花總まりは華族?実家が豊島区の大金持ちで衣装も自前だった?

花總まりをご存じだろうか。

テレビ出演はほとんどしていないが、宝塚歌劇出身でミュージカル界では有名な女優だ。

 

そんな花總まりは旧華族のお嬢様で、実家が金持ちだと言われている。

また宝塚時代の衣装が自前だったとの噂も。

そこで真相を調べてみた。

 

花總まりのプロフィール

引用元:https://www.blooming-net.com/blooming-agency/hanafusa-mari/

    • 本名       醍醐まり子
    • 生年月日 1973年2月28日
    • 出生地    東京都豊島区
    • 出身校 日本女子大学付属高等学校
    • 身長       163cm
    • 血液型    O型

母親は元松竹歌劇団の青江奈美だ。

1男3女の4人兄妹の末っ子で5歳よりヴァイオリン、小学校からバレエを習っていた。

中学3年生の時に宝塚を初観劇し、音大に進学するつもりだったが、「舞台にだんだん興味がわいてきて、宝塚だったらいろいろと学べそう」と高校1年の時に音楽学校を受験し合格している。

音楽学校では入寮し、掃除は中床分担の責任者、卒業時の成績は9番だった。

1991年に77期生として宝塚歌劇団に入団する。

同期には元星組トップスター安蘭けい、元花組トップスター春野寿美礼、元雪組トップスター朝海ひかるがいる。

なかなか豪華な期だな。

入団後、星組に配属され、早々に新人公演でヒロインを務めその後雪組に組替えとなり、男役が務める新人公演の主演を娘役では異例の初主演を務め、その後一路真輝の相手役として雪組トップ娘役に就任した。

この時、花總まりは卒業後3年(研3)、速いトップ就任だな!

その後、高嶺ふぶき、轟悠、姿月あさと、和央ようかと合計5名の相手役として活躍し、2006年に和央ようかと添い遂げ退団をしている。

退団後は表舞台にあまり出てこなかったが、2012年にFROM FIRSTに移籍をしブログ開設、その後2014年にブルーミングエージェンシーに移籍後はたくさんのミュージカルに出演しているな。

そんな花總まりは実家がとても金持ちだと言われている。

その詳細を調べてみた。

花總まりは旧華族(皇族)?真相は?

花總まりの本名は「醍醐まり子」だ。

醍醐といえば、後醍醐天皇が思い浮かぶな。

そして旧華族(皇族)出身といわれるのは日本の家族一覧に醍醐忠順がいるからだろう。

醍醐忠順(だいご ただおさ)は、江戸時代末期の公卿・廷臣で、後陽成天皇の男系七世子孫だ。

華族の醍醐家は山城国、現在の京都府を拠点としており、花總まりは東京都出身の人なので、正直名字が同じだけで関係はないのでは?と推測される。

花總まりの実家はどこ?父親の職業は?

ネットで調べると、父親は不動産経営という噂がでてくる。

調べてもそれが真実かは分からなかった。

しかし、母親が元松竹歌劇団の青江奈美で、4人の子供がいたにも関わらず5歳からヴァイオリン、小学校からバレエを習うということは金持ちなのは確実だろうな。

花總まりの実家は東京都豊島区で、豊島区の中で高級住宅地とされる場所に豪邸を構えているようだな。

豊島区といえば池袋が真っ先に浮かぶが、高級住宅街といえばお隣の目白地区だ。

皇族御用達の学習院があり、現天皇の妹の紀宮様が一般人となられて目白に住んでいるな。

花總まりの実家もおそらくそういう高級住宅地にあるのだろう。

父親の職業や詳細は不明だが、「醍醐総一郎」が祖父とも噂されている。

毎年長者番付にも載っていた超大金持ちだ。

また、花總まりの一族はテコンドー協会の幹部も務めていると言われており、相当なお金があったのは間違いないな。

花總まりは金持ち?エリザベートの自前衣装の驚愕の価格は?

花總まりのお金持ち伝説はたくさんある。

ネットに出ていたり、ファンから聞いた話なので真偽はわからない。

私が聞いたことがあるものを一覧にしてみた。

  • 宝塚大劇場や東京宝塚劇場建築の際に、大理石の柱を複数寄付していた。
  • どん帳も何枚か寄付している。
  • 毎年の莫大な寄付金をしている。
  • 宝塚の衣装は自前。
  • 宝塚で一番高い衣装は花總まり着用のエリザベートの衣装で2000万、これを自前で用意した。

これはあくまで噂だ。

しかし何かしらの寄付はしている可能性はあるな。

衣装が自前というのはもはや都市伝説だな。

この自前と言われているのはエリザベートが頭に花の飾りをつけている白いドレスの事だ。

前半の終わりの鏡の間での場面と、フィナーレで大階段を下りてくるときに着用している、エリザベートでは真っ先にこの衣装が浮かぶというあの白いドレスだ。

着用時間としては・・・10分くらいだろうか。

歴代エリザベートの衣装を担当している有村淳が、「何故そんな噂が出たのか。あまり聞かれるので、僕の知らないところでそうなっていたのかと思った」と語っていたのでやはりデマだろう。

娘役のアクセサリーは自前と言われているので、そういうところから話が大きくなったのではとも思う。

それに加え、花總まりはマリーアントワネット役やエリザベート役など皇族役を演じるとあふれ出す高貴さで右に出る者はいない。

立っているだけで皇族感を出せるのは花總まり以外いないと思う。

そういう品位もあって噂が先走りしている気がするな。

まとめ

花總まりが華族・皇族出身といわれているのは本名の名字が醍醐というところからだろう。

幼少期からやっているヴァイオリンやバレエの習い事からお金持ちであることには間違いない。

しかし、衣装が自前だというのは花總まりが醸し出す高貴さや品位からのデマだという可能性が高いな。

現在アラフィフの花總まり。

ミュージカルエリザベートでは可愛らしい子供時代のシシィも難なくこなし、そして最後の皇妃までの成長を素晴らしく演じている。

この年齢の幅を演じれるのも、花總まりの他にはいないのではないだろうか。

今後も花總まりの活躍をずっと見守っていきたいな。