星野源の出身中学・高校どこ?自由の森か?高校時代の写真は?

スポンサーリンク






ハイム
待たせたな。貴様が知りたいことを教えてやるよ。

星野源は、「逃げるは恥だが役に立つ」で大ブレイクを果たし、ドラマの主題歌となった「恋」や「恋ダンス」が大きな話題となったことは記憶に新しい。

ブレイク以前から「箱入り息子の恋」や「地獄でなぜ悪い」などの映画に出演し、俳優として活躍する他、「聖☆おにいさん」」ではアニメ声優を務めたり、文筆家として活動したりと、活動範囲は広かった星野源。

引用元:https://yononakanews.com/entame/8978/

大きな話題となった「逃げるは恥だが役に立つ」通称「逃げ恥」で恋に不器用な独身男性・津崎平匡を演じて、その可愛さやかっこよさに魅了された女性は多いことであろう。

そこで今日は、星野源の中学、高校時代について話をしてやろうではないか。

心して聞くがよい。

 

実は暗かった学生時代

 

星野源は今でこそ人気俳優、人気ミュージシャンの座を手にしているが、一見して派手さはないし、黙っているとあれほど明るく、気さくな人間には見えないのではなかろうか。

実際、星野源の子供時代は暗かったらしい。

というのも、小学校に入った後、学校になじめず、小学3年生の頃からはいじめに遭っていたためだ。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2144583272499529301

ちなみにこれが小学3年生の頃の写真であるらしい。

さすがに子供時代とあって今とは大分違っているが、面影はしっかりあるな。

いじめのきっかけは、星野が学校でおもらしをしてしまったことがきっかけだったようだが、学生時代のいじめというのは、心に大きな傷を残すものである。

些細なことがきっかけで始まったいじめかも知れぬが、それをきっかけに星野は辛い学生時代を送ることとなる。

 







パニック障害を発症

 

星野源を苦しめたのはいじめだけではなかった。

いじめを原因としてパニック障害を引きおこしてしまい、高校生になるまで苦しみ続けたという。

パニック障害は、突然の動機や息切れ、強い不安を伴うのが特徴だ。

さらに、発作を繰り返すと、発作に襲われることに対する予期不安や、発作が起こる状況に対する広場恐怖を覚えることもある。

このような状態では、日常生活を送ることは非常に困難だと言えよう。

そんな辛いパニック障害から星野を救ったのが、ハナ肇とクレイジーキャッツの「だまって俺についてこい」であった。

「そのうちなんとかなるだろう」という歌詞に勇気をもらい、乗り越えることができたのだ。

星野源は今でも、自身のラジオでクレイジーキャッツ愛を度々語っているようだが、人生を変えた曲を作ってくれた存在というのは非常に大きなものであろう。

ただの「好き」を越えた、特別な想いが星野にはあるのだろうな。

 



<スポンサーリンク>





中学はどこ?

 

星野源は、埼玉県蕨市に生まれ、川口市で育っている。

中学・高校も埼玉県内の学校であったようで、どうやら自由の森学園中学校・高等学校に通っていたようだぞ。

引用元:https://wezz-y.com/archives/52772

この学園は埼玉県飯能市にあり、自由な校風が特徴である。

何が特徴的かと言うと、基本的に定期テストを行わず、自己評価を基軸に評価を下すという点だな。

一般的な学校では、やはりテストの点数や成績のよしあしが生徒を評価する基準となる。

しかし自由の森学園は「全ての生徒が人間らしい人間として成長を促すこと目指す教育」を妨げると考えているため、定期テストや成績での評価という方式を採っていないのだ。

また、学校にはつきものの制服や校歌もないというから驚きだ。

制服のない学校はたまに見かけるが、学校でありながら自己評価できるというところがかなり変わっているな。

また、年齢主義に囚われず、下級学校を卒業してから1年以上経ってから入学しようする過年度生も受け入れているため、過去には23歳での入学者もいたようだ。

つまり、大学のように、学びたい者が入学できるわけだな。

ちなみに偏差値は、中学校が45、高校が48と比較的容易に入ることができる。

生徒が自由で自立した意志を持てるように教育することが基本方針のため、敷居は低くしてあるのかも知れぬな。

星野源はパニック障害を併発していたし、普通の学校になじめない生徒にとってはありがたい環境であったのではなかろうか。

ギターを初め、のちの音楽活動のルーツにもなっているし、演劇にも力を入れ初め、のちに舞台や映画で活躍する、星野源の基礎ができていった時期でもあるのだ。

星野源は自由な校風の学校で、後の活動につながる音楽や演劇などに力を注いでいたようだな。

高校時代までパニック障害の症状に苦しみ、満足に登校できない時期もあったようだが、高校卒業後には2015年の解散まで活動を続けたSAKEROCKを結成。

引用元:https://meetia.net/music/sakerockmatome/

音楽活動という、それまでにない自己表現の場を手に入れたことは、その後の星野にとっても大きな転機であったことだろう。

 



<スポンサーリンク>





卒アルが今と変わらない?

 

学生時代の話が飛び出すと、ファンとしてぜひとも見ておきたいのが卒アル写真ではなかろうか?

星野源の卒アル写真を見つけたので紹介しよう。

引用元:https://xn--o9jl2cn6nnr663o6qdj1gm42h390a4le.com/gen-hoshino

学生服は着ているものの、今と大きく変わりがないように思えるな。

星野源は年齢の割と若く見える顔立ちであるから、学生時代から大きな変化がないのかも知れぬ。



スポンサーリンク









<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)