イチローの2017年の記録や通算成績は?メジャーと日本時代比較!



スポンサーリンク



チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

イチローといえば野球ファン以外でも誰もが知っていると言って過言ではない野球選手だ。

そんなイチローもすでに44歳、多くの野球選手が引退をしている年齢と言える。

今回はそんなイチローの2017年の記録や通算成績について紹介しよう、メジャー時代と日本時代の成績の比較もしてやるのでしっかりとチェックをするように。

イチローの2017年の所属チームと成績

引用:https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201703210001-spnavi

イチローが2017年に所属をしたチームはマイアミ・マーリンズ、ここには2015年から所属をしている。

2017年10月3日チームの最高経営責任者(CEO)にイチローのニューヨークヤンキース時代の同僚で、レジェンドプレイヤーのテレク・ジーターが就任した。

決して強豪とは言えないマイアミ・マーリンズだが、シーズン開幕時にすでに43歳を迎えていたイチローは不動のレギュラーをつかむことができず、そしてシーズン序盤は打率も1割台と低迷、イチローは終わったという声も上がるようになった。

しかし簡単に終わらないのがイチローのすごさ、スタメン出場をしない試合でも主に代打として起用され、序盤低迷していた成績も向上、シーズン終了時の打率は.255であった。

全盛期のイチローの活躍を知るファンにとっては物足りない成績にも思えるが、43歳のメジャーリーガーとしては十分の成績ともいえる。

もしイチローがNPBでプレイをしていれば、打率3割は難しいかもしれないが2割8分以上の成績を残しても驚かない。

イチローの2017年打撃通算成績

  • 出場試合 136試合
  • 打数 196
  • 安打 50
  • 本塁打 3
  • 打点 20
  • 盗塁 1

これがイチローの2017年の打撃成績だ、代打での出場が多くなったため打数は196となっている。

本塁打を3本打っているのはさすがといったところ、物足りないのは盗塁が1つにとどまったところである。

走攻守すべてがそろったのがイチローの魅力だが、やはり年齢とともに衰えは隠せないといったところであろう。



<スポンサーリンク>



イチローが2017年に達成した記録

ここではイチローが2017年に達成した記録について紹介しよう。

代打出場が多くなったイチローだが、積み重ねてきた記録により2017年も新たな記録を達成している。

シーズン連続ホームラン記録

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/krstarrn/9669757.html

2017年4月19日のシアトル・マリナーズ戦で本塁打を放ったイチロー、これでNPB時代から続く連続ホームラン記録を25へと伸ばした。

これはメジャーの名打者リッキー・ヘンダーソンが2003年に達成したメジャー記録に並んだものである。

ちなみにリッキー・ヘンダーソンのプレイスタイルは「メジャーリーグ史上最高のリードオフマン」とも呼ばれるほどの高出塁、盗塁数を誇り、ホームランバッターではなくイチローと似たようなタイプの選手だ。

MLB通算打点日本人歴代1位

引用:http://realtime.wsj.com/japan/2012/12/28/松井秀喜選手―20年の軌跡/

2017年4月19日のシアトル・マリナーズ戦で本塁打は先の記録だけではなく、松井秀喜が持つMLB通算打点日本人記録の760打点を超え、日本人メジャーリーガー1位となった。

イチローの成績:メジャーと日本時代の比較

引用:http://number.bunshun.jp/articles/-/827826

メジャーですでに17年戦っているイチロー、プロ野球選手人生は1991年のドラフト会議でオリックスに4位指名をされたことがスタートである。

イチローが1位指名ではなかったということに驚く者も多いかもしれないが、高校時代のイチローは甲子園に2度出場するもどちらも初戦敗退、イチロー自身が上げていた成績は素晴らしいものであったが交通事故などもありドラフト1位の評価ではなかった。

1992年シーズンから2000年シーズンまでオリックスでプレイをしたイチローの活躍は野球ファンならずとも記憶にあると思う、その天才的なセンスで数々の打撃記録、そして守備タイトルなどを獲得していく。

それではイチローの日本時代の通算成績を紹介しよう。

イチローの日本時代の通算成績

  • 出場試合 951試合
  • 打数 3619
  • 安打 1278
  • 打率 .353
  • 本塁打 118
  • 打点 529
  • 盗塁 199

日本時代の主な獲得タイトル

  • 首位打者:7回 (1994年 – 2000年)
  • 打点王:1回 (1995年)
  • 盗塁王:1回 (1995年)
  • 最多安打:5回 (1994年 – 1998年)
  • 最高出塁率:5回 (1994年 – 1996年、1999年 – 2000年)

NPB時代の打率が.353というのは驚くべき数字である、そして首位打者7回などタイトルも数多く獲得、まさに一時代を築いた選手と言える。

続いて、メジャー移籍後の通算成績を紹介する。

イチローのメジャー時代の通算成績

  • 出場試合 2636試合
  • 打数 9885
  • 安打 3080
  • 打率 .312
  • 本塁打 117
  • 打点 780
  • 盗塁 509

メジャー時代の主な獲得タイトル

  • 首位打者:2回(2001年、2004年)
  • 盗塁王:1回(2001年)

さすがに通算打率などはレベルの差もあり日本時代よりも落ちているが、それでも驚異の打率3割超えである。

タイトルも首位打者を2回獲得、そして10年連続200安打超えという偉大な記録を達成、これはギネスにも登録されている。

日米両方で偉大な記録を打ち立てているイチロー、2018年の去就はまだ決まっていないが、これからどうなるのか楽しみに見守ろう。

もしかすると日本でプレイをするイチローの姿を見ることができるかもしれないな。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


私が今ハマりにはまっているスマホゲームがある。

それは、「アストロアンドガールズ」だ。

キャラはかわいいが、中身は戦略知的ゲームなところが私は好きだ。

レビューも4560件で★4.5だから、なかなか評判がいいようだな。

ここからDLして、遊んでみるといい。

損はさせない。



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)