"工藤静香"は「絵を描く人」だから色合わせなどのセンスが良いのではないかと思われるのだが、料理にしろ私服にしろ何でああなるのだろうか(笑)

「料理」はきっと何でも器用に作れるのだろうが、性格的に「大ざっぱ」なのだろう。盛り付けに性格が出ていて折角の料理が不味そうに見えるから「料理が下手なくせに」と言われる。

「私服」はダサいと言われるのを承知で、自分流の着こなしを追求しているのだと捉えておけば良いだろう。

アンチが多い"工藤静香"だが、これからもインスタが賑わうことだろう。楽しみにしておくぞ!






















-工藤静香, 芸能

Copyright© LOVE&PEACE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.