岡田将生と広瀬すずはドラマ共演で仲良し?なつぞらが流行した理由とは?

ハイム
待たせたな。
君が知りたいことを教えてやるよ。







2019年4月から放送されて大人気となった、広瀬すずがヒロインを務めたNHK朝の連続ドラマ『なつぞら』だが、そのヒロインの兄役を岡田将生が演じていたよな。

このドラマは、朝ドラ100作目の作品でキャスト配役にも力が入っていて、主演級の俳優が脇役を務めた事でも話題となっていた。

ドラマは、平均視聴率21%と大ヒットを記録したそうだ。

その『なつぞら』を通じて共演者みんな仲が良かったと言われているのだが、共演者の仲良しエピソードや『なつぞら』が流行した理由について調べてみたぞ。

岡田将生プロフィール

引用元:https://kisaragi4416.com/dorama/fujimotosaki-profile-okada

岡田将生プロフィール
  • 生年月日 : 1989年8月15日
  • 血液型 : AB型
  • 出身 : 東京都
  • 身長 : 181センチ
  • 事務所 : スターダストプロモーション

中学生の頃に原宿でスカウトされたが、すぐには芸能界へ入らず、岡田将生が芸能活動を始めたのは高校生になってからだった。

初めてテレビに出たのは、2006年に放送された日本工学院専門学校のCMのようだな。

その後は、すぐにドラマや映画、舞台などで活躍するようになり、あまり下積み時代なくテレビに出れるようになったイメージがある。

俳優を目指す人の約9割は夢が叶わないと言われているくらい、俳優になり売れるというのは、ほんの一握りらしいぞ。

そんな確率の中で売れるだけでもすごい事なのに、芸能界へ入ってすぐに仕事が出来るというのは、事務所も岡田将生に期待をしていたのだろう。








岡田将生と広瀬すずは、ドラマ共演で仲良し?共演者の仲良しエピソードとは?

引用元:https://girlswalker.com/archives/202968/

岡田将生と広瀬すずは、NHKのドラマ『なつぞら』で共演し、兄妹役を演じていたな。

まさに美男美女の兄妹で、顔面偏差値がヤバイとも言われていた。

朝ドラの撮影は長期間にわたり行われる事で、体力的にもキツく俳優たちの間でも大変なようだが、『なつぞら』は、1年3ヶ月もの期間撮影されていたようだ。

その分共演者たちの絆も深くなったのだろうな。

実際に広瀬すずと岡田将生もこの撮影を通じて仲良くなったそうだ。

広瀬すずは、岡田将生の誕生日である8月15日に、岡田将生が出演する舞台に足を運んだそうなのだが、逆にお祝いされたらしいぞ。

広瀬すずの誕生日は、6月19日なのだが、広瀬すずがドラマ『なつぞら』で演じていた奥原なつの誕生日が8月15日だったのだ。

これには、広瀬すずも感激していたようで、お祝いしようとしたらなつの誕生日だからと花束を貰ったと自身のインスタグラムで、写真と一緒に載せられていた。

それには、ファンも感動したようで、たくさんのお祝いメッセージが広瀬すずのインスタに寄せられたそうだ。

ドラマ以外でも、本当の兄妹のような関係を築いているようだな。

何とも羨ましく、微笑ましい光景だ。








ドラマ『なつぞら』が流行した理由は?過去の朝ドラと比べて視聴率はどうだったの?

引用元:http://kyodoshi.com/article/2162

2019年4月より放送された『なつぞら』は、平均視聴率22.8%と大金星で幕を閉じたのだが、何故ここまで流行したのだろうか?

まず考えられる事は、豪華キャスト陣が出演していた事があげられる。

ヒロイン
奥原なつ・・・広瀬すず


奥原咲太郎・・・岡田将生


奥原千遥・・・清原伽果耶

義理の母
柴田富士子・・・松嶋菜々子

義理の父
柴田 剛男・・・藤木直人

義理の祖父
柴田 泰樹・・・草刈正雄

なつの幼馴染
山田天陽・・・吉沢亮

なつの幼馴染
小畑雪次郎・・・山田裕貴

咲太郎の義理の母
岸川亜矢美・・・山口智子

咲太郎が付き人をしていた女優
亀山蘭子・・・鈴木杏樹

なつの夫
坂場一久・・・中川大志

まだまだ他にも多数の有名キャストが出演していたが、これだけでもかなり豪華なキャスト陣だよな。

そして、何より過去のヒロインが集結した事も人気の理由の一つだろう。

『なつぞら』は、元気で健気な憎めないキャラのヒロインが一生懸命に自分の運命を切り開いていくという朝ドラらしさが際立つ作品となっていた。

何か応援したくなるようなヒロインは、幅広い年齢の人にウケていたように感じるな。

特に主婦層にあたる女性は、健気な元気のあるヒロインに弱い気がする。

『なつぞら』の人気ぶりは、過去の朝ドラ視聴率と比較しても一目瞭然だ。

2015年以降に放送された朝ドラと比較

引用元:https://s.cinemacafe.net/article/2018/06/04/57023.html

2015年
あさが来た・・・21.2%
まれ・・・21.2%

2016年
べっぴんさん・・・21.6%
とと姉ちゃん・・・22.6%

2017年
わろてんか・・・20.8%
ひよっこ・・・19.5%

2018年
まんぷく・・・23.8%
半分、青い。・・・21.8%

2019年
なつぞら・・・22.8%

安藤さくらがヒロインを務めた『まんぷく』平均視聴23.8%に次ぐ作品となったのが『なつぞら』平均視聴22.8%である。

こうして見比べても『なつぞら』が人気の作品だった事がわかるな。








『なつぞら』の打ち上げが超豪華!9時間越えの内容とは?

引用元:https://www.jprime.jp/articles/amp/15965?display=b

長期にわたる撮影が終わった8月下旬に都内のホテルで『なつぞら』の打ち上げが行われたそうだ。

一次会では、ほとんどのキャストが参加し大変豪華なメンバーが揃っていた。

そして一次会のサプライズとして、なつの父親役、ナレーションを担当した内村光良が映像で開会宣言をしたそうだぞ。

また主題歌を歌っていたスピッツのボーカル草野マサムネからの手紙が読み上げられたサプライズもあった。

そして21時ごろには一次会は終了し、近くのホテルの宴会場で二次会が開かれた。

二次会では、「ロシアンシュークリーム」や「絵描き対決」などゲーム中心の内容で大いに盛り上がったそうだ。

二次会は23時頃に終了し、広瀬すずを含むのキャストは3次会のカラオケへ行きキャストで最後まで残っていたのは広瀬すずで3時30分頃に帰り、9時間以上の大宴会となった。

また、ドラマが第二章、なつが上京する話に入る時の5月下旬には、中打ち上げが渋谷のセンター街にあるダイニングバーで行われていたようだ。

主要キャストやスタッフ総勢120名で大規模な打ち上げだったらしいぞ。

朝ドラでは、撮影終了後の打ち上げは行われるのが普通なのだが、このように仲打ち上げをするのは、珍しいようだ。

それだけ現場は、和やかなムードだったのだろうな。

こんな豪華メンバーが渋谷を歩いているだけでも目立ちそうだ。

まとめ

今回は、『岡田将生と広瀬すずはドラマ共演で仲良し?なつぞらが流行した理由とは?』について調べてみたがどうだっただろうか?

まずこのメンバーが一つのドラマに出ていた事に驚くよな。

実際にドラマを見ていたが、知らない人が出ていないと言うほど俳優陣の知名度が高いキャスティングだったと思う。

また幼少期時代からヒロインである、なつの成長を追いかけるようなストーリー展開は、なつの成長を一緒に見ているような錯覚に陥り、なつを応援したくなるようなドラマだった。

そんな理由から、朝ドラ100作目の作品となる『なつぞら』は人気だったのではないだろうかと思う。

朝ドラのど定番とも言える健気で前向きなヒロインも見ていて元気が貰えて、頑張ろうという気持ちにさせてくれた。

長期間にわたる撮影で、出演陣は仲が良く特に広瀬すずと岡田将生は、本当の兄妹のような関係性らしいぞ。

顔面偏差値を測る機械があるとすれば、この2人の顔面偏差値は、測定できないほどだろうな。

絵に描いたような2人という言葉にピッタリだ。

広瀬すずにとっても代表作になったともいえる『なつぞら』だが、その後がどうなったのか続編を望む声も高いそうだぞ。

もし、続編があるなら、また高い視聴率になる事間違いなしだな。