川崎に移籍した阿部浩之は日本代表に?彼女との結婚の噂やプレースタイルは?

チャーリー閣下
待たせたな。貴様の希望、チャーリー閣下だ。

「点をもっと獲りたいからこのチームに移籍する事にした」

ここまで単純明快な移籍理由を述べたJリーガーがかつて存在したであろうか?

阿部浩之は前所属クラブのガンバ大阪でも十分実績を積んできた男である。

チームでも上位に入る出場試合数、小柄で愛らしい笑顔。

ガンバ大阪でもサポーターからの愛を受け続けてきた男は、人生初の関東圏進出という大博打を打ち、川崎フロンターレに今期完全移籍を果たした。

その活躍ぶりから早くも日本代表入りの可能性すら語られるようになった阿部浩之。

今回はそんな阿部浩之の経歴、プレースタイル、彼女や結婚の噂についてまでまとめて聞かせてやろう。

【阿部浩之】生まれも育ちも関西

阿部浩之は奈良県出身。

地元の強豪クラブ高田FC(ディアブロッサ高田)の下部組織で中学生時代を過ごし、高校進学にあたってはサッカー部を創設したばかりの大阪桐蔭高校を選んだ。

大阪桐蔭高校3年時には主将として、創部わずか3年目のチームをインターハイベスト8までに導く。

そして大学進学後に阿部はその真価の片鱗を少しずつ見せ始める。

元日本代表監督加茂周が率いる関西学院大学に進学した阿部は、関西大学リーグで活躍する傍ら、関西大学選抜、全日本大学選抜、そしてついには年代別日本代表U21に選出されるまでの選手となった。

持ち前の得点感覚と攻撃的センス。

これらが一気に花開いた時期でもあったのだ。

大学3年時の阿部を偶然見ていたサッカーファンの1人はこう阿部を評している。

「サッカーはミスの多いスポーツであるのに、関学の8番(阿部)は全くミスをしない。体は小さいが、ボール扱いに無駄が無い、一瞬の判断には抜群のセンスを感じる」

そして、こう締めている。

「彼はプロになるだろう、そしてJリーグで活躍する選手になるだろう。」

無名ではあったが、阿部のその才能は素人ファンにも圧倒的な存在としての印象を与えていたようであるな。

阿部が大学を卒業する頃には複数クラブからの獲得オファーが届いたそうであるが、その中で阿部はガンバ大阪でプレーする事を決める。

ガンバ大阪と言えばJリーグでも指折りの戦力を有し、常に勝利を義務付けられているクラブである。

「自分を成長させられる環境」としてガンバ大阪を選んだ阿部は、あえて厳しい環境に身を置くことを選んだのであろうな。

【阿部浩之】ガンバ大阪時代

阿部がガンバ大阪に在籍した2012年~2016年の5年間の間に、ガンバは一度J2に降格している。

しかし、阿部も含めほとんどの選手が他クラブへの移籍をせずに1年でのJ1復帰を目指し戦った為、ガンバ大阪は翌年にJ1復帰。

長谷川健太監督と共にJ1の舞台へ返り咲いたガンバ大阪は強力なチームとして戻ってきた。

この年のガンバ大阪はリーグ、カップ戦、天皇杯の3冠を達成。

その中で阿部浩之はサイドハーフとしてレギュラーポジションを確保していた。

その後のガンバ大阪は無冠ではあるものの常にリーグでは上位を維持し、阿部もチームにとって欠かせない戦力となっていった。

しかし、阿部浩之自身はどうやらその状況には満足出来ていなかった様であるな。



<スポンサーリンク>



【阿部浩之】「点を取りたい」川崎フロンターレへの完全移籍

5年間のガンバ大阪での阿部のゴール数は通算26。

サイドハーフの選手としては上出来であるとも言えるが、阿部にとってこの数字は満足のいくゴール数では無かった。

「ゴール数をもっと増やしたい。その為にはチームを変える必要があった」

そこで阿部が選んだクラブが、Jリーグ屈指の攻撃力を誇る川崎フロンターレであった。

川崎フロンターレもそれまでチームの絶対的エースとして君臨してきた大久保嘉人のFC東京への完全移籍の穴を埋めるべく戦力補強を進めていたが、阿部浩之もその中の1人であった。

そして、阿部は自身の願い通りによりゴールに近い役割を与えられ、既にキャリアハイを超える8ゴールをリーグ前半戦だけで挙げる活躍を見せている。

フロンターレサポーターも阿部のこのゴール数にはきっと驚いているであろう。

ガンバ大阪にいた時の阿部は勿論良い選手ではあったが、ストライカーでは決して無かったのであるからな。

【阿部浩之】何故これほどゴールが奪えているのか?

「もっと点が取りたい」と言って、簡単にゴール数が増やせればこんなに簡単な話は無い。

阿部が今シーズン、川崎フロンターレで突如としてゴールを量産する様になったのにも理由があるはずである。

チームメイトの車屋紳太郎はこうコメントしている。

「とにかく頭がいい選手。そういうイメージはない選手だったので意外でしたけど(笑)」

川崎フロンターレの攻撃の特徴はその連動性にあると言われている。

刻々と変化する状況の中で、周囲の選手のそれぞれのプレー意図を汲み取って動く。

言わば即興とも言えるこの戦術の中で阿部はしっかりと機能していると言えるのだ。

阿部のゴールシーンを振り返ってみると、確かにボールがそこへ来る事が分かっていたかの如きタイミングでスペースに走り込み、そのままスムーズにボールを受け簡単にゴールを決めている。

阿部自身が自分のその特性を全て分かった上で、点を取れるチームを選んでいたのだとしたらこれは凄い事であるな。

いずれにせよ、現在のところ阿部浩之は自身の目的をきっちりと実現していると言えるであろう。

【阿部浩之】日本代表の可能性は?彼女や結婚情報は?

現在ワールドカップのアジア最終予選も佳境を迎えている日本代表に阿部浩之が選出される可能性は0では無いであろう。

しかし、阿部の得意とするポジションはまさに激戦区でもあり、候補として名前が挙がったとしても実際に試合へ出場するのは少し難しいであろう。

ただ、阿部が今後今以上の活躍を見せる事が出来たとすれば、来年ロシアのピッチに立つ阿部浩之の姿を見る事が出来るかも知れぬ。

そして愛らしい容貌からもモテそうな阿部であるが、結婚はおろか彼女の情報についてもほとんど皆無であった。

彼女がいたとしても、その賢い頭で人目につかぬよう隠しているのであろう。

今シーズン川崎フロンターレはクラブとして初のタイトル獲得を目標に戦っている。

Jリーグでも好調を維持し、アジアの舞台ACLでもベスト8まで進出し優勝の可能性も十分にある。

しかし、それを果たすためには阿部浩之の今以上の活躍が不可欠であろう。

今後の川崎フロンターレ、阿部浩之は注目していて損はないぞ!

チャーリー閣下
それでは失敬する。また会いに来てくれたまえ。手土産などは気にする必要はないぞ。ハッハッハ


<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)