北川景子の出身高校はクラーク?高校時代の偏差値や画像・卒アルは?

スポンサーリンク





チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

北川景子は、女優として人気の高い女性である。

若い頃から大人っぽい雰囲気で、まさにクールビューティーという言葉がよく似合うな。

引用元:https://yumeijinhensachi.com/archives/75

知的な上品なイメージもあるため、女性にとっても憧れの存在ではなかろうか。

そんな北川は、ドラマや映画、CMなどに数多く出演している。

女優ともなると、ファッションやヘアスタイルはもちろん、出身地や出身校、家族のことなど、プライベートな面にも注目が集まるりやすい。

そこの貴様も、北川景子の出身校などが気になっている輩であろう?

今日はそんな貴様のために、北川景子の出身校について話を聞かせてやろう。

 

実家は医者の家系

 

北川景子は、祖父が医者であったようで、父親も医者なのではないかと噂されている。

実際の所は分からぬが、祖父が医者をやっていたことはたしかなようだから、医者の家系だと言うことができよう。

引用元:https://entertainment-topics.jp/7211

となると、かなり頭がよいのではなかろうかと想像できる。

実際、北川の父親は非常に厳しい人で、テストで1点でも足りないと叱られたそうだ。

つまり99点を取っても褒められることはない、ということであるな。

いやはや、厳しい家庭である。

 



<スポンサーリンク>



医者を目指していた

 

祖父の影響もあってか、北川は昔、医者を目指していたそうだ。

どうやら精神科医を目指して勉強していたようだが、成績がなかなか上がらず、辛い日々を送っていたようだ。

そんな時期に~に興味を持ち、父親としてもそれで成績が上がるならと承諾した結果、北川は医者よりも芸能界の方が自分には向いていると感じたという。

父親としては予想代のことであっただろうが、成績が上がらない状態が毎日続くと、北川としてもかなりしんどかったことだろう。

別の方向で、自分に合ったものを見つけられたのは非常に大きかったと言えよう。

 



<スポンサーリンク>



北川景子の出身校

 

北川景子がどの高校に通っていたのかは公になっていないようだが、「大阪女子院高等学校」という名前が多く挙がっている。

大阪女子院高等学校は中高一貫の学校で、キリスト教の学校であり、教員は全員が洗礼を受けている。

そのため、毎朝の礼拝、週に1回は聖書の授業などがあるのが特徴だ。

また、地元大阪では有名なお嬢様学校であるようだぞ。

北川景子の父親は成績に厳しかったようだから、女性としての身だしなみなどについても気にかけていたのかも知れぬな。

 



<スポンサーリンク>



クラーク記念国際高等学校に転校

 

当時は精神科医になることを目標に、大阪女子院高等学校で勉学に励んでいたが、17歳の時に地元の芸能事務所からスカウトされ、北川は上京を決めている。

引用元:https://竹野内おさむ.com/geinou/985/

大阪女子院高等学校は、2018年度の偏差値が65~69と高く、北川が在籍していた頃にも、勉強のレベルは高かったと想われる。

北川はそこで思うような成績を出せずに悶々としていた中でスカウトされ、芸能界という世界と出逢った。

元々は芸能界に興味はなかったようだが、女優デビュー作となる「美少女戦士セーラームーン」の仕事を通して、医者の道よりも自分に合っているかも知れない、と感じたようだ。

芸能事務所に入ってからは上京したため、東京にあるクラーク記念国際高等学校に転校しているぞ。

勉強は偏差値で判断されるが、北川はそれだけで判断されてしまうことに疑問を覚えていた時期でもあり、セーラームーンの仕事が大きな転機となったようだ。

 

クラーク記念国際高等学校について

 

さて、北川景子が芸能界入りを果たした後に転向したクラーク記念国際高等学校は、通信制の高校である。

やはり芸能界で働くとなると、芸能人が多いことで有名な堀越高等学校のようなところでなくては難しいであろう。

通信制なら自分のペースで勉強しやすく、北川にとても合っていたのであろうな。

 

卒アル写真がかわいい

 

高校時代の話が出ると、やはり気になるのは卒アル写真であろう。

北川景子は17歳の時にスカウトされているから、高校生活の途中から芸能界入りを果たしている。

プロとして働き始めれば、磨き上げる部分も多いであろうから、キレイになることは想像できるが、やはりまだあどけなさの残る、高校時代の写真が見たいという輩は多いことであろう。

引用元:https://geki-geki-diet.site/seikei-rekka-betsujin/shaped-kitagawakeiko

左は中学時代と思われる。

まだあどけないものの、十分に美少女の要素は持っているようだ。

メイクしているものの、高校時代の写真では、現在の姿とそれほど印象が変わらないな。

やはり元々花があり、メイク映えしそうな顔であったのだろう。

また、化粧していない顔を見ると、この頃からクールビューティーっぷりは建材である。

中学、高校とお嬢様学校に通い、その後は芸能界デビューを果たして通信制の高校へ。

女優という仕事をしながら学業もしっかりと行うあたりは、やはり親のしつけもあろう。

彼女が持つ知的な雰囲気は、こうした家庭で育まれたものなのかも知れぬな。

美しさだけでなく知性も持ち合わせた女優、北川景子の活躍が、今後も楽しみである。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


スポンサーリンク







<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)