岡田将生のドラマの演技力は?NHK朝ドラや大河に抜擢される理由は?

ハイム
待たせたな。
君が知りたいことを教えてやるよ。







人気若手俳優から実力派俳優として、着々と実力を積み重ねている岡田将生だが、その演技力は、どうなのだろうか?

朝ドラ100作目の『なつぞら』では、主人公奥原なつ(広瀬すず)の兄役を演じて話題を呼んだ。

岡田将生は、このドラマ以外にもNHK大河に出演する事も多いが、何故抜擢されるのだろうか?

今回は岡田将生の演技力やNHK朝ドラや大河に抜擢される理由について調べてみたぞ。

岡田将生のプロフィール

 

引用元:https://news.livedoor.com/lite/article_detail/14142782/

岡田将生プロフィール
  • 生年月日 : 1989年8月15日
  • 血液型 : AB型
  • 出身 : 東京都
  • 身長 : 181センチ
  • 事務所 : スターダストプロモーション

 

中学2年生の頃、原宿でスカウトされたが、部活が忙しかった為、名刺をもらっても連絡をする事はなくそのままとなっていた。

その後高校へ進学して、スカウトされた芸能事務所に連絡をとり芸能界へ入ることになった。

2006年にCMでテレビデビューした後は、ドラマや映画舞台などで活躍する事になる。

岡田将生は、カッコいい役から、ダメ男まで演技の幅が広く注目される実力派俳優の1人だ。








岡田将生のドラマの演技力や評価は?

引用元:https://woman.mynavi.jp/article/180110-3/

岡田将生は、デビューから数々のドラマに出演してきたが、演技力や評価はどうなのだろうか?

調べてみると、数多くの賞を受賞している事がわかった。

2006年にデビューしてから3年後の2009年には、

『第34回報知映画賞 新人賞』
『第52回ブルーリボン賞 新人賞』
『第33回日本アカデミー賞 新人俳優賞』

その他にも、主演男優賞、助演男優賞など様々な賞を受賞しているのだ。

デビューして早々に賞を受賞しているのは、やはり演技力が高いからではないだろうか?

あの厳しいと有名な演出家の蜷川幸雄からも高評価を得ていたのが岡田将生なのだ。

以前、蜷川幸雄の演出する舞台『皆既食―Total Eclips―』で主演を務めたのだが、実は前からこの舞台をやりたかったのだが、ピッタリな俳優が居なかった為、なかなか舞台化されていなかった。

そんな時、目に止まったのが岡田将生で『繊細な演技が出来てうまいなぁ』と思ったそうだ。

実際に会ってみても、『繊細な空気を身にまとっている頭のいい子』という印象だったようだな。

蜷川幸雄が岡田将生の演技力を評価しているのだから岡田将生は演技が上手いという事で間違いないだろうと思う。

だが、その一方で

『演技がマンネリ化している』
『全部同じ役に見える』

という厳しい意見もあるそうだ。

岡田将生は、ドラマでイケメン役を演じる事が多く、演じる役が似ていてそう感じる人がいるのかもしれないな。








岡田将生がNHK朝ドラや大河に抜擢される理由は?

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0104158

岡田将生は、今までにNHKで朝ドラや大河に出演する事も多く主演や重要な役どころを演じている。

2011年の大河ドラマ『平清盛』では、史上最年少で源頼朝役に大抜擢された。

また、2018年に放送されたNHKドラマ『昭和元禄落語心中』では、主演を務め青年期から老年期までを一人で演じた事でも話題となっていた。

このドラマを担当した監督は、10年以上前から、岡田将生の演技力に目をつけ、自然な演技で、作った芝居をしないと絶賛している。

このドラマは、視聴者からも大絶賛される素晴らしい作品となった。

特に落語のシーンでは、迫力ある本格的な落語を披露し、周りを驚かせていたな。

また年齢を重ね、老年期も岡田将生が演じたのだが、不自然さは一切なく本当におじぃさんのような姿や演技は流石という感じだった。

そして記念すべきNHK朝ドラの100作目として2019年から放送された『なつぞら』では、ヒロインの奥原なつ役を演じた広瀬すずの兄役として重要な役どころで出演を果たしていたよな。

『なつぞら』は朝ドラ100作目とあって、NHKも絶対に外せないとかなり意気込んでいて、キャスト選びにも力を入れていたようだ。

そのキャストも豪華で、なつの義理の母親役として松嶋菜々子、義理の父親役として藤木直人、夫役に中川大志、その他にも吉沢亮、工藤阿須加、山田裕貴など主演級の演技力がある脇役メンバーが揃った。

そんな大事な朝ドラ100作目に、ヒロインの兄役という重要な役に抜擢される岡田将生は、昔から大河ドラマなどにも出演し、役者としての実績を積み重ねてきたからこそ声がかかったのだろう。

また、演技力だけではなく好感度も高いといった事がNHKのドラマに抜擢される理由の一つに違いないな。








岡田将生はドラマだけではない!プライベートも男前で神対応!

引用元:https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16984429/%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAZ7CptKT8NjHwAE%253D

岡田将生は、容姿がいいだけではなく、実はファン想いの超神対応という事が話題となっている。

ドラマやNHK朝ドラ、大河などにも出ていて超売れっ子なのにも関わらず性格までいいとなると、何の文句の付け所もないよな。

ある舞台終わりに、翌日が誕生日だった岡田将生を祝う為、出待ちのファンが大勢詰め掛けていたそうなのだが、そのファンに対しても丁寧に対応していた事が週刊誌により取り上げられていたそうだ。

ファンに挨拶した後、乗り込んだ車にも劇場を通じてもらったファンからのプレゼントが乗せられていてファンを喜ばせていたようだな。

週刊誌というのは、ゴシップ関係や悪い噂を書く事が基本的には多いが、良いことを取り上げるのは、珍しくないだろうか?

これらの事をわざわざ週刊誌が取り上げるのも、岡田将生の人柄がいいからだろうと思う。

そしてある番組では、ファンからのプレゼントや手紙は元気付けられると言っていた通り、休みの日に事務所へ行き、ファンからの手紙やプレゼントを段ボールで持ち帰っていた事も、週刊誌に取り上げられていた。

ちゃんとファンレターを読んでくれている、プレゼントを見てくれているという事実だけでもファンからすると嬉しい限りだよな。

岡田将生に関しては、性格が悪いという噂はほとんど無く、ネットで検索してもほぼ出てこない。

これだけ人気のある俳優なら性格悪いなどと叩かれる事が普通なのだが、そのようなエピソードもなく、外見からも性格が悪そうには到底見えないという事だろうな。

顔も性格も良く演技力もあり、まさにパーフェクトだと言えるな。

まとめ

今回は、『岡田将生のドラマの演技力は?NHK朝ドラや大河に抜擢される理由は?』について調べてみたがどうだっただろうか?

岡田将生は、爽やかで一見癒し系のような存在なのだが、演技をすると一転してその役になりきり高い演技力を見せる実力のある俳優だと言えるな。

ちょっと天然な役だったり真面目な役、真逆のチャラ男役まで本当に幅広く演じている。

岡田将生は、特に目立つスキャンダルなどもなく、老若男女問わず好感度も高い為、NHKの朝ドラや大河にもよく出演しているよな。

そして何より、ファンを大切にする『神対応』が度々週刊誌に取り上げられている。

ファンからもらったプレゼントや手紙は岡田将生の支えとなっていると本人も口にしていたように、事務所へ行き届いたプレゼントや手紙を自宅に持ち帰る姿なども週刊誌に報じられていた。

まさに、見たままの優しい人間性が伺えるよな。

きっと一度岡田将生のファンになったら、ずっと応援したくなる、そんな俳優なのだろう。

これから、もっとたくさんの色んな役に挑んでいく事になるだろうと思うが、イメージを良い意味で壊していくような役に挑戦していく岡田将生を見てみたいものだな。

今後の活躍にも期待が高まる俳優の一人である事は間違いない。