大河内奈々子の若い頃はモデル?幸薄顔で小沢真珠と名コンビに?








若い頃は「牡丹と薔薇」で大ブレイクした女優の大河内奈々子。

若い頃はとても素敵な美人で有名だった。

大河内奈々子のプロフィールを確認するとともに、若い頃とても美人で、ドラマで大活躍していたことなどを振り返ってみたいと思う。

昔はモデル経験もあったそうだが、今現在はフラワーデザイナーとして活躍しているとか。

自由が丘のフラワーショップで元気に接客をしているそうだ。

テレビの旅番組などではその溌溂として姿を見かけることはあるのだが、女優はしていない様子。

もう女優に復帰することはないのだろうか。

そんな大河内奈々子の若かりし頃を改めて振り返ってみよう。

大河内奈々子のプロフィール!女優で活躍!

引用元:http://navicon.jp/news/34519/

大河内奈々子は1977年6月生まれ、東京都の出身だ。

15歳の時にティーン雑誌「セブンティーン」の専属モデルになっている。

その後女優としても活躍の場を広げ、数々のCMやドラマ、映画などの出演を重ねたが、彼女の名を一躍有名にしたのは、何といってもドラマ「牡丹と薔薇」だろう。

実は大ブレイクする前の2000年ごろから、趣味で会ったフラワーアレンジの仕事を始めていた。

今はそちらがメインの仕事になっているようだ。

私生活では2006年脚本家の宅間孝行と結婚し、長男を出産したが、6年後に離婚。

さらに2014年に4歳年下のジムのインストラクターの男性と再婚をしたそうだ。

子連れの再婚となったわけなのだが、再婚相手と大河内奈々子の子供の仲はすごく良いらしい。

大河内奈々子が大活躍していたのは、「牡丹と薔薇」だけではない。

これまで数々のドラマ作品や映画作品にももちろん出演している。

例えば「新キッズ・ウォー」では教師と児童の対立をテーマに描いた作品で、主人公ともいえる「大月かおり」役を演じたし、探偵ものや刑事もののドラマではゲスト出演なども繰り返している。

ドラマ以外では「N響アワー」で司会を務めるなど芸術文化にも造詣が深い様子だ。

映画では「▼岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS▼」「▼ズッコケ三人組 怪盗X物語▼」「▼かぐらめ▼」などの話題の作品にも次々と出演している。

主役を張ることはあまりないようだが、脇を固める重要な役どころやゲストとして花を添える役などに欠かせない実力の持ち主のようだ。








大河内奈々子のブレイクは牡丹と薔薇!小沢真珠との名コンビ?

引用元:https://geinou-news.jp/articles/j6yurlon

大河内奈々子の代表作と言えば、「牡丹と薔薇」だ。

このドラマはフジテレビ系列で2004年1月から3月まで放送された昼ドラだ。

とにかくドロドロの愛憎劇で、過激なセリフや衝撃的なシーンが話題を呼んだドラマだ。

大河内奈々子はこのドラマで二人の主要人物のうちの一人、「ぼたん」という女性を演じた。

ちなみに「ぼたん」と壮絶な争いを繰り広げられる女性「香世」を演じたのは小沢真珠だ。

生まれてすぐに誘拐されたぼたんと実の妹である香世。

数奇な運命をたどった姉妹は、やがてひょんなことから再会。

家政婦として働くぼたんに香世はいじめを繰り返すが、一度は和解。後に姉妹と判明したものの同じ男性を愛してしまうことからその怒りが再燃するといったドロドロのストーリーだ。

ドラマ上では特に小沢真珠の過激なセリフが強烈な印象を与えた。

「▼役立たずのブタ!あんたなんて、ぼたんじゃなくてブタよ!▼」

「▼ぼたん、こんな事だむと思ったら大まちがいよ!あたしがブチ切れたら何をするかわからないわよ!▼」などなど。

さらに視聴していた人が必ず思い出すものと言えば、香世の浮気した夫のものである財布にソースをかけた「財布ステーキ」などの不気味な料理だ。

その過激さから当時は話題が沸騰したようだ。

「牡丹と薔薇」で壮絶な争いを繰り広げた大河内奈々子と小沢真珠だが、世間では「ボタバラコンビ」などと呼ばれるほど名パートナーだと言われているそうだ。

確かにいくら小沢真珠の虐める側がきつくても、受け止める、虐められる側が下手な演技をしていては場が盛り上がらないよな。

同等の演技力、実力そして美貌があるからこそ、「牡丹と薔薇」の題名同様印象に残ったのだと思う。

さてその大河内奈々子と小沢真珠の「ボタバラコンビ」が復活出演したドラマがあったのだ。

2人が活躍した「牡丹と薔薇」から12年。

2015年11月から始まったドラマ「新・牡丹と薔薇」の1話2話に、大河内奈々子と小沢真珠が出演。

役柄は看護師の役だったそうだが、何と役名は大河内奈々子が三上、小沢が野島だそう。

これは「牡丹と薔薇」の役名「三上ぼたん」「野島香世」の役名そのままなのだ。

このコンビ復活にファンは大喜び。

「▼懐かしい!二人とも変わらず綺麗だね▼」

「▼あの二人が…??変わらずお綺麗だね!ゲスト出演楽しみだ( ´ ▽ ` )ノ▼」と驚きと喜びを隠せない様子だった。

ちなみに当のお2人はというと、大河内奈々子は「▼真珠ちゃんとは『牡丹と薔薇』の撮影でともに戦ってきた”戦友”のような存在。共演できるのはうれしいし、そばにいてくれると安心できる▼」

小沢真珠も「▼奈々子ちゃんと他の現場で一緒になると、『あ、ボタバラコンビだ!』と共演者やスタッフがテンションが上がる(笑)▼」と再会に喜んでいたそうだ。

2人はプライベートでも仲が良いそうで、2人で一緒にいるところを目撃したファンもいたようだぞ。








大河内奈々子15歳でデビュー?モデル時代の詳細は?

引用元:https://www.oricon.co.jp/prof/231595/photo/p002019…

大河内奈々子は15歳という若い頃から既に芸能界入りを果たしていたようだ。

大河内奈々子の出身中学校は私立の聖徳大学附属中学校。現在は聖徳大学付属女子中学校だ。

大河内奈々子の身長は168センチとスラっとしているのだが、その身長を生かして中学校時代はバスケットボール部に所属していたそうだ。

そして高校は都内にある日本音楽高校の音楽科に進学した。

こちらの高校は私立の音楽学校で、芸能活動も容認しており、数々の女性芸能人を輩出している名門校なのだとか。

有名な芸能人で言うと、大河内奈々子の他にも工藤静香や深津絵里、泉ピン子や栗山千明などが在籍していたそうだ。

大河内奈々子はこの高校で、芸能活動の傍ら部活動にも在籍していたらしく、バレーボール部であったとも言われている。

大河内奈々子は若い頃はモデルとして最初にデビューをしたな。

若手女性の人気の的であるティーン雑誌「セブンティーン」のモデルだ。

この「セブンティーン」だが、今現在でも女性の憧れの存在である女性芸能人がモデルを務めていたことで有名だ。

例えば、鈴木えみ、榮倉奈々、北川景子、木村カエラなどなど。

どの方も当時の時代を担う人気モデルで、若い頃だけでなく、後に女優や歌手としても圧倒的オーラを放っている。

大河内奈々子のセブンティーン時代のお写真だが、残念ながら見つけることができなかった。

ただ、有名になった「牡丹と薔薇」の頃よりもっと前だと考えると、若い頃はさぞかしはつらつとした美人で、パッと目を引く存在だったのかなと思うな。








大河内奈々子はサスペンスドラマの大女優に!主婦役が上手すぎ?

引用元:http://xn--p8j2bhdbq15a.com/dramamovie/7861/attach…

大河内奈々子のドラマ出演作品を見てみると、多くのサスペンスドラマに出演していることが分かる。

「京都迷宮案内」「警視庁女性捜査班2」「鉄道捜査官3」「天才刑事・野呂盆六8」「警視庁・捜査一課長~ヒラから成りあがった最強の刑事!4」などだ。

なぜ数々のサスペンスドラマに出演しているのか、その理由は定かではないが、よく出演している女優には共通点があるのではないかと推測される。

それは「はかなさ、薄幸の美女」。

以前、人気バラエティー番組である「マツコの知らない世界」で「2時間サスペンスの魅力」について語られた回がありた。

そこでは「謎解きの自由さ」や「動機の単純さ」など2時間サスペンスならではの特徴が何個か挙げられた。

その中には「▼「誰かをかばう」「不遇からの脱却」など、懸命に生きる女性▼」が出てくるとして、高橋かおりや大谷みつほらドラマの常連女優が挙げられたのだが、その一人として大河内奈々子もお名前が挙がったそうだ。

「こんなはずじゃなかったのに」という薄幸さが上手な女優としてイメージがぴったりなのかも知れない。

大河内奈々子は「牡丹と薔薇」では薄幸の女性を演じた。

そもそも「牡丹と薔薇」は現実にはとてもいないような設定、セリフなど、過激さが際立っていたストーリーだったため、役柄も必然的にエキセントリックな部分が誇張しているようだった。

大河内奈々子がよく出演していたサスペンスでは、さすがに奇抜な設定はほとんどなく、リアルさが求められているように思う。

そんな中で、大河内奈々子の役柄は女優の役だったり、秘書の役だったり、あるいは失明した女性の役だったりと、個性を求められるというよりは普通の人の役柄を演じられてきた。

大河内奈々子はそんな中でも主婦の役や母の役、教師など一見どこにでもいそうな役を演じることが上手だったと思う。

つまり、地に足の着いた、根っこがしっかりしている役作りをしていたと思うな。

もちろん女優だので、実際はそんな地味な生活はしていないだろう。

しかし、演技に入ると、そこにはささやかな毎日に幸せを感じているどこにでもいる主婦が存在しているのだ。

そういった器用さも大河内奈々子がサスペンスドラマで重用される所以だと思うな。








まとめ

大河内奈々子について見てきた。

「牡丹と薔薇」が放送していたのは今からもう16年も前になるのだな。

今もなおあの壮絶なドラマは記憶に残ります。

その後最近お見かけしていないなと思っていたら、現在は女優の仕事から少し遠ざかり、フラワーアレンジメントの方にシフトを置いていたのだな。

しかも「牡丹と薔薇」がブレイクする前からその仕事を始めていたとは意外だった。

私生活では理解ある再婚相手に恵まれて、息子と3人仲睦まじく暮らしている様子。

今もなお美しい大河内奈々子、愛する花だけでなく、たまにはテレビドラマなどでその美しさを拝見出来たらなと思ってやまないな。