大河内奈々子が現在ガリガリで若い頃とは別人!元旦那から暴力?








「牡丹と薔薇」で有名になった大河内奈々子だが、現在はガリガリで若い頃とは別人のようだそうだ。

元旦那との関係も今回明らかになったぞ。

そんな女優大河内奈々子のガリガリで若い頃とは全くの別人のようだという噂や、離婚した元旦那との関係も明らかにしていきたいと思う。

薄幸の美女のような美しさはありましたが、健康的な体型だったはずの大河内奈々子に一体何があったのだろうか?

今現在は女優の仕事はセーブされ、都内の花屋で働いているという噂の大河内奈々子。

その知られざる私生活についてさっそく見ていきたいと思う。

大河内奈々子の現在がガリガリ?拒食症?

引用元:https://www.showholic.jp/artists/14347

大河内奈々子の現在を調べると「ガリガリ」、「若い頃と別人」などと不穏な単語が出てくるな。

一体どういうことなんだろうか?

大河内奈々子の現在のお写真を探してみてみると、確かに細い。

加齢で顔が面長になっていくのはよくあるのだが、それに輪をかけて細すぎるように思える。

最近メディアに出ることは少なくなったのだが、2019年にとある旅番組に出演された際には、ネットでも「▼大河内奈々子ってこんな顔だっけ…▼」「▼大河内奈々子、久しぶりにテレビで見かけたけど痩せ過ぎじゃない?心配になるくらいの痩せ具合。▼」とあまりの痩せ具合に心配になる人が続出しているようだ。

若い頃から決してぽっちゃり型だったわけではないだが、決して痩せすぎている印象はないな。

むしろ「牡丹と薔薇」の時には小沢真珠と対を成すようなため息の出るような美しさが記憶に残っている。

それが一体、どうしてこんなにも痩せてしまったのか。気になるところだ。

一説によれば、大河内奈々子は「拒食症」ではないかと言われているようだ。

拒食症とは摂食障害の一つで、極端に食物をとらなくなってしまう病気のことだ。

強いストレスや人間関係の悩みから発症することが多く、太ることへの異常なまでの恐怖感と、食事を極端に制限すること、さらには口にしたものを無理にはいたり、下剤を乱用するなどの症状が特徴だ。

続けていると嘔吐や下剤の乱用で電解質異常をきたし、脳の萎縮も始まるほか、最悪の場合死に至るという危険な病気だ。

大河内奈々子の痩せた姿がその「拒食症」の状態に見えるという人もいるようだ。

確かに大河内が痩せた様子を見る限りでは、ガリガリでやせ細っているなあと思うのだが、拒食症に陥った方は疲れやすさやだるさを訴える人も多いようで、健康的に生活している様子の大河内奈々子は当てはまらない部分が多いのではないかと思う。

なにより美味しそうな物を頬張ったり、友人と会食をしている様子をインスタなどで見る限りは「拒食症」という線は薄いのではないかという気がするな。








大河内奈々子と宅間孝行の結婚と離婚の詳細は?

根強い「拒食症」説の根拠として、元の旦那との結婚、離婚が引き金になったのではないかという噂も見かけた。

そう、大河内奈々子は一度結婚、離婚を経て、現在こそ理解のあるご主人とであい再婚しているのだが、一度目の結婚生活は決して幸せだったとは言えなかったようだ。

大河内奈々子が最初の結婚相手である俳優の宅間孝行と出会ったのは、大河内が友人の紹介で宅間の劇団の公演を見に行ったことから始まったようだ。

大河内奈々子はそこで宅間孝行のファンになり、今度は逆に宅間孝行が大河内奈々子の舞台を見に行ったことをきっかけに交際が始まったのだそう。

結婚したのは交際してからちょうど1年がたってからで、2人の間には2008年に男の子が誕生している。

お名前は「寅之助」くんとおっしゃるようだ。

なかなか凛々しい古風なお名前だな。

子も授かり、ますます夫婦の中も固く結ばれていくと思われていたのだが、6年後2人は別々の道を歩むことになった。

2012年、大河内奈々子は夫宅間孝行と離婚したことを発表した。

「▼お互いの価値観にズレが出来てしまい▼」と宅間孝行は離婚理由を述べたとのことだが、これについては疑問の声があがったのだそう。

そうも夫の宅間孝行は人間関係に問題を多く抱えていて、特に女性にまつわる問題は周りが眉をひそめていたのだそうだ。

噂では大河内奈々子と結婚する「直前」まで別の女優と交際していたとか、女遊びが派手だったなどと言われているのだとか。

また、宅間孝行は俳優の他に演出家としても仕事をされていたのだが、役者に大変厳しく当たり、男女問わず手を出してしまったり、それなのに大手の事務所所属の俳優には甘かったりなどと評判があまり良いとは言えなかったようだ。

そんな離婚のゴタゴタがあったことから、ガリガリに痩せてしまったのではないかとも噂されている。








大河内奈々子の元旦那はDV男で暴力で痩せた?ガンの噂は?

引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cg…

大河内奈々子と元旦那、宅間孝行の離婚した直接の原因については色々噂はあるが、どれも確定ではないな。

ただ、宅間孝行の暴力的な行為というのは主にお芝居の場で度々目撃されてきたようだ。

「▼共同で借金をして苦楽を共にしてきたスタッフは、現在誰ひとりとして残っていません。▼」と暴露されてしまったように、宅間の演出の仕方はかなり高圧的で、時に暴力的で、批判する人が多かったようだ。

前述しましたが、男女問わず手を出してしまうことは日常茶飯事だったようで、噂によれば「▼頭を殴られたり腹を蹴り飛ばされたり▼(中略)▼ケガを負ってしまい舞台を降板する羽目になった役者は何人もいた▼」とのことだ。

これは本当だとしたらひどい話だな。

その一方で「▼大手プロに所属するタレントに限っては絶対に厳しくしない▼」という態度も取っていたらしく、「▼単にストレス発散なのか▼」と文句を言っていた人も多かったようだ。

家庭でもそんな暴力的な態度に及んでいたのかははっきりしないが、結婚した相手が外で暴力沙汰や女性問題を起こし続けたら妻であった大河内奈々子はさぞかし悩んだことだろうなと思う。

さて、大河内奈々子のガリガリになった理由について「拒食症ではないか」「離婚のストレスではないか」という噂があると述べてきたが、もう一つ「ガンの可能性があるのではないか?」とも言われているようだ。

なぜそう思われるようになったのでしょう。

一般的にガンで痩せていくとは二つの原因があると言われているそうだ。

一つは「体重維持に必要な食事量を摂取できない時は飢餓状態となり痩せが起きる」

そして「ガン悪液質の状態」これはがん細胞自身が生きるために宿主の患者の栄養分を奪ってしまうことだそう。

こんな状態に大河内奈々子が陥っているのではないかという噂なのだろうか?

もちろんこんな状態ではないな。

大河内奈々子の年齢から考えれば、例えこの痩せ方がガンによるものだとしたら、継続的な治療が必要な状態だろうし、治療もしないままで今のように元気な状態を保っていることは難しいのではないだろうか?

インスタなどで見せているような生き生きとして日常を見せることは不可能に近いと思う。

これは全くのデマであり、根拠もなくあり得ないと言えると思う。








大河内奈々子の子供は何人いるの?再婚の可能性は?

引用元:https://ameblo.jp/happykenkoulife/entry-1227614739…

結婚生活6年で別離を選んだ大河内奈々子だが、子供がいる。

「寅之助君」という男の子で、2008年に出産しているぞ。

現在は小学校6年生か中学校1年生くらいだと思われる。

離婚後は母である大河内奈々子が引き取り、大切に育てているようだ。

離婚時のコメントで「▼新しい人生のスタートだ。寅と二人、楽しく幸せに歩んでいこうと思う。▼」と言っていたぞ。

息子のことを「寅」と呼ぶなんて、なんだか可愛らしいな。

もっとも初め読んだ時には「ペットとかの名前かな?」と勘違いしてしましました。

大河内奈々子は現在のところ子供は寅之助君一人だ。

テレビや写真などは出回ってはいないが、母子仲良く暮らしていると思う。

ガリガリに痩せたことで色々な噂を立てられてしまった大河内奈々子だが、再婚の可能性はないのだろうか?

これについてはないどころか、既に大河内奈々子は再婚している。

2014年大河内奈々子は夏に再婚したことを発表しているぞ。

再婚相手となった方は4歳年下のジムのインストラクターをしている「柏木星詩」という方だそうだ。

離婚後大河内は息子と共に神奈川県の逗子市で生活をしていて、その時に出会った方というのが再婚相手の柏木だったそうだ。

実は離婚前からの知り合いでもあったそうで、離婚で落ち込んでいた大河内をずっと支えてくれていたんだとか。

息子も今の旦那にとてもなついていて、息子の後押しもあり、再婚を決めたという話もあった。

今は家族三人で仲良く暮らしている様子だ。








まとめ

大河内奈々子の体型の噂、結婚、離婚、再婚について調べていった。

ガリガリという噂を聞くと、体も心もやつれてしまったのかな、そんなに生活が大変だったのかなと心配してしまう。

もちろん、子供を抱えたまま離婚を決意するというのは大変悩んだに違いないな。

しかし、今の大河内のお写真を拝見すると、痩せている体型ではあるものの、その表情は穏やかで、微笑も美しく、毎日が充実している様子が伝わってくるな。

子供もすくすくと育っている様子。

大河内奈々子のこれからがますます順調で、幸せであることを願うばかりだ。