工藤阿須加の大学と学部はどこ?コンテストで優勝経験もあり!?

ハイム
待たせたな。
君が知りたいことを教えてやるよ。







工藤阿須加は、東京学館高等学校を卒業しているが、大学へ進学し学部は明かされていない。

工藤阿須加は、「全国出場経験のある強者から未経験者まで所属しているテニスサークル」に所属していたとき、「サークルで全国優勝した」とテレビで話している。

大学でのイケメン1番を決める「ミスターコンテスト」で優勝しているのだ!

その詳細を調べてみたぞ。

工藤阿須加のプロフィール

引用元:https://mokomoko30.com/kudouasuka-kyoudaikousei/

まずは工藤阿須加のプロフィールを見てみよう。

工藤阿須加のプロフィール

本名‎ 工藤 阿須加

生年月日‎ 1991年8月1日

家族構成 2男3女の5人兄弟の長男

血液型‎ ‎B型

職業‎ 俳優

身長 180cm

出身地 埼玉県

事務所 パパドゥ

2男3女の5人兄弟の長男として生まれた工藤阿須加。

父は福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康、母は一般人で栄養士をしている工藤雅子。

3人の1人の妹はプロゴルファーの工藤遥加と芸能一家である。

父親が野球チームの監督なので野球をしていたのでは?と思われるが、実はテニスをしていたそうだ。

そのあたりを詳しく調べてみたぞ。








工藤阿須加はテニス好き!爽やかで真面目?

引用元:https://toshitoshi.info/kagayaki/kudo-asuka/

テニスが強い高等学校に転校した工藤阿須加は、「プロテニスプレイヤーになる」夢を諦めきれず、同校のテニス部に入部している。

やはり、上記の事からテニスが好きだったと分かるな。

父親の工藤公康も野球選手に関して強制しないですし、「好きなスポーツを頑張りなさい」と言う感じだったようだ。

イケメン俳優の工藤阿須加、学生時代はテニスにそればかりして日を送る毎日だったというほど、テニスが好きで一つの事に熱中されて真面目だったそうだ。

すらりと身長も高く、健康的でテニスで鍛え上げた筋肉とちょうどよい程度で肌色はスポーツ少年のような爽やかでイケメンである事を感じるな。

それにプロ野球選手は、家族でも野球の「指導」をする事を禁止されているそうだ。

これは驚き豆知識だな。

工藤阿須加は本当にテニスが好きで、プロテニスプレーヤーになる夢を持っていたほどだ。

父からの教えが影響していて、とても礼儀が正しく努力家みたいだな。

親の力を利用するわけでもなく、コツコツと頑張り実績を積み重ねる工藤阿須加だ。

それを証明するように、「炎の体育館TVの3時間スペシャル」では、プロテニス界のヒーロー錦織圭に芸能人達がむかっていくコーナーがあり、工藤阿須加はハンデなしで錦織圭に見事に勝った。

錦織圭からも、「あそこまで走らせるとは思っていなかった。」とすごく驚いていた事をコメントしているぞ。








工藤阿須加の大学と学部は?ミスターコンテストで優勝?

引用元:https://banbi-eye.com/archives/1478

大学時代は運動神経もよく、スポーツ活躍をしていたそうだ。

幾つものテニスの大会に出場をされていたイケメン工藤阿須加。

全国大会のテニスサークルでは、「Festa」と呼ばれ、「早大マッチポイント」は予想通り2010年に優勝をしている。

また、大学のテニスサークル全国大会で優勝した工藤阿須加は、高身長と、メリハリのある体格、そして優しさを武器に、大学でのイケメンを決める「ミスターコンテスト」で優勝をしているのだ。

女子アナの登竜門的なミスコン、その男性版だな。

学園祭や文化祭などで開くミスコンで、ミスターの呼び名を手にすることは、学校内で一番のイケメンだという事だ!








工藤阿須加の父は誰?父親が再婚した?

引用元:https://banbi-eye.com/archives/1478

現在俳優で活躍している工藤阿須加の誰もが知っている超有名な元プロ野球選手の工藤公康が父親で結構有名な話だな。

現役時代は最も勢いがあり活発である時期の西武ライオンズで才能を発揮し日本一にしたのだ。

日本一を経験し、「請負の契約により、その仕事を完成する責任を負う者」と呼ばれていたほどだ。

現在、ソフトバンクホークスの監督をしても有名である工藤公康。

その頃、工藤公康はとても健康に気をつけないと、「あと少ししか野球が出来ない」と医者から宣告されていたらしい。

父親も子供達2人は有名ですので母親の話もでそうなのですが、誰なのかあまりきかないな。

調べた所母親は一般人で工藤雅子といい、とてもメンタルが強い方でして、結婚するまでは栄養士をしていたようだ。

工藤公康の若手選手だった頃を自分のことを顧みず、心身ともに大切に思うほどに支えていたようだ。

スポーツ選手の妻は選手である旦那の体調管理や食事管理が大変とよく聞くが、妻が栄養士だったのは工藤公康にとって心強かったのではないだろうか。

そんな父親と母親の子供が工藤阿須加だが、父親である工藤公康が離婚して再婚したという噂が立つからには、なんらかの根拠があるはずだ。

 

栄養士の奥さんと二人三脚で野球が出来る体に復活したのに離婚?

 

おかしいと思い調べてみたら、全くのいいかげんな噂話で、再婚などもしていない事が分かった。

ヒドイ噂話だ。

工藤阿須加は高校転校?その理由は?

工藤阿須加の出身地は埼玉県だが、小学5年生からやっていたテニスを見につく為、テニスの勢いが盛んで強い高校である、長尾谷高等学校に進学したそうだ。

1人で大阪に引っ越したのは、プロテニスプレイヤーを目指していたからなのだ。

高校へ進み励んだ工藤阿須加は、合宿所でテニスを熱心に打ち込んで毎日を送っていたとの事だ。

しかし、過度な練習による疲労のたくわえにより、右肩の異常が起こって、働きがそこなわれ悩まされていたそうだ。

この頃の工藤阿須加はまだ高校1年生。

医者が診察して病状を判断によると、工藤阿須加の肩のその時の様子はとても悪く、すぐに処置をしなければ、テニスができなくなるほどだったようだ。

肩の故障で、長期状態から抜け出す事を余儀なくされた工藤阿須加は、リハビリを人一倍必死に頑張り、練習を一時とじていたものが再び開かれるまでに回復したが、今度は肉体または精神をひどく使った目まいで入院してしまう。

処置をしても、大好きなテニスが出来なく長引く状況が続くと学校に迷惑になるので、それについて自分の考えを定めた工藤阿須加は、それで千葉県の私立東京学館高等学校に転校したそうだ。

プロを目指すほどの腕前の工藤阿須加、テニスでケガされた時は、とても悔しくてショックで辛かっただろう。

現在は爽やかなイケメン俳優として大活躍しているので本当によかったな。

父親工藤公康と高校2年までキャッチボールすらした事がなく、工藤阿須加はひたすらテニスに打ち込んでいたのだ。

まとめ

大学在籍中は、ミスコンで優勝し、学校一のイケメンになるなど、当時からカッコイイと評判でもあり、輝かしい学生時代を送ってきた工藤阿須加。

そんな工藤阿須加は、目指していたプロテニスプレイヤーの道を怪我で断念することになったが、現在は俳優として、成功している。

朝の情報番組ZIPでもレギュラー出演し、コメンテーターとしても活躍しているな。

スポーツ万能のイケメン俳優工藤阿須加が頑張る姿を今後も目が離せない。