藤井聡太の家族構成!どんな家庭環境で育ったのか?家族写真は?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

史上最年少でプロ棋士となり、その後も連勝を続けて大きな話題になった藤井聡太。

今回はそんな藤井聡太を生んだ家庭環境や家族構成などについて紹介しよう。

家族で撮った写真なども紹介するのでチェックするように。

藤井聡太のプロフィール

引用:https://abematimes.com/posts/3593045

まずは藤井聡太のプロフィールから紹介しよう。

2002年7月19日産まれの藤井聡太、2016年10月1日に14歳2か月でプロ棋士となった。これは史上最年少記録である。

中学生でプロ棋士になったメンバーは加藤一二三、谷川浩二、羽生善治、渡辺明以来で、その全員が複数タイトルを取る活躍を見せており、藤井聡太にも大きな期待をかけられた。

そんな期待を受けた藤井聡太、デビューから無傷で29連勝というとんでもない記録を樹立、その対局には多くのマスコミが集まり大フィーバーとなった。

将棋を知らない者も藤井聡太に興味を示し、その対局内容についてよくわからなくても、藤井聡太が持つ財布やおやつ、食事などが大きく報道され、見る将という層が以前にまして増えたのは記憶に新しい。

残念ながら連勝記録は止まってしまったが、その後もしっかり勝ち続けている藤井聡太、一時は中学を卒業したら将棋に専念するために進学しないことも考えていた。

しかし母の反対などもあり進学を決めた藤井聡太、プロ2年目以降の活躍も楽しみ、すでにいつタイトルに挑戦するのか、そしてタイトルを取るのかという高い次元の期待がかかる。



<スポンサーリンク>



藤井聡太の家族構成

引用:https://hgrmtl.com/3408.html

藤井聡太は父、母のほか4歳年上の兄がいる。このほか祖父母が実家の隣に住んでいるという。

父は情報は多く出ていないが、大手住宅設備機器会社に勤めているという、そしてその会社は愛知県に本社を置くLIXILではないかと推測されている。

名前はどうやら正史さんというらしい、2017年の雑誌のインタビューで母が父は単身赴任で1年前から東京にいると答えているため、この点は間違いないようだ。

以前藤井聡太に父はいないといううわさがあがったが、これは単身赴任で一緒に住んでいないことが誤って伝わってしまったためであろう。

母は裕子さんという、藤井聡太の家族の中では最もメディアに露出をしているな。

藤井聡太がプロを目指すために育成機関である奨励会に9歳の時に入った、月に2回の大阪への対局を全面的に支えたのが母の裕子さんだ。

大阪へ行く日は早朝5時には起床し朝食の準備、そして5時30分には大阪へ向かうために自宅を出たという。

藤井聡太が中学生プロ棋士となれたのは母の大きな支えがあったからだといえるな。

兄の名前は雑誌の写真によると皓介さんと言うようだ、兄の情報についても父と同様ほとんど出ていない。

一時は藤井聡太の兄は東大といううわさが出たが、これはデマということで間違いないようだ。このデマの出所は故米長邦雄の「兄は頭が悪いから東大に行った。自分は頭が良いから将棋指しになった」というセリフが元ネタのようだ。

ただこのセリフも米長邦雄が言ったわけではないが、実際に兄が東大に行っていたので特に否定もしなかったとのこと。

藤井聡太の兄は大学受験をしたのは間違いない、それは藤井聡太が兄の大学合格祈願をしたということからである。

ちなみに兄の性格は母裕子さんによると、藤井聡太と違いちゃきちゃきとしているとのこと、藤井聡太は細かいことや数字に強いが、兄はかなりおおらかな性格らしい。



<スポンサーリンク>



藤井聡太が将棋を指したのは祖父母の影響

幼少期からゲームなどが好きだったという藤井聡太、そんな藤井聡太が5歳の時に祖母が将棋の盤と駒を与えた、これが藤井聡太と将棋の出会いである。

まだ文字が読めなかった藤井聡太だが、その駒には進める方向が書かれており、それで将棋をさせたとのこと。

祖父母と将棋を指すと勝てることから、どんどん将棋にのめりこんでいったようだ。

両親や兄が将棋をしていたという話を聞かないため、祖父母が将棋の盤と駒を買い与えなかったら今の藤井聡太はなかったかもしれない。



<スポンサーリンク>



藤井聡太の家族写真

引用:https://hgrmtl.com/3408.html

藤井聡太の家族写真を紹介しよう、これは兄との幼少期の写真である。

引用:https://hgrmtl.com/3408.html

これは藤井聡太が祖父と将棋を指していた幼少期の写真だそうだ。

立派な囲碁盤の上に将棋盤が乗せられている、もしかすると祖父は囲碁のほうが好きだったのかもしれないな。

盤面で藤井人は船囲いが組まれているのがわかる、すでにこのころから将棋の基礎は身についているようだな。

引用:https://hgrmtl.com/3408.html

こちらは母との写真である、これからさらに活躍をすれば新しい情報などがわかるかもしれないな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)