ダルビッシュ有と田中将大の投げ合い動画!結果や海外の反応は?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

日本時代はお互いに高校時代から大きな注目を浴び、そしてプロ野球で大活躍をしたダルビッシュ有と田中将大。

舞台をメジャーに移して以降も大活躍、現役日本人投手の中でもトップクラスの2人はメジャーリーグでもお互いに投げ合っている。

今回は2人が投げ合った試合の動画を紹介しよう、その試合の結果や海外の反応も併せて紹介する。

ダルビッシュ有と田中将大の簡単な経歴

引用:https://kitanotabibitocs.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-5a94.html

2人の投げ合いの動画紹介の前に、簡単なプロフィールを紹介しよう。

ダルビッシュ有

まずはダルビッシュ有のプロフィールから紹介する。

  • 生年月日  1986年8月16日
  • プロ入り  2004年 ドラフト1巡目 日本ハムファイターズに指名

ダルビッシュ有は宮城県の甲子園常連校の東北高校に入学する、東北高校を卒業したプロ野球選手には同じく大リーグで大活躍をした大魔神こと佐々木主浩や斎藤隆、そして去年引退を表明した女子プロゴルファーの宮里藍などがいる。

高校時代は東北地方初の夏の甲子園優勝も期待されたが、ケガなどもあり最高成績は準優勝で終わった、しかしその才能を買われてドラフト1位で日本ハムファイターズに指名された。

プロ入り後はルーキーイヤーから1軍で登板、そして2006年に12勝と二けた勝利をすると、その後日本時代は二けた勝利を続けた。

メジャーへは2011年シーズン終了後にポスティングシステムを使用して移籍、テキサスレンジャーズ、ロサンゼルスドジャーズで先発投手として活躍をしている。

田中将大

続いては田中将大のプロフィールを紹介しよう。

  • 生年月日  1988年11月1日
  • プロ入り  2006年 高校生ドラフト1巡目 東北楽天ゴールデンイーグルスに指名

田中将大は北海道の駒大苫小牧に入学する、高校時代に大きな話題となったのはなんといってもハンカチ王子こと斎藤佑樹との甲子園決勝での投げ合いだろう。

その試合では残念ながら負けたが、甲子園で優勝を経験、そして2006年のドラフト会議で4球団競合の中東北楽天ゴールデンイーグルスが交渉権を獲得した。

まだ新設されて間もない楽天ゴールデンイーグルスではルーキーイヤーから大活躍、同じくメジャーで活躍中の岩隈久志とともにWエースとして活躍、東北楽天ゴールデンイーグルス初の日本一となった2013年には24勝1Sというとんでもない記録を達成、さらに日本シリーズでは最終回を救援投手として投げ胴上げ投手となった。

その年にポスティングでニューヨークヤンキースに入団、その巨大な契約金も大きな話題となった。



<スポンサーリンク>



ダルビッシュ有と田中将大が投げ合った試合の動画は?

田中将大とダルビッシュ有がメジャーで初対戦となったのは2017年6月23日(日本時間24日)のテキサスレンジャーズとニューヨークヤンキースの1戦である。

この試合の後ダルビッシュ有は「一生の思い出」とツイッターで語っている、その動画がこちらである。

日本時代は同じパ・リーグの日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスに所属をしていたため4度の対戦経験がある。

その成績はダルビッシュ有が2勝1敗(1戦はリリーフの武田久が勝利投手)、田中将大が1勝3敗とダルビッシュのほうが好成績となっている。

メジャー初対戦となったこの試合はダルビッシュ有が貫録を見せつけたのか、それとも田中将大が勝ったのだろうか。

試合の結果は?

この試合は両投手の気合も入っていたのか、息詰まる投手戦となった。

日本を代表する投手2人の試合が乱打戦にならなくてホッとした者もおおいかもしれないな。

ダルビッシュ有はこの試合で7回まで投げ2安打10奪三振無失点で降板、一方の田中将大は8回まで投げて3安打9奪三振無失点という両者譲らぬものとなった。

先発投手2人の直接的な勝敗がつかない互角の戦い、試合は延長戦でニューヨークヤンキースが2-1で勝利を収めた。



<スポンサーリンク>



ダルビッシュ有と田中将大の投げ合いの海外の反応

引用:https://bbcrix.com/articles/66240/original

この試合を見た日本のファンはこの2人の活躍を大いに喜んだ、それでは海外の反応はどうだったのだろうか。

素直に称賛の声が多いかと思いきや、2017年の田中将大は調子が乱高下しておりゲームを壊すことが多々あった。

そのためこの好投が信じられないというような物が意外と多いようだ。

もちろん純粋に2人の好投に称賛を送る声も多数あった、実際この試合の2人の投球は圧巻という言葉しか見当たらないようなものだったな。

2018年シーズン、田中将大はニューヨークヤンキースで投げるはずだがまだダルビッシュ有の所属先が決まっていない(2018年1月5日現在)。

同じリーグのチームに所属すれば今年もまた2人の投げ合いが見れるかもしれないな、その試合でまた両者の好投を見たいものだ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)