カルーセル麻紀は若い頃がヤバイ!?画像で比較!その壮絶人生とは?








元祖ニューハーフタレントといえばカルーセル麻紀だ!

1967年にデビューし、芸能人で初めて性転換手術をしたことで有名だな。

現在活躍するマツコ・デラックスやIKKOなどの数多くのオネェタレントのパイオニアといっても過言ではない。

送ってきた人生も壮絶なものだった!

そんなカルーセル麻紀の芸能界デビュー当時の若い頃から今に至るまでを調べてみたぞ!

カルーセル麻紀は若い頃がヤバイ!?画像で比較!その壮絶人生とは?

引用元:https://joshi-spa.jp/875292/maki_

カルーセル麻紀のプロフィール

生年月日:1942年11月26日

出身地:北海道釧路市

身長:157cm

スリーサイズ:B86 W60 H88

職業:歌手、女優

本名:平原 麻紀

事務所:オフィスカルーゼル

 

カルーセル麻紀と言えばオネエタレントと思うが、性転換をしているためれっきとした女性タレントである。

カルーセル麻紀は9人きょうだいの次男として生まれ、「戦争で敵国と『徹底的に戦う男』となるよう」との願いから、出生時は「平原徹男」と命名されている。

「性同一障害」、今では知識も広く知れ渡り理解も得ているが、カルーセル麻紀の青春時代は偏見のほうが多かっただろう。

小学校のときのからすでに男性が好きだったようだ。

あだ名は「なりかけ」で自分を指すときに僕とか俺すら言えなかったと言っている。

厳格な父親、当時の時代背景から、性同一障害のカルーセル麻紀はとても苦労しただろうな。

高校を中退し、15歳で父親に反抗して家出、その後水商売を転々として生計をたてている。

そして19歳の時に去勢手術をし、その後モロッコで性転換手術を受けているのだ。

その手術費用は3万円だったらしい。

2004年、性同一性障害者特例法が施行され、晴れて戸籍上も女性となった!

長年の苦悩から解放された瞬間と言えよう。

芸能界で活躍するにあたり「カルーセル麻紀」という芸名を名乗っているが、大阪で勤めていた店名の「カルーゼル」と源氏名の「麻紀」から取ったそうだ。

そこで水商売時代の情報をまとめてみたぞ。








カルーセル麻紀のデビュー前(水商売時代)の詳細!写真はある?

引用元:https://www.zaikaisapporo.co.jp/釧路市出身2人が異色対談カルーセル麻紀「第2の原

カルーセル麻紀は15歳から19歳まで水商売をしている。

この間、住んだ都市は13都市で、全国各地を流転した16回の転居をする壮絶な人生だったと話している。

 

15歳で家出をし、東京を目指したのだが、旅の途中で札幌のゲイバー「ベラミ」を知り、そこで水商売デビューを迎える事となった。

ここでの源氏名は「マメコ」だったよう(笑)

「ベラミ」で働きだした1か月後に家族に居場所がばれ、実家の釧路市に戻る運命となったようだ。

しかしその後、再度家を出る事となる。

その際、兄から勘当宣告されるも母親が応援してくれたようだ。

再び札幌に行き、そして、旭川、根室、帯広、室蘭、青森、東京、松山、博多、名古屋と移り住む。

10代で雇われママも経験しており、カルーセル麻紀の美貌がうかがえるな。

 

しかし水商売時代の写真は見つからなかった。

 

そして19歳の時に「カルーセル麻紀」という芸名のきっかけとなった大阪の「カルーゼル」で源氏名「麻紀」として働き水商売での終止符を打つのだ。








カルーセル麻紀の若い頃が超美形?!

今でも綺麗な顔立ちのカルーセル麻紀だが、若い頃は超美形だと言われている。

そんなカルーセル麻紀の若いころの写真がこれだ!

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2136288402214588401/2136291080121645703

引用元:https://twitter.com/kanakoshirokuro

 

エキゾチックで、もともと男性だとは思えない美人だな。

 

自伝書で大物俳優とも多数関係を持ったことを告白している。

当時カルーセル麻紀と関係を持てば出世するというジンクスもあったとか。

大物俳優である石原裕次郎もカルーセル麻紀を女性としてとても可愛がっていたそうだ。

これだけの美貌なら男性としてではなく女性として接するのはカルーセル麻紀に対しての礼儀でもあると思う。








カルーセル麻紀の最新情報!レギュラーは?

 

最近カルーセル麻紀を見かけなくなったと思わないか。

調べてみると、実は現在、レギュラー番組は持っていない。

2019年は、「インターナショナルクイーンJapan2019」で審査員をしたり、「スナックゆみ子」のトークライブのゲストをしたりしているな。

現在76歳という高齢もあり、テレビ出演は減らし、芸能活動も自粛しているのであろう。

 

芸能活動ではないが、2019年6月27日にカルーセル麻紀がモデルの長編小説「緋の河」が桜木紫乃作により発売された。

「緋の河」 作者 桜木紫乃

より詳しくカルーセル麻紀について知る事ができるだろう!

カルーセル麻紀に次ぐ性転換手術済の芸能人は?

最後にカルーセル麻紀に続く、性転換手術済の芸能人を調べてみたぞ。

はるな愛

ミス・インターナショナル・クイーン 2009を受賞し、世界一のニューハーフとなったはるな愛。

現在はスナック経営など実業家として活動している。

KABAちゃん

小室ファミリー dosのメンバーとしていたKABAちゃん。

有名になったのはソロでバラエティーに出だしてからだろう。

現在は整形もしてテレビによく出ていた頃の面影はなくなってしまったな。

GENKING

セレブキャラでテレビに出てきたGENKING。

実は無理していたとカミングアウトし、当初ほどのテレビ出演の機会は減った気がするな。

しかしヤフーではGENKINGのトピックスがたつなど、何かと話題が消えない芸能人だな。

佐藤かよ

172cmの長身を活かしモデルとして活躍後、バラエティーでも活躍していた佐藤かよ。

普通にかわいい女性という感じでニューハーフタレントとは思えなかったな。

現在は韓国や中国でも人気だな。

 

まとめ

今回はカルーセル麻紀の若い頃を詳しく調べていったぞ。

若い頃15歳で親元を離れ、水商売を転々とし苦労していたことが分かったな。

しかし顔は超美形だった。

70代後半の現在もきれいな顔をしているカルーセル麻紀。

今後もニューハーフタレントのパイオニアとして芸能界のオネエたちを引っ張っていく存在であってほしいな。