河北麻友子の実家は金持ち?父親は何してる?英語力は実際どう?

ハイム
待たせたな。
君が知りたいことを教えてやるよ。







河北麻友子といえば、アメリカ生まれ、アメリカ育ちでネイティブな英語を話すというイメージがあるよな。

近所には、ビヨンセやロバートデニーロが住んでいるという事で高級住宅街でお金持ちと言われている。

実際に出川哲朗からも『お嬢』と言われているのだが、実家はやはりお金持ちなのだろうか?

父親や母親は何をしている人なのだろう?実際の河北麻友子の英語力なども気になったので、色々と調べてみたぞ。

河北麻友子のプロフィール

 

引用元:https://hanshansb.com/kawakita/

河北麻友子プロフィール
  • 生年月日 : 1991年11月28日
  • 出身 : アメリカ合衆国 マンハッタン
  • 身長 : 163センチ
  • 血液型 : O型
  • 事務所 : オスカープロモーション

 

アメリカ生まれアメリカ育ちで、日本語よりも英語が得意である。

2003年に女優を目指すため、日本に来日し、美少女コンテストではグランプリ賞、マルチメディア賞を受賞して芸能界入りをする。

その後、ドラマや映画にも出演し女優として活躍をする中、2012年から『vivi』の専属モデルとしても活躍するようになる。

『みれまゆコンビ』として同じモデルで女優の桐谷美玲とは大の仲良しでファンの間でも親しまれているそうだ。

バラエティ番組では、『世界の果てまでイッテQ』で出川ガールとして出川哲朗とアメリカへ行ったり、ロケを中心に2人で世界を駆け回り、その時の掛け合いが面白いと注目を集めた。

河北麻友子は、見かけは可愛らしい雰囲気なのだが、実は毒舌でハッキリ物を言う性格だと言う事が判明し、そのギャップが面白いと評判となったよな。

その後も、バラエティ番組のレギュラーを多数持つ人気者へと成長した。








河北麻友子の実家はお金持ち?実家はどこにあるの?

引用元:https://makey.asia/column.php?id=4857

河北麻友子は、テレビでよく自分でもビヨンセやロバートデニーロが近所に住んでいたと話しているが、実際はどのような所なのだろうか?

実家は、マンハッタンのアッパーウェストサイドという場所にあるそうで、有名人が多く住む高級住宅街らしいぞ。

このエリアは、あの有名な、ジョンレノンとヨーコ・オノが住んでいた『ダコタ・ハウス』がある事でも有名である。

他にも、タイガーウッズやスティーブン・スピルバーグ、シンディ・ローパー、ダイアナ・ロスもこのエリアに住んでいる。

そしてセントラルパークも近く、大通りにはあの有名なブロードウェイがある人気のエリアとなっているそうだ。

街の風景も、もはや映画の世界だよな。

アッパーウェストサイドは、3億円あっても予算が少なすぎて購入出来る物件がないほど、高級住宅街の中でも超高級住宅街らしいぞ。

さらに、入居審査も厳しく誰でも住める街ではない特別な街だということがわかった。

ちなみに、2006年にロバートデニーロが同じエリアに約18億円の豪邸を購入したと言われている。

もしかすると河北麻友子の実家もそれに近い金額で購入されているとしたら、お金持ちという事は間違いないだろう。

そしてビヨンセも同じ地区に住んでいたこだが、結婚してからはロサンゼルスに引越しし、100億円の豪邸に住んでいるそうだ。

これまた桁違いな額だ。

そんな有名人が多く住むエリアに住んでいた河北麻友子の父親はいったいどんな仕事をしているのか、かなり気になるよな。








河北麻友子の父親は何をしてる?家族構成は?

引用元:https://indoorzoku.com/kawakita-mayuko-chichioya-ane-ani-7779

河北麻友子の実家がお金持ちだという事はわかったのだが、父親は何をしている人なのかと言うと、アメリカニューヨークで会社を経営しているそうだ。

アメリカで会社を経営しているなんてかなりの敏腕社長である事は間違いないよな。

どんな会社を経営しているのかは明らかにされていないのだが、コンサルティング系の会社だという噂があるようだ。

コンサルティングという言葉はよく耳にするのだが、実際どのような仕事をしているのかというと、大まかに言うと会社企業の役員に対して、戦略アドバイスや提案を行う仕事である。

アメリカでこのような会社を経営するなんて、かなりのやり手と言える。

この父親のひぃひぃおじいちゃんが、凄い人で歴史的に名を残す河北義次郎という人だ。

エリート集団『松下村塾』出身で、明治政府の外交官となりアメリカのサンフランシスコで領事館として活動していたそうだ。

父親のエリートな血筋は、この河北義次郎から代々受け継がれているのかもそれないな。

そして、母親もファッション業界で働いているキャリアウーマンだと言う事だから、お金持ちのレベルが日本人の感覚とはちょっと違うかもしれないな。

河北麻友子は、兄と姉がいる5人家族だ。

河北麻友子と母親だけ日本で暮らし、姉、兄、父は、アメリカに残って暮らしている。

離婚したり、仲が悪い訳ではないそうなのだが、河北麻友子が日本で活動する為に母親が支えているのではないかと思う。

アメリカにいる姉は、『莉央子(りおこ)』と言う名前で河北麻友子の7歳年上になる。

姉は、ニューヨーク5番街のUNIQLOで働いているそうだ。

UNIQLOで働いているという事で少し親近感が湧くな。

そして兄の『圭司(けいじ)』は、河北麻友子より2歳年上で2013年に立命館アジア太平洋大学を卒業している。

兄に関しては、あまり情報がないのだが、卒業後は、大学院に進んだのでは?という噂もあった。

どちらにしろ、父親の後を継ぎ、今後はアメリカで活躍していく事になるのではないだろうか?








河北麻友子の英語力は実際どうなの?

引用元:https://matome.naver.jp/m/odai/2141058212199006201

河北麻友子は、アメリカ生まれアメリカ育ちの為、もちろん母国語として英語を使っていたのだが、その英語力は本物なのだろうか?

度々、テレビなどでも英語を披露しているが、その英語力は、間違いなく本物だという事がわかった。

その実力がわかる動画があったので確認してみてくれ。

 

これはイッテQの中でのロケで、みんな英語だけで話すのだが、この中でも河北麻友子の英語力はピカイチで、何も頭で考えなくても口から勝手に英語が出ている感じがする。

それもそのはず、河北麻友子は両親は日本人なのだが、国籍はアメリカなのである。

つまり、河北麻友子はアメリカ人という事で、母国語が英語になるネイティブスピーカーなのだ。

河北麻友子も英語で話す方が楽という事を言っていたので、英語が話せると自慢するとかではなく、私たちが日本語を話しているのと同じ感覚なのだろう。

幼少期から家の中だけでは、日本語で話すというルールがあったようで、両方話せるようになったらしいぞ。

自然にどちらも身につく環境で過ごしていたんだな。

容姿端麗で、スタイルも良く英語も出来る上にお金持ちと、まさに非の打ち所がないとは、この事だ。

女性が夢見るお姫様のような人生を送っているよな。

まとめ

今回は、『河北麻友子の実家は金持ち?父親は何してる?英語力は実際どう?』について調べてみたのだが、どうだっただろうか?

河北麻友子は、両親も日本人なのだが、アメリカ生まれ、アメリカ育ちのアメリカ国籍だった。

つまり日本人ではなくアメリカ人という事だな。

もちろん英語は母国語で発音もネイティブである事は間違いなさそうだ。

また、実家はアメリカ・マンハッタンのアッパーウェストサイドという有名人も多く住む超高級住宅街で、実家がお金持ちという事も本当だったと言えるな。

父親もアメリカで、コンサルティングの会社を経営しているそうだぞ。

バラエティ番組で『お嬢』と呼ばれているのも冗談ではなく、本当のお嬢様だったという事だな。