大坂なおみはなぜ日本語が特徴的?英語は得意?なおみ節とは?

ハイム
待たせたな。
君が知りたいことを教えてやるよ。







女子プロテニス選手の大坂なおみはなぜ日本語が特徴的なのか気にならないか?

名前は日本人の名前なのにどうして特徴的なのだろうか?

また、英語は得意なのかどうか、なおみ節とはなんなのか詳しく調べてやったぞ。

大坂なおみプロフィール

まずは、大坂なおみのプロフィールを紹介しよう。

大坂なおみプロフィール

 

  • 名前 大坂なおみ(おおさかなおみ)
  • 生年月日 1997年10月16日
  • 年齢 21歳(2019年7月時点)
  • 国籍 日本
  • 出身地 大阪府大阪市中央区
  • 居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州パームビーチ郡ボカラトン
  • 身長 180㎝
  • 体重 69キロ
  • 利き手 右
  • バックハンド 両手打ち
  • デビュー年 2013年

まだ21歳と言う若さでありながら女子プロテニス選手の大坂なおみ。

自己最高記録は、シングス1位だ。

 

大坂なおみの凄さは、日本中の奴らが知っているのではないだろうか?

最近はテニスと聞くと、大坂なおみが思い浮かぶほどである。

そんな大坂なおみはなんと、男女を通じてアジア初の世界ランキング1位を記録。

 

 

日本人初のグランドスラムシングルス優勝や、プレミア・マンダトリー優勝。

日本人史上3人目となるWTAファイナルズ出場などと、本当にすごい選手なのだ。

 

 

そんな日本を代表するプロテニス選手でもあるのだが、大坂なおみがインタビューを受けている姿を見たことがある奴らはこのようなことを思うのではないだろうか?

日本人なのになぜ日本語が特徴的なのだろう?と。

 

見た目は日本人離れしているが、出身地は大阪府大阪市中央区であり国籍は日本であったりと、日本語を普通に話せそうな感じがするにも関わらず、日本語が下手というか特徴的というか・・・。

 

大坂なおみはなぜ日本語が特徴的なのか調べてやったぞ!








大坂なおみはなぜ日本語が特徴的なの?

大坂なおみはなぜ日本語が特徴的なのか。

このような理由があったのだ!

 

なんと大坂なおみは4歳の頃からずっとアメリカで過ごしている。

3歳までは、大坂で生活していたそうだがそれ以降はずっとアメリカで英語教育を受けてきた。

 

家の中でも日本語は話さないそうで、そのため日本語が特徴的だということ。

日本代表で東京オリンピックの出場を目指している大坂なおみは、「日本を代表するくらいなら、日本語を話せないといけないと思う。」と、思っているそうで今はユーチューブを見ながら日本語の勉強をしているそうだ。

 

近いうち、日本語をペラペラと話している大坂なおみの姿が見られるかもしれないな!








大坂なおみは英語は得意?

4歳の頃からアメリカで過ごしていた大坂なおみは、英語がかなり得意であることが分かる。

インタビューの際は英語で話している姿をよく見かけるのではないだろうか?

 

その姿を見ただけでも、英語が得意であることが分かるな。

実際に大坂なおみが英語で話しているときの動画がある。

 

それがこれだ。

 

大坂なおみと錦織圭のやり取りなのだが、発音がめちゃくちゃいいと思わないか?!

さすが、アメリカで過ごしていただけはある。

 

以前テレビでコメンテーターが、英語での会話時も日本語の時と同様、喋り方はかわいらしい感じと言っていたが、発音よくスムーズに会話できている。

まるで生まれた時からアメリカにいるような気がしてしまうよな。

 

ちなみに大坂なおみの父親がハイチ共和国南東県ジャクメル出身で、アメリカ合衆国のニューヨーク大学に通った後、13年間日本に在住したそうなのだが大坂なおみより日本語がとても上手いそうだ(笑)

アメリカで産まれた父親の方が日本語がうまく、日本で産まれた大坂なおみは日本語が下手。

なんだか不思議で面白いよな(笑)

 

ということで、英語が得意である大坂なおみなのだが他に特異な外国語はあるのだろうか?

調べてやったぞ。








他に得意な外国語は?

日本語は特徴的だが英語がとにかく上手い大阪なおみは、他の外語国語も得意なのかどうかとても気にならないか?

 

英語が上手ければ多少なりとも他の外国語も話せるような気がするから調べてみたところ、大阪なおみは全仏オープンのインタビューで、フランス語はoui、bonjour、s’il vous plaîtと言う言葉しか知らないと答えていた。

また、ツイッターとインスタグラムでは以前自身が3回戦でローラン・ギャロスのコートに立つ姿を写した写真を掲載し、写真と共にフランス語で「au revoir」という言葉を記載していたのだ。

 

これ以外には英語以外の外国語で話しているのを聞いたことが無いので、大阪なおみはフランス語だけは少し話せるということではないだろうか。

ただ本当に3語ほどしか知らないそうなので、得意という訳では無いだろうな。

なおみ節ってなに

みんな一度は「なおみ節」という言葉を聞いたことがあるのでは無いだろうか?

ただ聞いたことはあるが、どういうものなのか分からない人が大半だろう。

 

そんなおまえらのために、「なおみ節」について詳しく紹介してやろう。

まず「なおみ節」は、2018年の「現代用語の基礎知識」選ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語にノミネートされている。

 

流行語大賞になるほど、人気のある有名な言葉だと言うことだ。

ではいつから「なおみ節」という言葉が出始めたのか。

 

それは大阪なおみが「BNPパリバ・オープン」で自身初のツアー優勝を飾った時のこと。

優勝のスピーチで大阪なおみは終始あたふたしていて、照れ笑いを隠せずにいた。

 

そんな姿に対戦相手も会場も笑顔に包まれていたのを覚えている人もいるのではないだろうか?

そのときに大坂なおみ本人は「たぶん、史上最悪の優勝スピーチになりそうです」とはにかみながら語っていた。

 

そんな大阪なおみにファンは「本当に可愛い」「そのままの姿を見せてくれれば良いんだよ!」と優しい言葉を投げかけていたそうだ。

大阪なおみのファンは優しい人が多いようだな。

そんなキュートで、少し特徴的でとても可愛らしい話しぶりが「なおみ節」と言われているのだ。

「なおみ節」が分かったとこりで、どのようななおみ節があるのかを紹介してやろう。

 

1 「全豪オープン」の3回戦で地元のアシュリー・バーティ(オーストラリア)に勝利後のインタビューにて

「とっても嬉しいけど、それと同時にとても申し訳ないです。みんな私ではなく彼女に勝って欲しいと思っていたでしょうから・・・。」

 

大阪なおみが本当に良いやつであることが分かるインタビューだと思わないか?

 

嬉しいけど、申し訳ない・・・普通の人はなかなか思えないことでは無いだろうか?

2 「全米オープン」3回戦後の記者会見で「前回ダブルベーグル(6-0、6-0での勝利)で勝った時のことを覚えていますか」と記者に質問された時の答え

「はい。夢の中であなたと対戦しました!」

 

少し天然な感じがする答えだよな(笑)

 

それと共に、記者はこのように答えてもらって嬉しかっただろう。

3 「全米オープン」4回戦後のインタビューで、マッチポイントは相手のダブルフォルトで勝利が決まったがどんな気持ちで迎えていたのかという質問された時の答え

 

「『ダブルフォルトお願いします!』な感じ」

見事に大阪なおみの気持ちがそのまま試合に現れていたようだな。

 

4 「全米オープン」優勝後、今一番したいことを聞かれ他時の答え

「抹茶アイスクリーム食べたい!」

 

抹茶アイスクリームとは!(笑)とても可愛らしい答えだ。

 

5 「全米オープン」優勝後、錦織圭(日本/日清食品)から届いたメールについての答え

「ケイからはローマ字で『おめでとう』ともらいましたが、ローマ字がよく分からないので私はひらがなで『ありがとう』と返信しました」

 

メールを貰ったから嬉しかったなどの感情を答えるわけで無く、どのような返信をしたのかについて答えていて面白いよな(笑)

様々な「なおみ節」を紹介してみたが、どれも大阪なおみの天然さ、可愛さが分かる答えをしていたな。

 

これからもっと「なおみ節」を見れるかもしれないな。

まとめ

大阪なおみが何故日本語が特徴的なのか。

それは、4歳の時からアメリカにずっと住んでいたからだということが分かったな!

また、とにかく「なおみ節」が可愛かったと思わないか?

これからもどのような「なおみ節」が見れ癒されるのか、とても楽しみだ!