イチローの歴代年度別安打数から日米通算まで!メジャーと日本では?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

メジャーだけで3000本以上の安打を放っているイチロー、そのバッティング技術は世界でも最高峰だ。

今回はイチローの歴代年度別安打数を紹介しよう、渡米する前の日本での記録や通算安打数についても紹介するからしっかりチェックするように。

イチローの日本時代の年度別安打数

引用:https://number.bunshun.jp/articles/-/827826

まずは日本時代のイチローの安打数から紹介していこう、イチローは1991年ドラフト4位でオリックスブルーウェーブに入団、1992年のルーキーイヤーから1軍で出場をしている。

今回の安打数は1軍戦、メジャーリーグでもののみカウントをしているので注意してくれ。

1992年:24安打

ルーキーイヤーの1992年は24安打となっている。

イチローが1軍デビューをしたのは7月11日の福岡ダイエーホークス戦、この試合は守備固めとして登場、初安打を記録したのは翌日の7月12日。

この日スタメンで出場したイチローは木村恵二から初安打を放つ、この年は40試合に出場し95打数24安打を記録した。

  • 1992年成績 95打数24安打0本塁打 .253

1993年:12安打

1993年のイチローはその後の活躍からは考えられないほどの不振を極め、打率は1割台と全く振るわなかった。

  • 1993年成績 64打数12安打1本塁打 .188

1994年:210安打

イチローが大ブレイクを果たしたのはプロ3年目の1994年、日本プロ野球史上初の200安打を達成。

このほか69試合連続出塁というプロ野球記録も達成している。

  • 1994年成績 546打数210安打13本塁打  .385

1995年:179安打

阪神淡路大震災でオリックスの本拠地神戸が大きな被害を受け、「がんばろう KOBE」を合言葉にチームは戦った。

そんな中イチローは首位打者・打点王・盗塁王・最多安打・最高出塁率の打者5冠王を獲得した。

  • 1995年成績 524打数179安打25本塁打  .342

1996年:193安打

3年連続の首位打者、そして3年連続シーズンMVPを獲得した。

  • 1996年成績 542打数193安打16本塁打 .356

1997年:185安打

209打席連続無三振の日本プロ野球記録を更新、216打席連続無三振を記録。

4年連続首位打者を獲得した。

  • 1997年成績 536打数185安打17本塁打 .345

1998年:181安打

張本勲の4年連続を抜いて日本プロ野球史上初となる5年連続首位打者獲得を達成した。

  • 1998年成績 506打数181安打13本塁打 .358

1999年:141安打

日本プロ野球史上最速となる757試合目で通算1000本安打を達成、しかしデッドボールを受けて負傷し連続出場記録は途切れた。

  • 1999年成績 411打数141安打21本塁打 .343

2000年:153安打

日本での最後のシーズンとなった2000年、79試合が終わるまで4割を超える高打率を記録した。

しかしこの年もケガで出場試合数は105試合にとどまった、しかし6年連続の首位打者を獲得。

  • 2000年成績 395打数153安打12本塁打  .387



<スポンサーリンク>



イチローのメジャー時代の年度別安打数

引用:https://matome.naver.jp/odai/2146603150076454001/2146603303077835403

続いてはメジャー移籍後のイチローの年度別安打数を紹介しよう。

2001年:242安打

果たしてイチローは通用するのかと論争を呼んだメジャー挑戦、しかし1年目からファンをも驚かせる大活躍を見せる。

シーズン242安打は当時歴代9位の記録、新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞を獲得した。

  • 2001年成績 692打数242安打8本塁打 .350

2002年:208安打

2年連続200安打を達成、リーグ最多の27敬遠も記録した。

  • 2002年成績 647打数208安打8本塁打 .321

2003年:212安打

3年連続200安打は達成したが、打率はリーグ7位の打率.312と低迷した。

  • 2003年成績 679打数212安打13本塁打  .312

2004年:262安打

NPB/MLB通算2000安打を達成した2004年、84年間破られることのなかったジョージ・シスラーのメジャー歴代シーズン最多安打記録の257安打を更新、最終的に262安打を達成した。

  • 2004年成績 704打数262安打8本塁打  .372

2005年:206安打

696試合目でメジャー通算1000安打を達成したが打率は.303と低迷した。

  • 2005年成績 679打数206安打15本塁打  .303

2006年:224安打

この年はWBCにも参加し大活躍をしたイチロー、200本安打記録も継続中。

  • 2006年成績 695打数224安打9本塁打  .322

2007年:238安打

41連続盗塁成功とその盗塁の能力も見せつけたイチロー、ゴールデングラブ賞なども受賞した。

  • 2007年成績 678打数238安打6本塁打  .351

2008年:213安打

メジャー通算300盗塁を達成、日米通算でも500盗塁を超えた。メジャータイ記録となる3年連続最多安打(史上7人目)のほか、史上初となる3年連続両リーグ最多安打を記録した

  • 2008年成績 686打数213安打6本塁打  .310

2009年:225安打

日本最多安打記録更新を更新した2009年、判定に抗議をして自身初の退場も経験した。

  • 2009年成績 639打数225安打11本塁打  .352

2010年:214安打

10年連続200本安打を達成した2010年、ピート・ローズと並ぶ大リーグ史上1位タイ記録である。

  • 2010年成績 680打数214安打6本塁打 .315

2011年:184安打

とうとう200安打の記録が途絶えた2011年、イチローの衰えを指摘する声も上がり始めた。

  • 2011年成績 677打数184安打5本塁打  .272

2012年:178安打

シアトルマリナーズで最後のシーズンとなった2012年、メジャー通算2500本安打を達成したが成績は低迷した。

この年の途中からニューヨークヤンキースに加入した。

  • 2012年成績 629打数178安打9本塁打  .283

2013年:136安打

史上3人目となる4000本安打達成、しかし安打数は136と落ち込んだ。

  • 2013年成績 520打数136安打7本塁打  .262

2014年:102安打

安打数は102となったが打率は .284を記録した。

  • 2014年成績 359打数102安打1本塁打  .284

2015年:91安打

マイアミマーリンズに移籍、安打数は100を割り込んだ。

  • 2015年成績 398打数91安打1本塁打  .229

2016年:95安打

安打数は95だったが、打率は.291を記録した。

  • 2016年成績 327打数95安打1本塁打  .291

2017年:50安打

主に代打での出場が多くなった2017年、NPB時代からつづくシーズン連続本塁打記録を25シーズン連続とし、メジャー記録に並んだ。

  • 2016年成績 327打数95安打1本塁打  .291


<スポンサーリンク>



イチローの日米通算安打数は?

引用:https://thepage.jp/detail/20170713-00000002-wordleafs

それではイチローの日米通算安打数を紹介しよう。

まずは日本時代の安打数は1278、そしてメジャーでの安打数は3080。

通算では4358安打となっている、これはもちろん歴代1位の記録である。

2018年シーズンのイチローはどこでプレイをするかまだ決まっていない、この記録が伸びるかどうかも注目だ。

次に貴様が読むべき記事だ。

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ








<スポンサーリンク>



1 個のコメント

  • 10年200本以上打ったのはピート・ローズと並ぶ記録ですが、イチローは10年「連続」であるのに対し、ピート・ローズは連続ではありません。この点を明確にしとくと、イチローの偉大さがより一層際立つと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)