高橋一生のおすすめ過去ドラマ一覧から2018年の出演予定のドラマまで!

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

高橋一生といえば、ドラマや映画で人気の俳優として有名なのは知っているな。

そんな高橋一生の過去のドラマや、今後出演するドラマに世間では注目を集めているようだ。

そこで、今回は、高橋一生の過去のドラマ一覧や、2018年出演予定のドラマなどを紹介してやるからありがたく思え。

高橋一生とは、どんな俳優?

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2101555/photo/1/

高橋一生といえば、色々なドラマや映画で活躍しているのは貴様らの知っているな。

そんな高橋一生の役柄は、俺様キャラみたいな感じの役をしたと思えば、変人キャラの役を演じたりもする。

中には、現在のドラマの中で演じる青年実業家の役までオールマイティにこなすことのできる俳優だ。

そんな高橋一生だが、1990年にテレビドラマに出演したのが始まりだ。

そのドラマは、ニューヨーク恋物語II・男と女というドラマで、戸上和典という役を演じている。

さて、そんな高橋一生が過去に出演したドラマの中でおススメのドラマを紹介したやろう。



<スポンサーリンク>



高橋一生のおすすめ過去ドラマ一覧1990-1999

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2148638932651086701

では、高橋一生の過去のドラマ一覧の1990-1999年までを見ていこう。

・ニューヨーク恋物語II・男と女(1990)

・ルージュの伝言 VOL.7「中央フリーウェイ」(1991)

・愛らぶ家族(1992)

・半七捕物帳 第1話(1992年10月13日、日本テレビ)

・特捜エクシードラフト 第38話「不発弾、出前一丁」(1992)

・恐竜戦隊ジュウレンジャー第47-50話(1993)

・特集・少年ドラマ「夏の庭」(1993)

・夜間中学(1998)

・庭師サッちゃん(1998)

・美少女H 第2話「恋する乙女」(1998)

・せつない 第19話「線香花火」(1998)

・なっちゃん家 第7話「なっちゃん家の鏡」(1998)

・少年たち(1998)

・大河ドラマ(NHK) 元禄繚乱(1999)

・しくじり鏡三郎(1999)

・L×I×V×E(1999)

・コワイ童話「親ゆび姫」(1999)

と1990-1999年だけでもかなりのドラマ出演をしている高橋一生だ。

中でもおススメのドラマは、デビュー作品とも言えるニューヨーク恋物語II・男と女だろうな。

高橋一生はこのドラマの中で、田村正和の息子役として演じている。

その演技はかなりのもので、10歳とは思えない演技力だったことでも知られている。

そのころから、役者としての芽が出ていたのだろうな。



<スポンサーリンク>



高橋一生のおすすめ過去ドラマ一覧2000-2010

引用元:https://www.pictame.com/tag/

では、2000-2010年までの高橋一生のドラマを一覧で紹介してやろう。

・3年B組金八先生 第5シリーズ #18「自分を探す旅」(2000)

・池袋ウエストゲートパーク 第3話・第6話・第7話・第10話・第11話(2000)

・池袋ウエストゲートパーク「スープの回」(2003)

・はみだし刑事情熱系 第5シリーズ 第4話「17歳の反抗と逃亡!!娘が去った父と母…」(2000)

・HERO 第10話(2001)

・ウルトラマンコスモス 第21話・第22話・第63話(2001)

・世にも奇妙な物語 ’01秋の特別編「ドラマティックシンドローム(2001)

・こちら第三社会部 第1話「カムバック」(2001)

・ハンドク!!! 第7話「生命のリレー」(2001)

・救命病棟24時 新春スペシャル(2002)

・税務調査官・窓際太郎の事件簿8(2002)

・犯罪交渉人ゆり子2 「水上温泉立てこもり事件」(2002)

・遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層(2002)

・言えない関係(2002)

・みちのく紅花街道の女(2003)

・盲導犬クイールの一生 (2003)

・菊次郎とさき 第5話(2003)

・ウルトラQ dark fantasy 第19話「レンズ越しの恋」(2004)

・はぐれ刑事純情派 第17シリーズ 第6話「青年介護士の犯罪!?優しい男がキレる時」(2004)

・怪奇大家族(2004)

・新選組!(2004年) – 松平定敬 役

・クライマーズ・ハイ(2005)

・相棒Season 4 第4話「密やかな連続殺人」・第5話「悪魔の囁き」(2005)

・相棒Season 5 第5話「悪魔への復讐殺人」(2006)

・ケータイ刑事 銭形雷 1stシリーズ 第17話(2006)

・少しは、恩返しができたかな(2006)

・吾輩は主婦である(2006)

・土曜プレミアム「死亡推定時刻」(2006)

・涙そうそう4時間スペシャル(2006)

・恋する日曜日 ニュータイプ 第12話(2006)

・風林火山(2007)

・特急田中3号(2007)

・セクシーボイスアンドロボ VOICE 7(2007)

・潮風の診療所〜岬のドクター奮戦記〜(2007)

・医龍-Team Medical Dragon-2(2007)

・医龍-Team Medical Dragon-3 第9話・第10話(2010)

・1ポンドの福音(2008)

・ゴンゾウ 伝説の刑事(2008)

・SOIL(2010)

・鉄の骨(2010)

・MM9(2010)

・外科医 須磨久善(2010)

・見知らぬわが町(2010)

となっているが、2000年になると出演しているドラマの数がぐんと増えたな。

この中でのおススメのドラマは、セクシーボイスアンドロボ VOICE 7だな。

確か、このドラマは実際には放送されていないドラマだ。

何かのニュースで、放送されずにいた幻の作品といえる。

だけど、DVDでは録音されていて、見ることができるようなので、見てみるのもいいだろう。



<スポンサーリンク>



高橋一生のおすすめ過去ドラマ一覧2011-2017

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/630996597763057766/

さて、いよいよ、高橋一生の2011-2017年に出演したドラマを教えてやろう。

・トライ・エイジ -三世代の挑戦-(2011)

・名前をなくした女神(2011)

・連続テレビ小説(NHK) おひさま 第12週(2011)

・ラストマネー -愛の値段- 第4話(2011)

・火車(2011)

・11人もいる! 第6-7話(2011)

・妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 第6話(2012)

・早海さんと呼ばれる日 第8話・第9話(2012)

・時代劇法廷 CASE 9 被告人は土方歳三 (2012)

・Wの悲劇(2012)

・浪花少年探偵団 第6話(2012)

・みをつくし料理帖(2012)

・ヒトリシズカ 第1話(2012)

・ラストホープ 第6話 – (2013)

・ラスト・ディナー 第6夜「エール」(2013)

・たべものがたり 彼女のこんだて帖 第5話・第6話(2013)

・激流〜私を憶えていますか?〜(2013)

・Woman(2013)

・夜のせんせい(2014)

・モザイクジャパン(2014)

・ペテロの葬列(2014)

・信長協奏曲 第5話(2014)

・軍師官兵衛(2014年) – 井上九郎右衛門 役

・だから荒野(2015)

・Dr.倫太郎(2015)

・ザ・プレミアム 玉音放送を作った男たち(2015)

・山本周五郎人情時代劇 第一話「なみだ橋」(2015)

・世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP「箱」(2015)

・世にも奇妙な物語 ’16春の特別編「クイズのおっさん」(2016)

・おんな城主 直虎(2017)

・民王(2015)

・ザ・プレミアム「大江戸炎上」(2016)

・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016)

・僕のヤバイ妻(2016)

・グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜(2016)

・プリンセスメゾン(2016)

・わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた(2016)

・カルテット(2017)

・THIS IS US 36歳、これから(2017)

・民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜(2017)

・わろてんか(2017)

となっているが、この中でのおすすめは、現在のわろてんかもおすすめだが、やはり、民王だろう。

秘書・貝原茂平役はかなりの好評だったことでも有名だ。

そして、番外編ドラマで、『民王番外編 秘書貝原と6人の怪しい客』では主役となっている。

また、ペテロの葬列での高橋一生が演じたのは脇役だったが、その役柄と演技力で主役を喰ったとも賞賛されているドラマでもある。

高橋一生の2018年出演予定のドラマ

さて、では気になる2018年の高橋一生のドラマの予定だが、今のところは、「わろてんか」しかないようだな。

だが、そうは言っても人気の俳優でもあるし、「わろてんか」だけでなく映画にも出演するので、多忙の日々なことには違いない。

映画には2018年では3作出演する予定でもあるようなので、そのうち2018年は高橋一生の主役ドラマが出るかも知れないな。

ファンにとっては、すごく嬉しい知らせがくることを願っておこう。

高橋一生は2018年「わろてんか」というNHK連続テレビ小説に出演ということだが、かなり大反響をうむ作品になるだろう。

NHK連続テレビ小説の作品は、若い世代の人からお年寄りの人たちまで幅広い年代の人が見ていて、毎回楽しみにしているという声がかなり上がっているくらいだ。

そんなNHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演する高橋一生は、さすがだと言えるくらい素晴らしい俳優だ。

しかも高橋一生は、最近ものすごく大注目されるようになって、よりファンが増えたことでも話題を集めているようだ。

そもそも「わろてんか」というNHK連続テレビ小説の作品は、どういう舞台背景なのか気にならないか?

調べてみたので紹介してやろうかと思う。

どうやらNHK連続テレビ小説「わろてんか」は、明治から昭和の初めらへんの大阪府を舞台にしているようなのだ。

主人公の藤岡てんという人がいるのだが、藤岡てんが松坂桃李が演じる藤吉と一緒に寄席の商売を始めるようで、そこで大奮闘していくという人情喜劇ということらしい。

というか、イケメン俳優と言われている松坂桃李まで出演だなんて松坂桃李のファンは圧倒的に多いはずなので、視聴率もきっと高くなることだろう。

まぁ、高橋一生はどの世代からも人気を集めている俳優なのでファンの人たちからしたら見逃せない作品となると思うぞ。

おっと、話がそれてしまったが高橋一生は何の役を演じるのかということを紹介しようと思っていたのだった。

話を戻させてもらうと、高橋一生は伊能栞という役を演じるようなのだ。

元々、主人公の藤岡てんの許嫁だったみたいなのだが、藤岡てんと藤吉が愛し合っていることを知って、高橋一生が演じる伊能栞は自ら身を引くようなのだ。

まぁその後どうなるのかは、見てからのお楽しみにしておくが良い。

脚本家は役柄そのものが高橋一生にフィットしていると感じたらしい。

特に性格が似ているからというわけではなさそうなのだが、おそらく「高橋一生ならやってくれる」と思ったのだろう。

熱意やら何やらで、高橋一生に伊能栞を演じてもらえてよかったという声もあるようなので、相当素晴らしいものだったのだろう。

これは高橋一生の自信に繋がることでもある。

高橋一生はかなり昔から芸能活動をしていて、遅咲きで大ブレイクした俳優と言われているので、NHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演して素晴らしい演技力を発揮すると、世間はかなり高橋一生を高評価することだろう。

とりあえず、「わろてんか」を見てみると高橋一生の演技力の素晴らしさがわかるかもしれない。

まとめ

今回は、高橋一生の過去のドラマ一覧とおススメドラマなどについて紹介してやったぞ。

人気俳優であるがゆえ、多忙な日々を送る高橋一生だが、これからも頑張ってほしいものだ。

さらに色々なところで活躍することを影ながら応援しておこう。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク





こんにちは!チャーリー閣下の助手の美空です。

私が今超ハマっている『にじいろ牧場』

牧場を自分好みに作っていっくんですが、やっているとスゴイ幸福感に包まれて、日頃のストレスを発散できます♪

操作も簡単なので、すぐに覚えちゃいますよ!

★4.5と人気なので、ぜひ一度遊んでみてくださいね^^







<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)