永山瑛太の父親は韓国人?自殺の原因は?永山3兄弟の壮絶な人生とは?

俳優の永山瑛太の父親が韓国人と言う噂がある。

また父親は自殺をしてしまっているそうだ。

父親が自殺とはいったい何があったのだろうか・・・

永山瑛太の父について詳しく見ていこう。

永山瑛太のプロフィール

引用元:https://realsound.jp/movie/2021/05/post-758135.html

まずは永山瑛太のプロフィールを紹介する。

  • 名前 永山 瑛太(ながやま えいた)
  • 生年月日 1982年12月13日
  • 出身 東京都
  • 身長 178.5センチ
  • 血液型 B型
  • 活動期間 1999年~
  • 配偶者 木村カエラ(2010年~)

1999年7月にモデルとしてデビューした永山瑛太。

2001年にはドラマ『さよなら、小津先生』で俳優デビューをし、2005年9月3日に公開された『サマータイムマシン・ブルース』で映画初主演を果たしている。

映画『ディア・ドクター』では、第33回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞。

私もこれは見たことがあるが、かなり面白い内容となっており永山瑛太もとても良い演技をしていた。

プライベートでは2010年6月1日に歌手の木村カエラと結婚。

同年10月28日に長男が、2013年5月15日に長女が生まれている。

2児のパパでもある永山瑛太なのだが、韓国人という噂が流れていたり。

父親が自殺しているという話もあるのだ。

気になる永山瑛太の私生活を見ていこう。

永山瑛太は韓国人って本当?

永山瑛太が韓国人説は、瑛太から永山瑛太に名前を変えたこと言われるように。

2020年1月に改名した永山瑛太。

永山瑛太というのは本名なのだが、この「永山」という苗字が韓国に関係している。

それは、20世紀半ば日本では外国から来た労働者や学生に対して、本名とは別に日本の社会や一般に通じる名前、通名というものを名付けることを義務付けした。

そんな中、韓国から来た人々は、「永山」と名乗る人が多くいたのだ。

そのため永山瑛太も在日韓国人なのでは?と噂されるように。

しかし永山瑛太の出身地はプロフィールでも紹介した通り、新潟生まれで東京育ちである。

挑戦人学校等に通っていた訳でもなく、普通の日本の学校に通っている。

永山瑛太は正真正銘の日本人であるのだ。

そしてこの永山瑛太が韓国人説は2010年にも噂されたことがあったのだとか!

なぜかというと弟の永山絢斗がそれこそ「永山」で活動していたということと、

2010年に放送されたNHKドラマ「大坂ラブ&ソウル」というのに、在日韓国人の大坂鶴橋にある焼肉屋の息子を演じていたから。

「永山」と役柄が韓国にマッチしたため、永山絢斗が韓国人なら兄の永山瑛太も必然的に韓国人だろ!と噂になったということ。

今回の韓国人説は再熱した噂であったのだ。

永山瑛太の父親は自殺した?原因は何?

2011年2月16日永山瑛太の父である永山博文が都内の自宅マンションで首をつって死亡していた事が分かった。

見つけた人がすぐに119番し、病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認。

警視庁は死亡した状況から、首つり自殺と判明した。

永山博文は、板橋区内の地下鉄三田線西台駅高架下にある2009年にオープンした「炭火焼肉ホルモン 瑛斗弥(エドヤ)」を経営しており、地元では人気店であった。

亡くなった後には、お店の前にビールケースが祭壇のように積み重ねられ、その上に花や一升瓶が供えられていたり。

子供の字で「瑛太パパ、ありがとう。もっといっぱい遊びたかったよ。天国で安らかに眠ってね」と書かれたカメッセージカードもあったそう。

地元の人々に本当に愛されてきたお店、永山博文であることが分かるよな。

また、店の名前は俳優として活躍する自慢の息子2人の名前を店名に取り入れていた。

息子思いの父親。

決して、息子の知名度に頼る店ではなかったそうで大手グルメサイトには「安くて鮮度の良いホルモン」「お店のスタッフ皆さんとても親切」「全品安い」と素敵なコメントばかり書かれていた。

しかし人気店とはいえ商品を安く売り過ぎたのか、経営は順調に行っていなかったそうなのだ。

永山瑛太達からの金銭的な援助もあったという。

さらに永山博文は首のヘルニアを手術したこともあり、そこの具合があまりよくなく「不眠がちだった」という話もある。

店の経営が順調に行かない中、体を壊し手術をし。

手術は成功したが、完璧には治らず不眠症で・・・。

精神的にも体力的にも良いようにはいっていなかったのだろう。

これらのことが積み重なり、生きていくのが嫌になってしまったとも思われる。

当時、映画の地方ロケをしていた永山瑛太は父と対面するため急きょ帰京。

弟の永山絢斗も都内で行われていた日本アカデミー賞の授賞式を途中退席している。

息子の晴れ舞台の日でもあるのにどうしてその日を選んだのか・・・。

また遺書が残っていたのだが遺書には「喪主は瑛太で。迷惑かけてごめん」と書いてあったそう。

最終的には永山瑛太ら三兄弟が共同喪主を務める"家族葬"という形で葬儀を行っている。

永山瑛太に母はいない?どんな学生時代を送った?

永山家は、三男の永山絢斗が高校を卒業した後に、離婚している。

母はいないわけではなく、ただ離婚しているだけという事だ。

母と瑛太は仲が良いようで、母の日に『ありがとう。これからも健康で元気でいてください』というメールを送ったこともあるそう。

母親からくるメールの件名には『RE:』がたくさん残っているところが気になりますね(笑)」と話していた事があり、仲睦まじいエピソードだよな。

また、永山瑛太の学生時代だが高校は保善高等学校に進学。

ずっとサッカーをしていたため、この学校にはスポーツ推薦で入ったそうだ。

しかしすぐにサッカーを辞めてしまった永山瑛太!

その後はあまり学校に行かずふらふらしていた学生時代だったという。

おちゃらけている感じがしないのでまさかそんな学生時代だったとはびっくりだ。

そんな永山瑛太を見たあるプロデューサーが「高校を卒業できないなら芸能界でもやっていけない」と注意をし、その後は生活態度を改め、無事に高校を卒業。

そして俳優としても花を咲かせ、現在の永山瑛太がいるわけだ。

プロデューサーが叱ってくれなければ今頃永山瑛太は俳優として活躍していなかったかもしれないな。

まとめ

永山瑛太は韓国人ではないという事。

そして父が本当に自殺で亡くなってしまっていたことが分かった。

かなり悲しい事実であった。

母とも仲も悪くないようだし、2児のパパである永山瑛太には今後も俳優として素敵な活躍を見せていってほしいな!






















芸能

Posted by ハイム