高畑充希の声が嫌い?苦手でイライラする?声が震える理由は?

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

 

ドラマでもCMでも大活躍している高畑充希。

だが、意外にもアンチ・高畑充希が多いのは貴様ら知っているか?

顔の好みもあるだろうが、見た目の他にも理由があるらしい。

調べてやったからありがたく思え。

高畑充希の声が嫌いな人が多いの?

引用:https://thetv.jp/news/detail/115923/638863/

高畑充希といえば、あの独特な声が印象に残る。

スペシャルドラマも放送予定の大ヒットドラマ『過保護のカホコ』でも、その声がドラマのキャラクターを際立たせていたように思うぞ。

だがな、あの声がどうも好かないという人が多いらしい。

ドラマ「過保護のカホコ」は主演の高畑充希が、過保護のあまり21歳にしてアルバイト経験もなく、毎朝一人で服も選べず、就職活動に苦戦する女子大生・加穂子を演じ話題となり、そんな彼女にあきれながらも惹かれていく苦学生・初を、今や『国民の彼氏』となった竹内涼真が演じた。この続編となるスペシャルドラマが2018年9月19日、約1年ぶりに放送予定だ。タイトルは「過保護のカホコ2018 ~ラブ&ドリーム~」。前作の最終回でゴールインした過保護なヒロイン・加穂子(高畑充希)と画家志望の初(竹内涼真)の新婚生活が描かれる。初と結婚したのち、加穂子は親と一緒にいられない子供のために立ち上げたカホコハウスで保育士として働き、初は画家を目指す日々。そんな2人が子づくりのプレッシャーや、カホコハウスの経営難、親族のゴタゴタ、両親の離婚危機などの試練に立ち向かっていくというストーリーだ。

2017年の放送当時、SNS上では

『カホコの声がうざい』

『高畑充希は好きなんだけど…声が嫌』

なんて声もあがっていたぞ。

しかしドラマは大好評で、スペシャルドラマまで決定しているのだから、カホコというキャラクターにはやはりあの独特な声がぴったり合っていたのだろう。

スペシャルドラマ放送となると、またSNSがざわつきそうな感じがするな。



<スポンサーリンク>



朝ドラでの演技!声と喋り方が変?

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2016/04/05/39433.html

2016年の朝ドラ『とと姉ちゃん』に主演した高畑充希。

放送当時から、高畑充希の演技についてはいろいろな意見が飛び交っていた。

演技がうまい!

という声ももちろんあった。

しかし、俺様の意見としては、

『高畑充希は現代劇にむいている』

ということだ。

顔は古臭い感じもあるのだが、喋り方、声、振る舞いがどうしても現代っぽいのだ。

間の取り方など、もちろん下手ではないのだが、イマイチだなあと思ってしまった。

演出のせいだという意見もあがっていたが、やはり、ミスキャストと言っていいだろう。

まあ俺様の意見だがな。

高畑充希はもともと舞台で活躍していたから、その頃のオーバーな演技のせいだという人もいたぞ。

あの特徴的な声は朝ドラ向きではないと思ってしまった。

イライラまではいかないが、俺様もあまり好きな声ではないのが本音だな。

イライラする人もいるだろう。



<スポンサーリンク>



歌はうまいの?

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2017/06/16/50274.html

最近ではX JAPAN の紅を歌っているドコモのCMが話題となっている。

この紅を歌う高畑充希について、

『めっちゃ歌うまい!』

などとネットニュースやSNSで評判だった。

しかし、うるさい、しつこいといった意見もたくさんあるようだ。

なんと、『イラッとくるCMランキング』なるもので、堂々の3位に輝いているぞ。

前途したように高畑充希は舞台で活躍してきた女優である。

2007年から2012年までミュージカル『ピーター・パン』にて、8代目ピーター・パンを務めている。

舞台、ミュージカルで活躍するには、それなりの歌唱力が求められるだろう。

そして高畑充希は『みつき』名義で歌手としても活動しており、それなりに歌唱力に定評があるのではないだろうか。

2017年6月には、俳優・向井理の祖母、芦村朋子の半生記を綴った「何日君再来」を原作に、向井理自ら企画しが映像化を熱望した映画『いつまた、君と ~何日君再来~』の主題歌を高畑充希が担当した。

向井理からオファーがあったそうだから、同じ俳優からみても歌がうまいのは確かなようだな。



<スポンサーリンク>



なぜ声が震えるの?


引用:https://natalie.mu/stage/gallery/news/269175/867687

カホコでの演技で特に印象に残ったのだが、高畑充希の声が震えているように聞こえる気がするのだ。

役柄のせいかもしれないが、やはり他の作品でもそう感じる部分があったな。

一般的に声が震える理由としては、緊張などが挙げられるが、高畑充希の場合はどうなのだろうか。

特に病気の噂もないので、生まれつきなのだろうか。

舞台で喉を鍛え上げた結果なのだろうか。

2018年昨日2月11日に日本武道館で開幕した「Disney on CLASSIC Premium『リトル・マーメイド』イン・コンサート」にも高畑充希は出演した。

高畑充希は念願のアリエル役。

こういった生の舞台での歌唱や演技に慣れているせいで、声が震えて聞こえるのかもしれないな。

まとめ

高畑充希の声は独特で苦手な人も多いようだが、その歌唱力は本物で、業界内でも認められているようだ。

今後は歌手としても幅広く活動していくかもしれないな。

また何か新しい情報が出てきたら調べてやるぞ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク







<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)