中田翔と斎藤佑樹は不仲か?ベースカバーを怠り激怒?2人の年齢は?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

日本代表の一員として、日本ハムファイターズの主力として活躍をしている中田翔。

そして高校時代は早稲田実業高校で甲子園に出場、あの田中将大と壮絶な投げ合いをしハンカチ王子として人気を集めた斎藤佑樹。

2人は現在同じ日本ハムファイターズに所属しているが不仲ではないかという噂がある。

今回は中田翔と斎藤佑樹の不仲の噂などについて紹介をしよう。

中田翔と斎藤佑樹のプロフィール紹介

引用:https://www.asahi.com/articles/ASK5Z5HHSK5ZUTQP01Z.html

まずは中田翔と斎藤佑樹の簡単なプロフィールを紹介しよう。

名門大阪桐蔭高校で1年生ながらレギュラーを獲得した中田翔、高校時代は野手としてはもちろん、投手としても活躍をした中田翔、ドラフト1位で4球団が競合する中日本ハムファイターズがくじを引き当てた。

入団後ルーキーイヤーはプロの木製バットになれることができず、そして怪我の影響などもあり一軍出場はなかった。

しかし3年目にブレイクをするとその後二けた本塁打を続け、日本代表の一員としても活躍中である。

斎藤佑樹は甲子園決勝で田中将大と壮絶な投げ合いを制して優勝をした、その端正なルックスとマウンド上で使うハンカチが注目されハンカチ王子として脚光を浴びた。

注目された進路はプロではなく大学、早稲田大学を卒業後中田翔と同じく4球団がドラフト1位で競合し日本ハムファイターズがくじを引き当てた。

人気実力ともに注目をされた斎藤佑樹だったが、大学時代にフォームを崩した影響などもあるのか思ったような活躍ができずに2018年まで来てしまった。

そろそろ活躍をしないと戦力外も考えられる歳になった斎藤佑樹は、プロとして輝くことができるのであろうか。



<スポンサーリンク>



ベースカバーを怠り激怒の真相は?そして本当に不仲?

中田翔が激怒をしたと伝えられるのは、2017年7月11日の試合である。

オリックスと対戦をしたこの試合で先発をしたのは斎藤佑樹、4イニングを投げて11安打8失点で敗戦投手となった。

事件が起きたのは4点をリードされた2回裏、1アウト3塁の場面で打者の大城が打った打球は12塁間へのゴロ。

中田翔がなんとか追いついて1塁に投げようとしたところ、ベースカバーをしているはずの斎藤佑樹がいなかった。

本塁送球のためホームベースの後ろで待機をしていればまだ理解できるプレイだったが、斎藤佑樹はマウンド近くに立っていた。

少年野球でも怒られるような怠慢プレイをプロである斎藤佑樹がしてしまい、その時中田翔はぶぜんとした表情でマウンドへ歩きかけた。

その場では特に何も起きなかったが、その中田翔の態度を見てファンは激怒をしたと感じ取った。

実際本人はこの件について何も語っていないが、怒りを感じていたのは間違いなさそうだ。

2人の中が悪いという決定的な証拠はないが、インタビューで2人が顔を合せなかったなどの噂がある。

火のない所に煙は立たぬともいうが、実際に2人が仲がいいというエピソードが全く上がっていないところを見ると、不仲説の信ぴょう性もあがるな。



<スポンサーリンク>



中田翔と斎藤佑樹の年齢は?

引用:https://number.bunshun.jp/articles/-/826290

野球界は厳しい上下関係があり、それは基本的に年齢が物を言うという。

高卒で入って3年間活躍をした選手よりも、その年のルーキーでドラフト下位の大学生で入団した選手のほうが立場が上ということだ。

さてそれを踏まえて中田翔と斎藤佑樹の年齢を紹介しよう。(2018年1月21日時点)

  • 斎藤佑樹の生年月日と年齢 1988年6月6日(29歳)
  • 中田翔の生年月日と年齢 1989年4月22日(28歳)

斎藤佑樹と中田翔は学年で1つ差、斎藤佑樹が1年先輩である。

斎藤佑樹の同期には田中将大、坂本勇人、前田健太、柳田悠岐などそうそうたるメンバーがそろっている。

マスコミはハンカチ世代と持ち上げていた時期もあるが、選手を含めてハンカチ世代というよりマー君世代と言う呼び方のほうがメジャーになっている気がするな。

斎藤佑樹がプロに入ってから全く活躍できていないことを考えるとやむなしである。

中田翔の同期には佐藤由規、唐川侑己などがいる。高校時代は中田翔を含めて3人はビック3と呼ばれており、ビック3世代と言う名がつけられている。

ビック3のほかには現在日本球界でトップの投手と言える菅野智之や広島カープで活躍中の田中広輔などがおり、こちらもなかなかに優秀な世代と言えよう。

斎藤佑樹は中田翔の先輩であり、本来なら中田翔は斎藤佑樹に逆らえない立場であるといえる。

しかし2人の様子を見ているとそのような雰囲気は感じないな、斎藤佑樹から中田翔へ歩み寄るということも考えにくいので2人の関係はしばらく変化は無いかもしれない。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)