小泉孝太郎の母親・宮本佳代子さんが死去?離婚の理由は?

スポンサーリンク






ハイム
待たせたな。貴様が知りたいことを教えてやるよ。

小泉孝太郎の母親・宮本佳代子さんが死去?離婚の理由は?

小泉孝太郎の生みの母親である、宮本佳代子さんが亡くなった?!という噂がある。

宮本佳代子さんと言えば、元首相である小泉純一郎氏と78年に結婚、82年に、三男である佳長(よしなが)さんを妊娠中に離婚している。

離婚の理由は?真相はどうなのか、調べてやったぞ。

 

小泉孝太郎や進次郎が育った小泉家とは?

https://wakaikoro.com/koizumijunitirou/

小泉家は、純一郎氏の祖父である小泉又二郎氏、父の小泉純也氏、そして純一郎氏と三代続く政治家の家系であり、長く衆議院議員をつとめてきた。

家族同士の繋がりが強く、純一郎氏の政治活動時も、実姉が秘書として働いていた。

秘書を務めてきたのが、純一郎氏の実姉である小泉信子さん。

信子さんは、純一郎氏が政界へ進出する10年も前から父親である小泉純也氏の秘書をつとめてきた。

69年に純也氏は在任中病没をしたが、その経験を活かし72年に純一郎氏が衆議院議員となってすぐに秘書として純一郎氏をサポートした。

公私ともども繋がりが強い小泉家であるが、宮本佳代子さんが純一郎氏と見合いの上、婚姻関係を結んだのが78年、純一郎氏は36歳、政治家としても脂がのってくる頃だ

当時佳代子さんは21歳、青山学院大学の4年生だった。

 







宮川佳代子さんの離婚の理由は?

http://fcs2.sp2.fujitv.co.jp/tokudaneBlogDetail.php?tKey=tokudaneBlogDetail&b=tokudane-official&d=808

純一郎氏と佳代子さん、いわゆる「さずかり婚」をした二人だが、佳代子さんの実家は簡単に結婚を許してくれなかったという。

製薬会社会長の祖父を持つ、名家のお嬢様であった佳代子さん、純一郎氏とは見合の席で出会ったが、結果として政治家と結婚することに、祖父は首を縦に振らなかったという。

様々な葛藤があったと思うが、結果的には、純一郎氏からの、身ひとつで来ていいという言葉の後押しもあり、佳代子さんは小泉家へ嫁ぐことになる。

小泉家には当時沢山の家族が同居していた。

純一郎氏の母である小泉芳江さん、私設秘書である姉の信子さんや、道子さん、隆子さん、同じく純一郎氏の私設秘書をつとめた弟の小泉正也氏、兄弟の子供たち。

後に、佳代子さんは小泉家での暮らしは「勉強になった」と語っているが、絆の強い家族の中に、21歳の女性一人で飛び込んでいくのは勇気を振り絞る必要があっただろう、まして、純一郎氏は政治活動で家を空けることも多く、心細い思いも沢山したのではないだろうか。

婚家の生活は不明であるが、夫婦の関係は良好であったようで、78年に長男孝太郎を出産、81年には次男進次郎を出産した。

しかし、次男出産後の翌82年三男佳長氏を妊娠中に突然離婚し婚家を出ている。

離婚の真相は明らかにされていないが「佳代子さんの信仰している宗教上の原因」や「佳代子さんが政治活動を行ったから」など言われているが、どれも噂の域を出ない。

佳代子さんは、一方的に婚家から叩き出されたと言われているが、身重の女性を一人で出て行かせるのだろうか、それをせざるを得ないほど、佳代子さんに譲れないことがあったのか、婚家側に何かしらの事情があったのだろう。

 



<スポンサーリンク>





宮本佳代子さんが死去?真相は

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188747

結論から言うと、宮本佳代子さんはご存命だ。

どうしてこのような噂が出てしまったのかと言うと、前途した小泉家の複雑な家庭環境が原因だろう。

佳代子さんと離婚した後、小泉孝太郎、進次郎兄弟の親権は小泉家に渡った。

小泉家は三男の親権も主張したそうだが、調停の末、佳代子さんが持つことになる。

離婚後は、佳代子さん、三男の佳長さん共、小泉家との関わりを一切絶たれた、一切の接触が許されなくなった。

小泉家に残された当時4歳だった孝太郎、2歳だった進次郎兄弟は、突然母親が居なくなってしまったことになる。

母親が不在で心細くないように、小泉家の家族全体で協力し、特に二人の母親役を買って出たのが純一郎氏の実姉である道子さんである。

道子さんは、純一郎氏より10歳ほど上になるので、佳代子さんとは、ふたまわり以上離れていることになる。

孝太郎、進次郎兄弟二人にとって、道子さんは年齢的にはお祖母ちゃんほど離れているのだが、純一郎氏も家族も、道子さんを「ママ」と呼ばせた。

「ママ」は二人に懇親的に愛情を注いだ、日々の見送り、出迎え、夜の添い寝「家に帰ればママがいる」という環境が、二人の心の安定に繋がったのではないか。

進次郎氏は、幼かったこともあり、道子さんを実の母親だと思っていたそうで、中学の時に父親である純一郎氏から真実を告げられた時に少なからずショックを受けたそうだが「ママ」が自分にとっての「実の母親」であることに変わりないという発言をしたという。

既に、孝太郎、進次郎二人にとって「ママ」はかけがえのない存在だったのだ。

そんな、二人の「ママ」が2016年に84歳で亡くなられた。

二人の成長が何より生きがいで、晩年は、テレビや政界で活躍する孝太郎、進次郎兄弟を見るのを、何よりも楽しみにしていたそうだ。

そして、純一郎氏をはじめ、孝太郎、進次郎兄弟とも、道子さんが居る実家に帰ることを楽しみにしていたそうだ。

恐らく「ママ」であった道子さんが亡くなった事を受けて、実母である宮本佳代子さんが死去したという噂が立ったのだろう。

 



<スポンサーリンク>





小泉孝太郎、進次郎兄弟と三男の関係性は?

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10230640/?photo=1

かつて、2001年夏と、同年11月、純一郎氏の母である芳江さんが亡くなった時、佳長さんは当時首相であった父親である小泉純一郎氏に面会を希望したそうだが、いずれも秘書を通じて断られている。

佳代子さんと、小泉家の確執で会うのを断ったというより、2001年当時、小泉政権は非常に影響力があり、純一郎氏の注目度は凄まじかったことを考えると「離婚した妻に親権がある三男が総理に会いに来た」という、マスコミの恰好の餌食になるのを防いだのかも知れないな。

実は純一郎氏は、政界を引退するまで「三男には会わない」と決めていると周囲に話していたと聞くが、恐らく、三男を世間の好機の目に晒したくないという思いがあってだろう。

純一郎氏の政界引退後、三男の佳長さんと、兄二人の再会は実現する。

三兄弟での会食を重ね、兄弟そろって父親である純一郎氏との再会も行われた。

和やかな雰囲気で食事をしていたというから、離れていたとは言え、やはり会いたかったのだろう、兄弟同士も憎みあっていたわけではない、佳長さんは父親と会うことをずっと望んでいたのだから、望んでいた結果になり何よりだ。

 

小泉孝太郎と母親である宮本佳代子さんと確執は?

https://www.j-cast.com/2016/03/05260465.html?p=all

宮本佳代子さんは、2013年に自身が育てた三男、佳長さんの結婚式に出席するまで、小泉孝太郎、進次郎兄弟と会うことが出来なかった。

結婚式の何年も前に、佳長さんと兄二人は再会を果たしているが、母である佳代子さんと会う機会は無かった。

ついに、前途の通り2013年佳長さんの結婚式を機に、息子二人と再会を果たした。

佳長さんの結婚に際し、進次郎が「家族として守っていく」という旨の発言をしたとされているが、本当であれば兄弟間の関係が完全に修復していると捉えることができるし、大変に喜ばしいことだな。

生き別れのまま、30年連絡を取っていない息子と母が、弟の結婚という喜ばしい席で、関係を修復できていることを願いたい。

 

まとめ

https://news.walkerplus.com/article/154688/

実母である宮本佳代子さん死去はデマ。

小泉孝太郎、進次郎兄弟の母親代わりであった、純一郎氏の姉である小泉道子さんが2016年亡くなられたことに伴い、実母である宮本佳代子さん死去と誤解された様子。

特別な事情がなければ、母子の関係も修復している事を望んでしまうな。

新しい情報あれば、また改めて教えてやろう。



スポンサーリンク









<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)