古川雄大は歌が下手がでダンスが得意?出演ドラマや写真集も調査!








現在放送中の天海祐希主演のドラマ「トップナイフ」に出演中の古川雄大。

最近度々ドラマで見かけるが本業はミュージカル俳優なのだ。

ミュージカル俳優といえば歌ウマが定番だが、古川雄大は歌が下手と言われている。

実際はどうなのだろうか?

また古川雄大の写真集が発売されるという情報もあるので、詳しく調べてみたぞ。

古川雄大のプロフィール

引用元:https://entertainmentstation.jp/375822

まずは古川雄大のプロフィールを見てみよう。

古川雄大のプロフィール
  • 読み方 ふるかわ ゆうた
  • 生年月日 1987年7月9日
  • 出身 長野県
  • 学歴 長野県須坂商業高等学校
  • 身長 182センチ
  • 血液型 A型
  • 趣味 ジャズダンス、クラシックバレエ、卓球、作詞作曲、ギター
  • 事務所 研音

古川雄大でふるかわゆうたと読む。

趣味は芸術性にとんだものばかりだな!

元々は、ヒップホップを習いたくて自ら問い合わせたようだが、見学に行ったスクールではヒップホップをしておらず、ジャズダンスとクラシックバレエを習うことになったそうだ。

古川雄大は共演者からキリッとしたイケメンからは想像できないが天然と言われる一面もあるらしい。

最初の頃は否定していたが最近では自分は天然だと認めているぞ(笑)

イケメンなのに天然というギャップは女性の心をつかみとてもいいと思うな!








古川雄大の出演ドラマの紹介!

引用元:https://ryo3noheya.com/hurukawayuta_sagyougi/

古川雄大は、天海祐希主演の土曜ドラマ「トップナイフ~天才脳外科医の条件~」に出演している。

このドラマは、天海祐希演じる腕のいい脳外科医を中心に椎名桔平演じる天才脳外科医、広瀬アリス演じる自信家だけど勉強だけで技術のない新人などが繰り広げる医療ドラマだ。

そんなドラマで古川雄大は医者ではなく、この脳外科医たちが通うバー「カサブランカ」のマスター木島達也を演じている。

木島達也はノリが良くて女の子が大好き、チャラく見えるのですがどこか憎めない存在だ。

そして、古川雄大の役どころはただのバーのマスターだけではなく広瀬アリスさん演じる新人ドクター小机幸子が、木島達也に恋をするのだ!

視聴者の感想を見て見ると、とにかく古川雄大がかっこいいという声が多い。

エンディングのダンスも話題になっているな。

毎回少しずつ変わっているので、ダンスの得意な古川雄大メインの動画も期待したいところだ。

古川雄大は、阿部寛主演の人気ドラマ「下町ロケット」にも出演していた。

このドラマは2018年11月のドラマだったのですが、古川雄大にとって初めてのゴールデン帯連続ドラマへのレギュラー出演だったのだ。

古川雄大は第6話の「ヤスダガラス編」から登場し、農林業協同組合の職員吉井浩を演じていたが、この役がかなりの嫌な役だった。

ミュージカルでは王子的な役が多い古川雄大だが、初めての悪役ということで、プレッシャーもあったようですが思いっきり演じ、見た人からは開口一番に「嫌な奴だね」と言われるなど、役者としては大成功だったようだぞ。

すでに2020年前期の朝ドラ「エール」の出演が決まっている古川雄大。

栄光は君に輝くなどを生涯で5000曲も作曲した天才作曲家古関裕而とその妻で歌手の金子の音楽とともに生きた夫婦の人生を描いたドラマだ。

古関裕而を窪田正孝、妻の関内音を二階堂ふみさんが演じ、古川雄大は関内音の音楽の先生、御手洗潔を演じる。

古川雄大自身、ミュージカルに出演していく中で様々な先生に歌を習ってきたので、その経験を生かしていきたいなどと話している。

古川雄大が、「エール」でどんな先生を演じ、物語に関わっていくのか楽しみだな!

すでに活躍中の古川雄大だが、朝ドラ出演は知名度も人気もさらに上がるチャンスなので、出演後のさらなる活躍も期待だ!








古川雄大はミュージカル俳優なのに歌が下手?!

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JzNidEP_Gi8

古川雄大は今はドラマや映画でも活躍しているが、実はミュージカル俳優が本業で第一線で大活躍しているのだ!

テレビによく出ているミュージカル俳優と言えば山崎育三郎などがトップで活躍しているが、古川雄大はミュージカル界の新星だと言われている。

古川雄大の初めてのミュージカル出演は、2007年の「テニスの王子様」で、4代目不二周助を演じた。

そこから多くのミュージカルへ出演していっている。

2018年には「モーツァルト!」で主演のモーツァルト役に抜擢され、帝国劇場初主演となり活躍した。

このモーツァルト!では、山崎育三郎と主演をWキャストで演じ話題となったな。

2019年には「エリザベート」で、ルドルフ役から昇格し、ミュージカル界を牽引しているプリンス井上芳雄とWキャストで主演のトート閣下を演じた。

このエリザベートは2020年も公演するが、ここでもトートを演じるのだ。

しかしながらミュージカル界で大活躍の古川雄大にまさかの歌下手疑惑がでている。

調べて見ると、たしかにちらほらと歌が下手という意見があるようだ。

音痴というよりは、声量が物足りないという意見が多いように思う。

実際心に響くようなテノールの伸びなどは感じない。

しかし小顔でイケメン高身長の古川雄大はライトのあたる舞台でめちゃくちゃ映えている。

古川雄大は元々、ダンスが得意だったこともあり、昔から歌はどちらかというと苦手だったようだ。

その分、ダンスはとても上手でディズニーランドでのダンサー経験や、様々な大会での受賞経験もあります。

モーツァルト!のヴォルフガング役もエリザベートのトート役もダンスシーンより明らかに歌うシーンのほうが多いもんな。

しかし歌が下手な人が、帝国劇場で主演はいくらイケメンな古川雄大でもできないはず!現在もまだまだ歌は上達途中だと言われているぞい。

今後さらに、成長していく古川雄大に期待したいな。








古川雄大が写真集発売?発売イベントや売れ行きは?

引用元:https://webronza.asahi.com/culture/articles/201811…

古川雄大の写真集が2020年3月19日に発売されることが発表されたな。

写真集の撮影は沖縄で行われたようだぞ。

沖縄のあの綺麗な海と古川雄大のコラボが見れるということだな!

古川雄大自身も、沖縄という開放的な場所で撮影が行われたということで、カメラを忘れて自然体な写真が多く撮れたなどと話していたし、楽しみだな!

今回は三線に挑戦するなど初めてのこともあったようで、かなり刺激的な体験になったそうだぞ!

今回の写真集発売にあたって、写真集発売日の翌日3月20日に東京ブックファースト新宿店で写真集のお渡し会が開催される予定となっている。

古川雄大さんから直接写真集を渡してもらえるチャンスだ!!

また、沖縄でのロケの裏側が収録されたメイキングDVDや特大ポスターが得点でついてくる限定版も発売されるそうなので要チェックだな!

ところで古川雄大の過去写真集の売れ行きはどんなものだろうか。

初めて発売された写真集は2008年で「MEN‘S Photobook Lu」、そして、2009年に「東京自転車物語」が発売されている。

2017年には30歳を記念して「30 thANNIVERSARYBOOK Free&Easy」も発売されているので今回の写真集で4作目となるのだ。

過去の写真の売上が気になるが、詳しい数字は不明だったぞ。

しかし今回で写真集発売が4作目になるということは、これまでの売上も良かったのではないだろうか。

古川雄大は写真集以外にも、歌手としてCDも発売している。

俳優業にミュージカル、そして歌手として多くの場で活躍する古川雄大の新作の写真集は売り上げが期待できるな!!








まとめ

ドラマ「トップナイフ」に出演中の古川雄大は、ドラマや映画だけでなく、ミュージカル俳優としても大活躍していることが分かったな。

歌が下手という声もあるようですが、帝国劇場で主演を務めたり、歌手としてCDを発売していることから、しっかりと実力があることも分かる。

トップナイフでは、チャラくて女好きだけど何だか憎めないバーの店員を演じ、下町ロケットでは嫌われ役を演じるなど、演技の幅も広がっている。

朝ドラ「エール」出演や、2年ぶりの写真集発売など、古川雄大の今後の活躍にも目が離せないぞ!